全体表示

[ リスト ]

つぐみが交通事故を免れたのをきっかけに、一はつぐみの前でもう地獄少女の名前は言わないとを約束。
一は仕事でハワイに行く事が決定しつぐみも連れて行こうとするが、又もやつぐみはあいとシンクロ。
地獄少女には二度と関わらないからこれ以上つぐみに近づかないでくれと願う一。
我に返ったつぐみは地獄少女に会わなくては駄目、これは何かの縁、自分も答えが知りたいと言う。
そこで一はつぐみが買った本に載ってた桜を手がかりに六道郷へと向かう。

六道郷に到着、その桜の木に行くのは明日にして今日は近くの宿で一泊する事にした。
つぐみが一人で風呂に入ってるとあいが現れる、「感じる?この景色に何か感じる?」
だがつぐみは見覚えが無い、翌朝、この辺の事について女将に尋ねる一、自分はここの者じゃない、
詳しい事なら桜の木に行く途中にある寺の住職が知ってるはずだと言われ、その寺へと向かう。

寺に到着、名前は七童寺、2人を見守るあい、一は住職に名刺を渡すと「これまた奇遇で」と言われる。
住職は黒飴を2人に差出して語り出す、今から400年前、安土桃山時代
この辺りでは山神様に生贄として7年おきに7歳になる娘を捧げる「7つ送り」という風習があった。
その生贄となった少女の魂を鎮魂させる為にこの寺が建立された、七童寺とはそういう意味だ。
建立した人はここを離れ後に黒飴屋の創立者となった、その人の名は「柴田仙太郎」。
今や仙太郎の血縁者は店には居なくなったが、黒飴屋からは年に何度か黒飴が送られてくるらしい。
先程住職が名刺を見て奇遇と言ったのはこの事、密かに一部始終を聞いていたあいは全てを思い出す。

桜の木に到着した柴田親子、すると突然桜吹雪が舞い景色が変わり幼い頃の仙太郎とあいを見る。
そこへあいが現れた、あい「来たのね、まだ残っていた、忌まわしい血は絶えていなかった・・・」
一「忌まわしい?何の事だ?」、突然幼いあいが土に埋めらていく映像を見せられるつぐみ、
「埋められたの?あなた仙太郎さんに」 あい「もう一度殺そうと言うの、時を越えてまたあの時のように、
私は全てを受け止めたと言うのに・・・私は殺されたりはしない、消えてしまえ!」

そこへ一目連達が助けに入る、
連「駄目だお嬢」 骨「やめるんだよ、感情で人を殺めちゃいけない」 輪「お嬢が地獄に流されるぞ」
だがそれを無視してあいは攻撃、柴田親子は直撃を受け滝壷の中へと落ちる。
あい「私は構わない・・・・この恨み、地獄へ流すがいい」
あいちゃん覚醒キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!、って、ちょww地獄少女化けすぎだよ。
今まで穏やかだったあいちゃんが感情剥き出しになって柴田親子に襲いかかってくるとは、
しかも一目連達が2人の助けに入る、こんな展開誰が予想したであろう。

しかし感情だけで人を殺めようとするなんて、今まで出てきた依頼者と何も変わらんではないか。
仙太郎に殺されたから仙太郎の子孫を殺す?柴田親子にとってはとんだトバッチリです。
輪入道達の言葉から推測すると、
ラストはあいちゃんが地獄に送られるEDですか、地獄に行ったらジルと対峙しそうだわ。w

ばあちゃんのセリフ「もしかしてお前・・・」、この続きは「記憶が戻ったのかい?」かな。
そうなると、おばあちゃんがあいの記憶を操作してた事となり、
つまり、前回の予告で言ってた「消された記憶」ってのはおばあちゃんの仕業となりますね。
もちろん、あいが自分から記憶を消したとも考えられます。
おばあちゃんの正体って何なんでしょう、まさか山神様か?
あの蜘蛛が一番怪しい、実際は蜘蛛が喋ってて、おばあちゃんは最初から居なかったりして。

つぐみがシンクロしてたのは、つぐみが仙太郎の血を引いていて、あいと年齢が同じだからでしょう。
あいがつぐみに予知を見せていたのではなく、仙太郎が見せてたと考えると辻褄が合いますよね。
怒り狂うあいちゃんが、あの状況でつぐみに自分の過去を見せるわけが無い。
前にあいちゃんが一目連達につぐみに情報漏洩してないと言ってたのは事実だったわけですなぁ。

笑ったのが、輪入道のドライビングテクニック、そして一目連のハコ乗り。w
輪入道も中に入れてやれば良いのに、2人ぐらいちゃんと乗れるでしょ、意外とあの中狭いのか?
あと、あいがorzしてましたね。

おかっぱょぅι゙ょあいちゃんカワイス、負けじと髪下ろしたつぐみもカワイス。(*´Д`)'`ァ'`ァ
つぐみが7歳だったのはちと驚き、まだお父さんと一緒に風呂に入る年齢なのに一人で入浴なのね。
肝心の入浴シーンは湯気でほとんど見えん・・・・

冒頭であいちゃんが歌ってた歌、3番目の「踊る」が怪しいですが書きとめてみました。
桜の花はいつ開く 山のお里にいつ開く
桜の花はいつ匂う 笑う七の子遊ぶ頃
桜の花はいつ踊る 歌う七の子眠る頃
桜の花はいつ朽ちる 死んだ七の子昇る頃

次回はあいちゃんの過去話、あいちゃんが地獄少女になった理由が明らかに??
仙太郎が七童寺を建立した後にそこを離れた理由も気に成りますね。
■次回予告(骨女)
お嬢、あんたは何にも悪い事なんてしてないよ、いつの時代だってそうさ、
人間って奴は自分達の幸せの為に誰かを傷つけるんだ、罪で罪を覆い隠してね。
そしてその時、怨念が生まれる、そう、お嬢みたいにさ・・・・次回、「地獄少女」。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんにちは。 一目連のハコ乗り、面白かったですね。 急いでたからでしょうか。 それでは、失礼します。 削除

2006/3/28(火) 午後 9:47 [ 宵里 ] 返信する

宵里さん、コメントどうもです。 ハコ乗りは笑いましたね、一目連を輪入道の中に乗せてしまうと絵的にカッコ悪く見えるから敢えてハコ乗りにしたのでしょうね。

2006/3/29(水) 午前 0:43 AGAS 返信する

顔アイコン

うわ〜、ひさびさに恐怖を憶えましたよ(つд`)残り2話でどう締めるか楽しみなような恐いようなw

2006/3/29(水) 午前 1:24 いざよい 返信する

あいちゃんの豹変はプチ衝撃でしたね。 2期の噂があるようで、もしそれが本当なら1期は1期で纏めて、一とつぐみの言い分の決着をつけて欲しいです。

2006/3/29(水) 午前 7:30 AGAS 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(18)


.


みんなの更新記事