ここから本文です

これカッコいいです

最後のベネトン
しかしなんでこんなに遅かったのか?

イメージ 1

ミニチャンプス ベネトン・ルノー B201 G.フィジケラ
※カスタム台紙

最後の最後にベネトンは最高にかっこいい車を送り込みましたねぇ
遅かったけど(笑)
カラーリング、形とも非常にかっこいい!!!!
大好きな車です
でもコンスト成績で言えばでは創設史上最低のランキング7位・・・・


イメージ 2

後半仕様よりこの序盤戦のハの字フロントウイングが好みです


イメージ 4

イメージ 5

うーん美しい!
フェラーリ以外ではめずらしく1/18も買っちゃったんですよね♪



イメージ 3

ミニチャンプス ベネトン・ルノー B201 G.フィジケラ アメリカGP
※カスタム台紙

こちらはアメリカGP仕様です


イメージ 6

スポンサー等の配置換えだけではなく
フロントウイングの形状が後半仕様へ変更されています!
ミニカーはタバコロゴ無地でデカール貼るの楽そうだと思ったら
アメリカはマイセンなどは無く無地なんですね(笑)


イメージ 7

ミニチャンプス ベネトン・ルノーB201 G.フィジケラ 
※カスタム台紙

でもタバコ有りも欲しいと言う事で
こちらはそのカスタム!
作っちゃいます、だってB201カッコいいんですもん♪

この記事に

今週はラリースウェーデンですね

トヨタ移籍で日本でも注目を集めているラトバラですが
もっともタイトルに近づいた2014年の車

イメージ 1

ixo フォルクスワーゲン Polo R WRC フランス 2014
ラトバラ/アンティラ


イメージ 2

VW移籍初年度はオジェに圧倒されましたが
この年は中盤戦まで激しいタイトル争いを繰り広げ
2度目のランキング2位でした、、、
オジェの後半戦の好調は止められませんでしたね、、


イメージ 3

VWで不振に陥っていたので
ラトバラのトヨタ移籍はすごく良かった気がします
2位表彰台のお次は是非優勝を期待したい所!


イメージ 4

WRCと言えば個人的には「ixo」だったのですが
このホワイトカラーのVWまでは手に入りやすかったですが
紺色に変更後の15年からは中々日本では見かけませんよね、、、
15年は何とか買えましたが16年はVWでは初のスパークでの購入でした
1台だけスパークなのでなんとかしたいのが本音(笑)

この記事に

開幕仕様に続いて!

開幕仕様に続いて中国GP仕様の紹介
こちらはダイカスト素材です

イメージ 1

ミニチャンプス マクラーレン・ホンダ MP4-31 F.アロンソ 中国GP
※カスタム台紙

今年はカラー変更もノーズ変更も無いので
それほど台数が増えないで済みそうで助かります
1/18が中国GPでの発売だったので43もやはり中国仕様でしたね
ポイント外フィニュッシュでしたけど(笑)

イメージ 3

スポンサー表記的に開幕とはロゴが違います!
以降はこちらの表記仕様。

イメージ 2

正直開幕仕様との違いはスポンサー配置等の違い以外は
大きな差はありません(笑)
ノーズのダミーカメラがカーボンデカール処理されていないなどの差はありますが
値段ほどの差はないです・・・・

イメージ 4

画像では解りにくいですが今回はアンダーパネルからサイドカウルまでの
カーボンデカール面積が広いです
これはGP仕様違いなのかどうかは解らないですが(笑)
ダイカスト製の欠点はドライバーの着座位置ですかね
個体差?かもですが
レジンの開幕仕様より結構沈んでいるのが残念、、
バンドーンモデルで気にならない方はOK!だと思います。

イメージ 8

しかしこれは間違えなく気になるでしょう!!!!
解ります?
バイザーのフック・・・・
これじゃシューベルトでしょう!!
口物のダクトもシューベルトっぽいし・・・
アロンソはこの年からアライなんですが
オーストラリア仕様ではちゃんとなっているのに!!!
心なしかヘルメットの形も開幕仕様はアライっぽかったです。

イメージ 5

こちらのモデルもやはりお酒待ち・・・・
デカールを追加しないと完成しないのは現在ではマクラーレンだけですね・・・
今年ジョニーウォーカーがフォースインディアへと噂されてますが
そうなるとインドもデカールが必要になるんでしょうかね?
今の販売ペースの遅いデカールがインド用を発売してくれるのか心配になります、、

イメージ 7

このカラーリングも見納めになるんでしょうかね?
嫌いなカラーリングではなかったですが
サイドのマクラーレンのマークは1個づつの方が良かったなぁ。

イメージ 6

ちなみに今回はミニシールはホワイト
ブラックはレジンの特権のようです(笑)

この記事に

待っていました!

ようやく発売!
まずは開幕戦オーストラリア仕様から!

イメージ 1

ミニチャンプス マクラーレン・ホンダ MP4-31 F.アロンソ オーストラリアGP
※カスタム台紙

鈴鹿に間に合うかどうかどころか年が変わっての発売(笑)
まずは予定されている3種の内、唯一のレジン製の開幕モデルです!
MP4-30はレジンの方がボディカラーが濃い目で好きでしたが
今年もダイカストのバンドーン車と比べると同じ傾向のようです。

イメージ 2

リアウイングのスポンサーの表記が開幕仕様だけ違います
ずっとこのパターンでも良い気はしますが、、
他にもMobil&Mobil1とか違いはありますが一番目立つ違いはこのリアウイングですね。

イメージ 3

アロンソの2016の開幕といえば
あの大クラッシュですよね
ホントにビックリと言うか心配しました・・・
車から出て来た時はほっとしました。

イメージ 4

ミニチャンプスも発売したし
そろそろお酒デカールを発売してほしいのですが、、
今だ予定なしとは・・・
エブロの発売待つつもり??
デカールメーカーもライバルがほしい!

イメージ 5

15年は問題外で
16年のマクラーレンの戦闘力にもやはり失望
今年こそなんとかしてもらいたいです!!

イメージ 6

めずらしくクリアケースの紹介(笑)
ミニシールがブラックになりましたよ。

この記事に

F1を見始めた時のロータスカラーリングなので
個人的にしっくりきます。

イメージ 1

スパーク ロータス・ランボルギーニ 102 M.ドネリー ベルギーGP
※カスタム台紙

今考えるとキャメルの様な大口スポンサーがメインに付いていて
よくここまで成績が落ち込んでいったなぁと思いますが、、、
前年のジャッドからランボへエンジンを変更しても成績は上がるどころか
たったの3ポイント・・・
ドネリーに至ってはポイント0です。

イメージ 2

第14戦のスペインの大クラッシュは本当に凍りつきました。
一命を取り留めたのはまさに奇跡と思いました。

イメージ 3

こちらのモデルはどちらかと言うとワーウィックの方が人気みたいです
自分はカタログに載っていたジョニーの日本仕様を待っているのですが
全然発売する気が無いみたいなのでプレミア価格になる前に1台抑えました(笑)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事