奈良市ピアノ教室 2才半、3才児さんの音楽教室♪

ピアノ&音楽教室を通して、子育てのことなどを ブログに綴ります。

母親の立場として ケータイ投稿記事

長年レッスンしていると、小さい生徒さんのレッスンは『非常事態 』になることが…。 先週も2歳さんのレッスン、ズボンが少し濡れているようでした。 おもらしをしたわけではなく、レッスン前にお母さんが紙パンツを替えておられましたが汚れていませんでした。ご本人のご機嫌も良いので、私の方も気にせずレッスンスタート。 途中で、みゆき先生の膝に乗ってピアノを弾く、という場面もありましたが、この日に限って、みゆき先生は、白っぽいズボンを履いていて(笑) お母さんに、ハンドタオルをいただき、それを敷いてピアノを弾き、大喜びでした。 以前、体験レッスンに赤ちゃんを連れて来られ、お母さんとお姉ちゃんが、歌あそびをするのに、私が赤ちゃんを片手に抱いてレッスンしておりました。 赤ちゃんは、ゆらゆらされて気持ち良かったのか、おもらしをして、私のブラウスすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

二歳さんのピアノレッスン

2013/2/8(金) 午後 6:14

最近、二歳さんからのお問い合わせをお受けすることが多いです。 二歳さんで、ピアノレッスンはもちろん、まだ出来ませんので、リトミック中心のレッスンであったり、 将来的に、ピアノを弾くための基礎の基礎、すなわち、『 素地 』のようなものを身につけられるような、導入レッスンをすることになります。 素地 が、あるかないかで、基礎力も変わってくるで ...すべて表示すべて表示

三歳さんの集中力 ケータイ投稿記事

2012/9/29(土) 午後 11:05

絶対音感コースの三歳さん。 今日のレッスンで、素晴らしい集中力 を見せてくれました。 ほんのわずか、数分でしたが、顔つきから、目付きから、それはそれは、すごい。 旗も、一瞬間違えかけましたが、ずくに修正。 絶対音感トレーニングは、絶対音感が身につくだけでなく、 集中力や頑張る力、辛抱強い子、待てる子 そんな力もつきます。 ...すべて表示すべて表示

一生懸命な子育て ケータイ投稿記事

2012/9/9(日) 午後 10:38

子どもが、いうことを聞かなかったり、よそ見をしていたり、話を聞いていなかったりすると、 『どうして、先生の(お母さんの)言うことが聞けないの?』 『どうして、よそ見をしているの?こっちを向かないの?』 『どうして、お話が聞けないの?』 どうして?どうして? を連発します。 どうして?って言われてても、子どもにとっては、お母さんは ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事