墓守たちが夢のあと

歴史的に有名な人物の墓所データベース

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
西来院

イメージ 2
築山御前の廟堂

イメージ 3
築山御前の墓

イメージ 4
説明板

 徳川家康の正室・築山御前の廟堂が静岡県浜松市中区にある西来院(せいらいいん)にあります。
 築山御前は今川家の一門の関口親永の娘で母は今川義元の妹です。伯父である義元の養女となり今川家の人質だった松平元信(後の家康)と結婚し、家康の長男信康と亀姫を生んでいます。
 なお、父の関口親永は、桶狭間の戦い以降、家康が織田信長と結んだことにより、義元の跡を継いだ今川氏真の怒りを買い切腹。築山御前は竹千代(信康)らと共に人質生活を送ることとなりますが、後に人質交換により岡崎へ移ることとなります。
 築山御前は当初、静岡の地名にちなみ「瀬名の方」と呼ばれていましたが、岡崎に移った際、今川家一門であったため城へ入ることが許されず与えられた屋敷の場所にちなみ「築山御前」と呼ばれるようになったそうです。
 その後、築山御前は、家康が浜松城へ移ったことに伴い岡崎城を任された嫡男信康と共に岡崎へ留まります。しかし、信康母子は、織田信長より武田氏に内通しているとの嫌疑をかけられ、信康は切腹。築山御前は浜松へ向かう途中に家康の命令を受けた家臣により殺害され、西来院に葬られたそうです。
 信康母子の殺害については信長による命令というのが通説ですが、近年の研究では家康と信康との対立というのが理由という説も唱えられています。信長は「信康の処分は家康の思うとおりにすればよい」と言っただけで、処刑は徳川方の意向だったと言われています。そのため江戸時代には信康母子殺害を正当化するため、築山御前は傲慢で嫉妬深い女性だったと語られています。

静岡県浜松市中区広沢2丁目10-1 

この記事に

ゲーミングキーボード&マウスなどが当たる!キャンペーン実施中

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事