グッドトリップ[GoodTrip]

グッドトリップしてしまいそうな作品を紹介。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

最初期のメンバーは、
  デヴィッド・アレン(guitar)
  ケヴィン・エアーズ(bass/vocals)
  ロバート・ワイアット(drums/vocals)
  マイク・ラトリッジ(keyboards)
と、どこかしらで名を聞く方々がずらりと。
これが一人抜け、二人抜け、Fourth/Fifthの面子に。
この後も激しい入れ替えが続くようです。
かなり後期のアルバムにはAllan Holdsworthの名も。

で、本作ですが。
ずばり、すっごいかっこいいJazzRockです。
カンタベリー系というのに分けられています。
(というかカンタベリー系というものの創始者みたいな存在か?)
巨大な曲構成と、インプロビゼーションにより、
曲が進行しますが、コレが気持ちいいんですな。

3曲目に強烈なフリーインプロもあり、
こいつがななかなかきております。
エレベとアコベの共存。ツインベースですな。
エレベは破壊的な歪みサウンドを響かせています。

このアルバムは、4枚目と5枚目が2in1となっていて、
お得なアルバムともいえます。
(いまいち切れ目無く4枚目から5枚目へ流れていけてしまいます。)

コレだけの傑作です。
私がしのごの言う必要を感じません!
きいたって!

トリップ度 ■■■■■■■■■□
      0      5       10

Fourth/Fifth / The Soft Machine
1971/1972

【4th】
Mike Ratledge Organ, Piano
Hugh Hopper Bass
Robert Wyatt Drums
Elton Dean Alto sax, Saxello

guest:
Roy Babbington Double bass on 1,3,4,6
Nick Evans Trombone on 1,2,4
Mark Charig Cornet on 2,3,4
Jimmy Hastings Alto flute, Bass clarinet on 1,6
Alan Skidmore Tenor sax on 1,6

【5th】
Elton Dean Alto sax, Saxello, Electric piano
Roy Babbington Double bass
Hugh Hopper Bass
Mike Ratledge Organ, Electric piano
Phil Howard Drums on 1,2,3
John Marshall Drums on 4,5,6,7

【4th】
01.Teeth
02.Kings and Queens
03.Fletcher's Blemish
04.Virtuality Part 1
05.Virtuality Part 2
06.Virtuality Part 3
07.Virtuality Part 4

【5th】
08.All White
09.Drop
10.M C
11.AS IF
12.LBO
13.Pigling Band
14.Bone

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

ソフトマシーンはマイルスとかコルトレーンあたりのフリージャズから影響されたんでしょうかね。この頃の作品は大好きです。ソロではワイアットは何作か聞いてますが、Hugh Hopperの作品は聞いてないんですがお薦めはどんなとこですかね。

2005/10/22(土) 午後 11:03 [ ongakuya1966 ] 返信する

顔アイコン

> ongakuya1966さん コメントどうもです。このころのソフトマシーンは、FreeJazzに傾倒していたらしいです。ソロアルバムのほうは、、、私のほうは情報なしです。

2005/10/23(日) 午前 10:12 mix*ng*tau 返信する

わお!ソフトマシーン大好きです! アレンとケヴィンが一緒にいたってだけでもうOKですよ〜。

2005/10/23(日) 午後 2:14 [ dea*b*ar19*0 ] 返信する

顔アイコン

>EMIZOさん コメントいつもどうもです。やはり、この手のものすきなのですね〜。初期のころの面子はすごいっすものね。

2005/10/27(木) 午後 10:50 mix*ng*tau 返信する

顔アイコン

グッドトリップさん、はじめまして。コメント&トラックバックありがとうございます。4thと5thのカップリングは最近出てきたCDですね。どちらも早い時期に聴きました。インプロヴィゼーションがお好きなら、通称ヘヴィフレンズと呼ばれているBBC RADIO ONE LIVE IN CONCERT VOLUME ONEをおすすめします。このライヴアルバムの1〜2曲目はエルトン・ディーンのアルトとマーク・チャリグのコルネットが激しく絡み合ったり、ファズをかけたオルガンとベースのエレクトリックショックが凄い演奏になっています。音質も抜群。是非どうぞ! 削除

2005/10/29(土) 午前 10:35 [ ノブりん ] 返信する

顔アイコン

>ノブりんさん こちらこそ、コメント&TBありがとうございます。お勧めのアルバムありがとうございます。推薦版、インプロ色が強そうで、かなり好みな印象です。チェックしてみます。

2005/10/29(土) 午後 3:00 mix*ng*tau 返信する

これ恰好良いですよね。このバンドの作品を聴いて、演奏の妙に耳を傾ける楽しみを知りました。最近”カンタベリー系”を物色しているのですが、このバンドは初期よりも『4』 『バンドルズ』を気に入っています。

2005/11/8(火) 午後 3:00 ののりじ 返信する

顔アイコン

>ののりじさん 私はこのアルバムのみ所有していますけど、ほかの年代も聞いたほうがよさそうな印象でした。

2005/11/14(月) 午前 1:47 mix*ng*tau 返信する

顔アイコン

僕は”3”がお気に入りです♪

2005/11/19(土) 午後 11:06 ひでくま 返信する

顔アイコン

>ひでっくすさん 3は、聴いたことないです。チェックしてみたいですね。

2005/11/20(日) 午後 3:11 mix*ng*tau 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事