T.F.Sルーマニア・ディヴェルス

La multi ani ! 明けましておめでとうございます。

全体表示

[ リスト ]

4luni,3saptamanii si 2zile

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

昨日のニュース書庫で言ったけど、

 ルーマニアの若手映画監督のCristian Mungiu (クリスチアン・ムンジウ)が、第60回のカンヌ映画祭で、パルム・ドールを受賞した。(グランプリは日本の河瀬直美監督。これもすごい!)

 コンペティション部門のほかのノミネート作品を見ると、タランティーノ、ソクーロフ、カーウェイ、そして、クストリッツァと有名監督がずらり。その中での映画小国の若手監督が受賞とは、奇跡みたいなものかもしれない。しかも映画は、超低予算!!だとおもう。(オイラの感じでは、せいぜい500万円ぐらいじゃないかな)

 監督は、1968年生まれで、ヤシ大学の英文科を卒業して、一時英語教師もやっていたようだが、映画への情熱が忘れられず、ブカレストの演劇大学の映画科に再入学したようだ。その後は、毎年のように作品をつくり、7作目のこの作品が、ドドドーンと着ちゃったわけだ。


内容は、へーどーさんのブログ[["http://heedoo.exblog.jp/index.xml";]]をはじめ、いくつかのブログに書かれているけど、オイラも一応書いとく。

 1987年秋、妊娠四ヶ月を知ったガビータ(ラウラ・ヴァシリウ)は、大学寮のルームメイトのオティリア(アナマリア・マリンカ)に相談後、当時禁止されていた堕胎をひそかに行うために、ある安宿の一室を借り、そのための医師を知り合いから紹介され、それを週末に敢行する。

 映画は、そのわずか二日間の出来事を描いている。ある映画評に寄れば、終始冷徹なカメラワークで、みるものを怖くさせるという。

 そして、いつもの悩み。オイラはいつこの映画を見ることができるのだろう?

この記事に

閉じる コメント(11)

ルーマニア国内じゃ当然放映されるでしょう?これから、徐々に話題が大きくなっていくんでしょうね。

2007/5/29(火) 午前 8:28 KENZO 返信する

そうですね。多分、テレビで放映されるでしょうね。でも、オイラは映画館で見たいな。ただ、最近のルーマニア人は、あまり映画館へ行かないみたいだから、かなり難しいかも。

2007/5/30(水) 午前 1:48 Mishu 返信する

顔アイコン

私も見てみたい。絶対に見ますよ。

2007/5/30(水) 午前 3:35 te_*ub*sc_*l*na_*lex 返信する

よんずさん、クルージュとシビウで開催されるトランシルヴァニア国際映画祭というフィルム・フェスで、オープニングの6月1日に緊急上映されるようなのですが、今ちょっと仕事が詰まってていけそうにありません(泣)日本で公開されることをオイラも願ってます。

2007/5/30(水) 午前 5:20 Mishu 返信する

へーどーさんの翻訳番で是非見てみたいと思います♪

2007/5/31(木) 午後 10:09 romanian baseball 返信する

けんじさん、ご無沙汰してました。、翻訳の翻訳(ルー>仏・英ー>日)ではなく、原語からの日本語字幕ならへーどーさんしかいないんじゃないかな?日本での配給決まるといいですね。

2007/6/1(金) 午前 4:30 Mishu 返信する

顔アイコン

Mishu さんへ、6月の初めころから、Mishu さんの投稿が途絶えているように思うのですが、もしかして、他のサイトに移転されたのでしょうか?それとも、ご病気か何かでしょうか?お元気なのなら、またどこかに一言だけでも書いてくださるとうれしいです。

2007/8/26(日) 午後 1:48 [ なんと ] 返信する

顔アイコン

Mishu さん、ほんとに、どうしたんですか?ご病気か何かだろうと心配です。どなたか、Mishu さんの最近のご様子を知りませんか? 削除

2007/9/5(水) 午後 7:44 [ 南都隆幸 Takayuki Nanto ] 返信する

顔アイコン

Mishu さんへ、「雑談掲示板」への書き込みを見て、安心しました。「雑談掲示板」にも返事を書きましたが、ここにも一言だけ書きます。 削除

2007/9/18(火) 午後 1:18 [ 南都隆幸 Takayuki Nanto ] 返信する

これ、昨日レルと観ました。
終始暗い雰囲気で、最後にはちょっと気持ち悪くなってしまいました…でも、こういうのが現実だったんだなぁって考えさせられました。レルはこのときのことをよく知っているので、ちょっと退屈しているようでした。。。

2009/2/17(火) 午前 5:52 little panda 返信する

pandaさん、そうですか、
ルーマニア人男性のこの映画に対する反応って、
彼氏と似たようなものです。
過去の傷をなめるようなことすなー。見たいな。。。

しかし、女性のほうは違います。
とても怖い思い、つらい思いを抱いたのではないでしょうか。
なぜなら、時代が変わらなければ、
自分にも起こりえることだからです。

うちの奥さんなんか泣いてましたけど、
たぶんつらくて。。。

2009/2/17(火) 午前 7:04 Mishu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事