もりつちの徒然なるままに

<禁無断転写> ウォーゲームの話、戦史の話(かなり濃い目)、旅の話などを書いてみました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

前回までのあらすじ

 前回はこちら

 先日、京阪神へ行く用事がありまして、その時に昔からの数少ない対戦相手であるW氏とゲームをしました。その際、「ソロモン夜襲戦」(自作水上戦ゲームの仮称)のシナリオを計5回戦うという稀有の機会を得ることができました。第1回戦はベララベラ島沖海戦、第2回戦はサボ島沖海戦、第3回戦はマレー沖仮想戦、そして第4回戦は舞台を大阪ME会場に変えてアッツ島沖海戦を戦いました。そして最終回の今回は再びマレー沖仮想戦を戦います。

第5回戦(最終) - マレー沖仮想戦



 
 第5回戦は、第4回戦の直後に開始しました。場所は大阪MEの会場。開始時刻は午後5時頃でした。新しい参加者のM氏も概ねルールを把握したようなので、M氏に参加してもらい、昨日から4度戦ってきたベテランのW氏がサポートという形でゲームをすることにしました。ダイス判定の結果、私=連合軍、M氏=日本軍ということになりました。
 前回も書きましたが、このシナリオは日英両軍共ある程度戦力を自由に選択することができます。英軍は定番どおり重巡戦隊、日本軍は最上型重巡4隻を選びました。セットアップは写真の通り。

経過

 第1ターン。日英両艦隊は共に2列縦陣。敵側に駆逐艦戦隊、非敵側に主力戦隊を配置します。「ハ」の字になって接近する日英の艦隊。接近戦を嫌った英艦隊は左へ60度順次回頭。日本艦隊の斜め前方で平行砲戦に入ります。英戦艦が電探と照明弾によって先制攻撃を実施。やや距離は遠かったが「ウェールズ」が重巡「鈴谷」に命中弾を与えました。

 第2ターン。両者はそのまま接近。やがて日本艦隊も視認距離内に英艦隊の姿を捉えました。重巡部隊の猛砲撃が英駆逐艦に降り注ぎます。駆逐艦「エレクトラ」は距離9キロから重巡「熊野」の主砲弾2発を受けて中破。駆逐艦「エクスプレス」は「鈴谷」以下3艦の砲撃で3発を浴びて撃沈されてしまいました。「綾波」以下駆逐艦4隻も距離5〜6キロで「ヴァンパイア」を砲撃。多数の命中弾を与えてこれを撃沈しました。我が前衛駆逐艦4隻は、わずか1ターンの砲撃で壊滅状態に陥ってしまいました。
 我が方の反撃。「ウェールズ」の砲撃が再び「鈴谷」を捉えた。4発が命中。「鈴谷」は大破。これで前衛駆逐艦の仇を少しは討ちました。

 第3ターン。日本艦隊は速度の低下した「鈴谷」との衝突を回避すべく左へ一斉に回頭。敵側に艦首を向けた。しかし英艦隊は前進を続けている。両者の距離はなかなか縮まらない。英艦隊の砲撃。「レパルス」が発砲。主砲は「熊野」を狙ったが外れ。副砲が駆逐艦「叢雲」に4発の命中弾を与えてこれを中破しました。「レパルス」級の巡戦は主砲数が少なく、装甲も薄いのでやや頼りない艦なのですが、副砲の数が多いのが取り柄です。場合によれば副砲を使って駆逐艦狩りには有用な艦です。
 英重巡戦隊3隻は至近距離に迫った軽巡「川内」に集中砲火を浴びせました。一撃撃破を狙った砲撃。4発の命中弾を与えましたが、惜しいかな中破させることはできませんでした。英重巡戦隊は右舷発射管から魚雷計11本を発射します。

 第4ターン。英艦隊の放った魚雷は先ほどの砲撃で速度の低下した「叢雲」に命中。「叢雲」は瞬時に轟沈しました。日本艦隊は右一斉回頭で2列縦陣を再構成しました。英艦隊は右60度回頭。日本艦隊の頭を押さえるべくやや変則的ながらT字戦法に入ります。
 日本艦隊の砲撃。「熊野」の主砲が重巡「エクゼター」に2発の命中弾を与えました。
 英艦隊は重巡の砲撃で「川内」を中破。戦艦群は副砲にて駆逐艦「白雲」「東雲」に命中弾を与えてこれに両者に重大な損害を与えた。しかし肝心の主砲がはずれ。敵重巡群に重大な損傷を与えるチャンスだったのに・・・。

 第5ターン。英艦隊は日本艦隊の頭を押さえる位置に展開。絶好の射撃ポジションを得ます。しかしここで外せば日本艦隊が懐に飛び込んできて、恐るべき酸素魚雷を浴びせかけてくるでしょう。「ウェールズ」が重巡「三隈」を砲撃。2発が命中。「三隈」は中破。「レパルス」は重巡「最上」を砲撃。これもまた2発命中。「最上」も中破。英重巡3隻は重巡「鳥海」に集中射撃を浴びせた。が、射撃成績は奮わず2発が命中したのみ。「鳥海」は小破に留まりますが、その1発が「鳥海」の主砲電路を切断しました。「鳥海」射撃不能。
 「熊野」が左舷発射管から魚雷6本を発射。「レパルス」も右舷発射管から魚雷4本を発射しました。

 第6ターン。「熊野」の魚雷が英駆逐艦「エレクトラ」に命中。「エレクトラ」は沈没しました。「レパルス」の魚雷は外れです。
 日本艦隊は「熊野」「三隈」「最上」そして4隻の駆逐艦が英重巡に砲撃を浴びせましたが、大きな戦果はありませんでした。英艦隊はCP不足で砲撃を控えました。左へ60度回頭した「熊野」「綾波」「浦波」の3艦が右舷へ魚雷を合計24本の魚雷を発射しました。

 第7ターン。日本艦隊の放った魚雷が英艦隊を捉えました。重巡「ドーセットシャー」に2本、「エクゼター」にも2本が命中。両艦とも沈没こそ免れたもの大破してしまった。本命の「ウェールズ」には9本の魚雷が迫ったが、命中は1本のみ。幸い「ウェールズ」は戦闘行動に支障はありませんでした。
 日本艦隊と英艦隊はすれ違い、今度は次第に距離を離しつつあります。日本艦がさらに追撃の魚雷を発射しました。

 第8ターン。「ドーセットシャー」にさらに2本の魚雷が命中。「ドーセットシャー」は轟沈(日本の急降下爆撃機の生贄になるよるは幸せな最期だったかも)。大破した「エクゼター」も日本艦隊の砲火を浴びて「ドーセットシャー」の後を追います。この時点で日本艦隊は英戦艦2隻に対する追撃を諦めます。英戦艦2隻は西方への突破に成功。日本のマレー進攻船団がその後どうなったかは誰も知りません。

結果

日本軍の損害

沈没:駆逐艦1(叢雲)
大破:重巡1(鈴谷)、軽巡1(川内)、駆逐艦1(白雲)
中破:重巡2(最上、三隈)、駆逐艦1(東雲)
小破:重巡1(鳥海)、駆逐艦1(綾波)

連合軍の損害

沈没:重巡2(ドーセットシャー、エクゼター)、駆逐艦3(エレクトラ、エクスプレス、ヴァンパイア)
大破:駆逐艦1(テネドス)

 プレイ時間=約2時間

感想

 結果的には勝利できましたが、かなり危ない場面もありました。日本駆逐艦の放った魚雷9本が「ウェールズ」に着弾したときが一番の危機でした。期待値では約2本の命中でしたが、運良く命中は1本のみ。しかも重大な被害を引き起こすことはありませんでした。魚雷の場合、運が悪ければ一撃で戦艦クラスを撃沈する場合もありますし、仮に撃沈を免れても運動性能に重大な支障を来たす場合もあります。運動性能が低下した場合、数に優る日本艦隊の包囲攻撃を受けて撃破される運命は免れません。日本側のダイスに助けられた感がありました。
 今回の我が方のポイントは第4ターンの右60度回頭でした。これが早すぎると日本艦隊の急接近を許す結果になってしまいますし、遅すぎれば日本側の砲火が我が重巡戦隊に降り注ぐことになります。いずれにしても艦隊速度は敵の方が上なので追いかけっこはこちらが不利。また勝利条件を考えればどこかで西方に向かわなければなりません。今回の回頭タイミングについてプレイ中は「早すぎたかな?」と後悔しましたが、後から振り返ってみるとまあ妥当なタイミングではなかったかな、と思います。
 ゲームシステムについては、ちょっと魚雷が当たり過ぎかな、と感じました。今回、日本側のダイスは決して良好ではなかったのですが、それでも51本発射して7本が命中しました。命中率14%です(英側は発射15本で命中1本)。それで魚雷のルールを少し変えようかと思います。それも単に命中率を下げるという方向ではなく、命中角度による修正を大きくしたり、味方打ちの危険を大きくしたりして発射そのものをやや困難にする方向に改訂しようかと思います。
 このシナリオについては、サドンデスがやや甘すぎるような気がします。英軍がサドンデスを狙って戦艦戦力を2分した場合、日本軍がそれを阻止するのはひょっとしたら難しいようにも思います。このようなやり方がゲーム上適切か否かは別として、このようなやや「奇計」が通用するのは好ましくないと思います。そこでサドンデス条件を少し改定します。
 何度か書きましたが、このシナリオは日英両軍共戦力を自由に選ぶことができます。しかし残念なことにこのシステムがあまり上手く機能していないようです。英軍の場合、(1)戦艦「ラミリーズ」、(2)重巡3隻、(3)軽巡2隻+駆逐艦3隻という選択肢があります。今回2度の対戦では、いずれも英軍は重巡戦隊を選びました。この戦力選択システムはちょっと芸が浅かったみたいです。
 (1)の「ラミリーズ」は火力は強力でも速度が遅いので足手まといに過ぎません。(3)の軽巡は「エメラルド」級。決して出来の悪い艦ではなのですが、重巡に比べるとやはり威力不足です。(1)の戦艦を「ラミリーズ」から「ウォースパイト」にするというのはどうかな?。これならゲーム中の速度が5なので「ウェールズ」と同行できます。あるいは思い切って「キングジョージV」の追加を認めるとか・・・?。さすがにこれはサービスし過ぎかな?。
 (3)については駆逐艦を3隻から4隻に増やしてみたらどうでしょうか?。あるいは軽巡2隻を外して駆逐艦4隻の2個戦隊というのが面白いかも知れません。J級のような新鋭駆逐艦が8隻というのはあまりに非現実的なので新鋭駆逐艦4隻以外は旧式の米フラッシュデッキ型駆逐艦4隻ということになりそうですが、これだと誰も選んでくれないかな?。
 日本軍の選択肢は、英軍側の選択肢が決まっていることが影響しているようです。重巡戦隊は敵の重巡に撃ち勝つための選択です。もし英側が戦艦3隻という布陣できたらどうでしょうか?。重巡の8インチ砲は戦艦に対しては明らかに威力不足ですから「金剛」の主砲が欲しくなります。水雷戦隊だけでは敵戦艦の足を止めることはできませんから、日本軍の選択肢にも少し幅が出てくるでしょう。あるいはチット等でランダム判定するという方法もありますね。例えばこんな風に・・・。
 英軍プレイヤーは1〜6までのチットを引く
  1:戦艦ウォースパイト
  2:重巡3
  3:軽巡2+J級駆逐艦4
  4〜6:自由選択
 という具合です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事