ここから本文です
Guitar野郎の日記
目指せ!オヤジロケンローラー!!

書庫全体表示

Kite

その連絡は突然のことだった・・・。
 
毎月第二土曜日は出勤日であり、会社で「さぁ、機械の整備で始めようか」と思っていたところに携帯が鳴った。
携帯を見ると、ざ:ぼすさんで「おっ、何か良いギターでも見つけたのかな♪」と思って電話に出た。
 
「シゲちゃんがさ・・・」
それはあまりにも早すぎる、とても悲しい知らせだった。
 
嫁さんに連絡をして、バンドのメンバーに連絡をして・・・。
頭の中を整理しようと思うのだが、それも出来ず・・・。
その日にやろうと思っていた仕事は、半分も手をつけられなかった。
 


シゲちゃんとは、誰かのLIVEの時なんかに顔を合わせると「どうも」という感じで挨拶をする程度。
しかし、嫁さん同士がよく連絡を取り合っていたり
お互いに「姉さん女房持ち」だったり、お互いにギターが好きだったりと
いくつかの共通項があり、僕の方は勝手に親しみを感じて接していた。
 
最後に会ったのが去年の夏のことで、その時はギターとエフェクターの話をしたことをよく覚えている。


シゲちゃんには「ありがとう」と「ごめんね」という言葉を伝えなければと思っていた。
 
「ありがとう」については、去年の3月に都内で行った僕達夫婦の結婚披露パーティでセッションをしたこと。
2月にシゲちゃん達のLIVEを見る機会があって、LIVE後に
「来月のパーティで1曲セッションをしない?」と誘ってみたところ、快く引き受けてくれた。
しかし誘っておきながらも、正直、複雑な気持ちも僕の中にはあった。
 
色々と引っ張りだされているシゲちゃんを見ていると、少し体を休ませて体力を温存させてあげたい
という気持ちがあったからだ。
 
結果として、結婚パーティでシゲちゃんとセッション出来たことは
僕達夫婦にとっては、忘れらない思い出を作ることが出来た。
心からありがとうと伝えたい。
 


謝らなければいけないこと
闘病中のシゲちゃんに僕が掛ける言葉はいつも「頑張れ!負けるなよ!」ばかりだった。
真剣に、自分の命を賭けて闘っているシゲちゃんに、もっと違う言葉でエールを送ることが出来なかっただろうか・・・
それはずっと自分の中で引っ掛かっているところだ。
 


シゲちゃんの故郷である長岡に向かう車中で、その二つは伝えようと思った。
 
新潟へは、富山へ出張に行った時に、越後湯沢で新幹線から在来線に乗り換えたくらいで
実際に行くのは初めてだった。
 
シゲちゃんの故郷は、緑があふれていて、穏やかで、スケールが大きいと思った。
それはまるで、シゲちゃん自身のスケールそのものというようにさえ感じた。
 


お通夜の会場に入ると、シゲちゃんの写真が飾られていた。
「シゲちゃん、まだまだこれからじゃないか・・・」
心の中でつぶやくも、現実が変わることはない。
 
お通夜の後に、痛みから解放されたシゲちゃんの顔を拝むことが出来た。
とても穏やかな良い表情をしていた。
自分に与えられた命を生き抜いた、そんな顔をしていた。
 


生前、うちに遊びに来たいという話を聞いていた。
嫁さん同士はリビングで過ごして、ギター小僧同士は楽器部屋でギター談議でも
なんてことを話していた。
その日が来ることを、僕は首を長くして待っていた。
しかしそれは、叶わぬ夢となってしまった。
 


 
長岡から帰る際、カーステレオからU2のKiteが流れてきた。
The Edgeのギターソロが印象的な、LIVE音源の方だった。
「今日、この曲はシゲちゃんのためにあるんだよね」
車の中には、たしかに純粋な風が流れていた
 


7/9 大腸がんと闘ってきた一人の男が、この世を去りました。
享年31歳。いつも人懐っこい笑顔が印象的でした。
まだまだこれからだというのに・・・。
しかし、お通夜で彼が残したものの大きさを感じることが出来ました。
短い期間の付き合いではあったけれども、彼と知り合うことが出来て本当に良かったと思います。
 
シゲちゃん、本当にありがとうね。
安らかに眠りについて下さいね。

この記事に

  • 顔アイコン

    シゲちゃんから「11月のボンジョヴィの東京ドームのチケットお願いします」ってメールが来そうなくらい、まだ私には実感がありません。

    彼に出会えた事は一生忘れないし感謝の気持ちでいっぱいです。

    たまたまみんなでやろうとしているサッカー(フットサル)。

    シゲちゃんの命日となってしまった「9」。

    エースストライカーがつける「9」はシゲちゃんに捧げたい。

    [ masao ]

    2010/7/12(月) 午後 11:07

    返信する
  • 顔アイコン

    慎です
    自分の親父の故郷である新潟・・・
    先月まで自分の本籍地であった新潟に17年ぶりに行きましたが、まさかこういう事で行くとは思いませんでした。

    バイクと新潟話もしたかったんですよね〜

    短い間だったけど、シゲちゃんと知り合えたことは皆にとっても「シアワセ」だったと思います!

    [ 慎♪ ]

    2010/7/12(月) 午後 11:40

    返信する
  • 顔アイコン

    いまだ気持ちの整理がつかず実感もわかずですが、いい奴だったなあ。 また聴きたいな。あの格好いいギター

    [ tomotoshisato ]

    2010/7/12(月) 午後 11:57

    返信する
  • 顔アイコン

    masaoさん
    ボンジョヴィが来日すると聞いたときは、真っ先にシゲちゃんを思いましたよね。
    僕の中でも、どこかで会いそうな感覚があります。
    ユニホームを作るときは、真っ先にシゲちゃんの分から作りましょうね!

    TOHRU_MIYAGI

    2010/7/13(火) 午後 0:15

    返信する
  • 顔アイコン

    慎さん
    シゲちゃんが「新潟においで」と誘ってくれたのかもしれませんよね。
    僕らも本当に幸せでした。

    TOHRU_MIYAGI

    2010/7/13(火) 午後 0:17

    返信する
  • 顔アイコン

    サッチさん
    サッチさん達が最後にお見舞いに行った時の話を聞かせてもらい、有難う御座いました。

    シゲちゃんとセッションすると、僕は安心してリズムギターに専念出来ました♪
    たった一度きりの1曲だけでしたが、一緒に演奏出来たことは僕の誇りでもあります。

    TOHRU_MIYAGI

    2010/7/13(火) 午後 0:20

    返信する
  • トオルさん、遠い新潟まで足を運んでくださり、ありがとうございました。

    落ち着いたらブログにも書こうと思いますが、亡くなってあらためてシゲちゃんの大きさに、家族一同驚いているところです。

    nekoちゃんが、私のことをとても心配してましたが、私は大丈夫。クマもいるし、シゲちゃんのためにも強く生きていきます。

    ヨッシー

    2010/7/14(水) 午前 8:23

    返信する
  • ヨッシーさん
    この度は心からお悔やみ申し上げます。

    夕べ嫁さんと一緒に、お二人と知り合えることが出来た「U2 NIGHT」の頃のことを思い出してました。
    「シゲちゃんが、ギターを弾く僕の手を食い入るように見てた」という話を思い出しました。
    あの時にシゲちゃんがリクエストしてくれたという曲を、バンドで演奏出来ないか
    メンバーに掛け合ってみたいと思ってます。

    落ち着いたら、うちに来て疲れを癒していって下さいね。

    TOHRU_MIYAGI

    2010/7/14(水) 午前 8:56

    返信する
  • 顔アイコン

    …スマン
    コメント書けない

    言いたい事たくさんあるのになぁ〜 削除

    [ ざ:ぼす ]

    2010/7/14(水) 午後 1:03

    返信する
  • ざ:ぼすさん
    ざ:ぼすさんの思いはシゲちゃんに届いていると思いますよ。
    今はただ、ご冥福を祈りましょう

    TOHRU_MIYAGI

    2010/7/14(水) 午後 3:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事