新しい話題です。脳出血・・・失語症   P-2

(続きです) (熊谷市久下の小島恒夫さん(66)が自らの闘病生活を題材にした 「気がついたら失語症 とにかく・・・しぶとくいこう」(文芸社)を出版した。) 転機は、その年の5月、看護師の紹介で県総合リハビリテーションセンター(上尾市西貝塚)に 通い始めたことだった。 担当者から、「小島さんは書くことが好きそうだから、パソコンをやってみませんか」と 声をかけられた。思い出さなくても漢字で表記できるし、きれいに印刷もできる。 ある日、「situgosyou」とキーを打って、変換した。 思わず、「お前、失語症がわかるのか」と叫んだ。 漢字変換機能のおかげで、文字と言葉の意味が、飛躍的につながるようになった。 それでも生活上の制約は大きい。元の仕事に戻れないとしたら、すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

失語症・・・・25

2009/12/5(土) 午後 7:50

久しぶりです。 今日は「失語症パソコン教室」が行なわれました。 もう直ぐ2年半になりますか・・・。 一向に上達はしませんが、初めて時からするとまあまあです。 今日は「自分史」を書く事でした。 再来週には印刷をして発表です。 この間、色んなことがありました。 村田さんは「沖縄」へ行ってしまった。 ...すべて表示すべて表示

失語症・・・・24

2009/11/17(火) 午後 9:15

今日は火曜日です。 この前の土曜日は、小平の学校の「技能祭」がありました。 私も参加しました。 割に多くの卒業生が参加していました。 内容の内訳は昨年に大きく変わらないのですが、何と5人しか居らず その上、1名は就職の為、卒業を待たずにお終いです。 少し残念ですが、それでも就職の為とは良い事です。 今日 ...すべて表示すべて表示

失語症・・・・23

2009/11/4(水) 午後 8:59

こんにちは! またまた、久し振りですね。 明日は「病院」です。 なんか、胃の検査をしてから、少しいく回数が増えたような・・・。 まあ、どちらでもいいのですが。 この際だから、会社にある私の机をご覧いただきます。 「マック」と「ウインドウズ」の二台を使っています。 これが、ソモソモノ「入力」するには大層難 ...すべて表示すべて表示


ブログリンク

更新

片手マヒの人の左手での書字修得法

左手で字を書く方法

片手マヒの利き手変換  ――左手での書字修得法の一私論―― けがや脳疾患障害など、なんらかの理由で利き手が使えなくなってしまった場合、将来、...

脳出血による右片麻痺のリハビリ日記

孫の初散歩?

散歩に出かけようと玄関を出ると 孫が庭先に 聞くと 初めて靴を履いたらしい 楽しそうにはしゃいでいた 一緒に散歩をした...


.


みんなの更新記事