ここから本文です
スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス
ディーン・フジオカって大吉センセイに似てなーい??

書庫全体表示

双子娘と太宰府天満宮へ合格祈願に行く途中、お昼ごはんに立ち寄ったお店です。
 
 
イメージ 1
鰻とおまぜごはん 山椒の木
福岡市の鰻屋さん柳川屋がプロデュースするお店です。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
多々良川に面していてイイ眺め
・・のハズなんですが、あいにく川の水がかなり干上がってて、そうでもなかったなぁ〜
 
写真は撮ってませんが、こちらの厨房はガラス張りになっていて、私たちお客から、鰻をさばいてるトコや調理してる様子が見られるようになってます。
鰻屋でオープンキッチンって珍しいよね(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
どじょうすくい1回400円だって
すくったどじょうは揚げてくれて食べれるそうです。
 
余談ですが・・・
 
私が子供だった頃は魚屋さんでも結構どじょうを売ってるトコがあって、ウチは亡くなった父がどじょう好きだったので、
母と買い物に行くと、よく買ってたのを思い出しました。
生きたまんまのどじょうを水と一緒にビニール袋に入れてくれるのです。(ちょうど夜店の金魚のように。)
 
そのどじょう、ウチでは煮付けたのを食べてたんですが、ぐつぐつしてる鍋の煮汁に、生きたままのどじょうを投入するんですね・・
そうするとすごいイキオイでどじょうがバシャバシャはねるので(そりゃ熱かろうけんね・・)、入れると同時に蓋をするんです。
しばらくの間、鍋の中でどじょうがもがき苦しむ音が続いたのち、やがて静かになる・・
小さな子供だった私は、母がそうやってどじょうを調理するのを傍らで見ていて、鍋の中の「どじょうの音」がしなくなると、いつもなんだかやるせない気分になっていました。
「あーあ、死んじゃったんだ〜・・」って。
 
そんな、小さな胸を痛めていた私のことなどお構いなしに、父はいつもおいしそうに食べてましたけどね(笑)
私は一度もどじょうを食べないまま成長し、そして今ではどじょうを売ってる魚屋さんも見かけなくなりました。
食わず嫌いをよしとしない私ですが(だって、すごくおいしいものを見過ごしてしまってるかもしれないじゃない?だからなんでも食べてみてから自分で判断したいのよ!)、たとえ今どじょうをカンタンに手に入れられても、どじょうだけは食べてみたいとは思わないなぁ・・
どうしてもあの「どじょうの音」と、それを聞いてた時のアノやるせない感情が忘れられなくてね〜・・。
 
 
イメージ 4
メニュー(右下隅クリックで拡大します。)
長女は昼膳のうなぎおまぜ、次女は昼膳の小箱うなぎせいろ蒸し、私は単品の和牛しぐれおまぜにしました。
それと、食べログのクーポン(小鉢・アイスクリーム・コーヒーのいずれかをひとりにつき1品サービス)を持参してましたんで、
小鉢を2つとアイスクリーム(マロン)をお願いしました。
 
 
イメージ 5
お料理が運ばれてくるまでの間に、おかわり自由のお漬物をとり・・・
 
 
イメージ 6
これまた食べ放題の鰻の骨(揚げたヤツね)もポキポキ折ってザルに取り・・・
(ビールのおつまみにピッタリなのに、車なんで飲めなくて残念ですぅ〜〜
 
 
イメージ 7
試食の味噌類も小皿にとって、ごはんのおともに・・。
 
 
イメージ 8
まず運ばれてきたのが、クーポンサービスの小鉢(×2個)。
一見「うざく」ですが、魚はアナゴです。
お店のおねえさん、「アナゴのうざくです」と言ってたけど、アナゴでも「うざく」って言うのかなー?(笑)
だけどまさか「あざく」って言うワケはないしねー
 
 
イメージ 10
次女の 昼膳 小箱うなぎせいろ蒸し(1900円)
注文の時に、おねえさんがしきりに「ごはん無料で大盛にできますけど・・」って言ってくれましたが、並盛で(笑)
せいろが二重になってるから、大盛りだと、たぶん内側の枠をハズすんだね
 
 
イメージ 11
前菜の盛り合わせ、なんかイイでしょ 
ちゃんと肝焼きもついてるしね
卯まきがめっちゃウマし(って私は玉子の部分しかかじってないけどさー
 
 
イメージ 12
このすくい豆腐がこれまたおいしかったのよね〜
あったかくってフワフワで・・上にかかってるのが試食もした「鰻なんです」です
 
 
イメージ 13
長女の 昼膳 うなぎおまぜ(1900円)
セットになってるものは次女とおんなじよ
 
ここの名物「おまぜ」ってのは、要は櫃まぶしのことで、お櫃の中のごはんと具を、まずはお茶碗にそのままとって食べ、次に混ぜて食べ、最後におだしをかけてお茶漬け風に食べるってアレね
 
 
イメージ 14
私の 和牛しぐれおまぜ(1300円)
単品ですが、すくい豆腐と赤だし(娘らの昼膳のお汁は肝吸いでしたが・・)はついてます。
 
私、ホントはうなぎが食べたかったんだけど、娘らがふたりともうなぎにするっつぅから、んじゃぁママは牛にするかね〜ってことでコレにしたんですが、結論としては、コレが一番好きでした
牛しぐれはホロホロとほぐれるし、味付けもおいしかったし、サイコー
 
ちなみに実は私、櫃まぶしもそうなんだけど、最後の「だしをかけて食べる」ってのはどうも好きじゃないので(リゾットのように汁気を吸いこんでしまったごはんは好きだけど、お汁がジャブジャブしたごはんは好まないのよ・・。だから鯛茶漬けも沖縄の鶏飯も好きじゃないわ)、第2ステージの「混ぜて食べる」までしかしてません。
でもせっかくおねえさんが、小さな土瓶に入れたおだしを持ってきてくれたので、お茶碗におだしだけ注いで飲んでみました。
お上品なおいしいおだしでしたよ〜〜
 
 
イメージ 15
セルフのお漬物コーナーに、あとから黒豆も追加されたので、お茶うけに食べました
お漬物だけじゃなくて、こういうちょっと甘いものまであるトコもいいわ〜
 
 
イメージ 16
娘たちの昼膳についてるデザート。
(たぶん)豆乳のプリン、紫いものあんこ、冬瓜を甘く煮たもの、ココアスポンジ。
なんか全部薄味なんで、あんこをつけて食べるとちょうどよかった・・
 
 
イメージ 9
クーポンサービス、一人分だけマロンアイスに(通常150円)。
栗のツブツブも入って、思った以上にマロン味でおいしかったです
 
・・・・・
 
お漬物も鰻の骨も食べ放題ってトコロがいい
昼膳のコスパもいいしね
 
でもワタシ的には、デザートの盛り合わせはどうでもいいので(笑)、この先もクーポンあるなら、今回のように単品のおまぜ+マロンアイスってのがいいかなぁ・・ニヒッ
 
 
福岡県糟屋郡粕屋町大隈38-4(地図
092-938-7849
平日11:00〜15:00、土日祝11:00〜21:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
Pあり

この記事に

開くトラックバック(0)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事