もりつちの徒然なるままに

<禁無断転写> ウォーゲームの話、戦史の話(かなり濃い目)、旅の話などを書いてみました。

全体表示

[ リスト ]

「山科会」参戦

イメージ 5

京都の山科会に参戦してきました。
今回のお題は下記の通りです。

Asian Fleet(CMJ) シナリオ6

中韓連合と日米連合の総力戦を扱ったシナリオである。下名は日米連合を担当した。
米水上部隊の容赦ない巡航ミサイル攻撃によって韓国国内の航空基地は穴だらけとなってしまう。強力なF-15K、KF-16も滑走路が使えなけえばただの鉄屑に過ぎない。また強力な韓国軍水上部隊もエアーカバーがなければ張り子の虎に過ぎないことは前大戦で証明済み。
ただ、本当にシナリオのような事態が起こったとき、果たして米艦隊が韓国本土に対して巡航ミサイルを乱れ撃ちするような事態になるかは甚だ疑問を感じてしまった。韓国で劇的な政変(例えば極端な右派政権等)が起こらない限り、米韓が正面対決することにはならないような・・・。米韓関係は米日関係よりも強固なのだから・・・。ま、シナリオだからそれはそれで良いんだけど・・・。

イメージ 1



志士の時代(WGJ)

時間が余った時の定番アイテム化しつつある「志士の時代」。今回は3人でプレイしたが、3人ぐらいが待ち時間が少なく志士の手持ちも多くなるので一番面白いと思う。5人とかなら待ち時間が多くてダレてしまう。

イメージ 2



K2(REBEL)

ゲームマーケット2013で入手したアイテムをその場でインストして早速プレイした。5人プレイ。各自が2名ずつ登山家を持ち、世界第二の高峰K2の登頂を目指すというもの。登頂に成功したのは計5名。うち1名は山頂付近で嵐に巻き込まれて哀れ落命。いやー、面白かったです。

イメージ 3



Afrika(同人)

こちらは正確には山科会ではなく「有岡会」でプレイしたアイテム。これもゲームマーケット2013での入手アイテムです。インストして早速プレイ。1時間ほどで決着がつきました。手軽にプレイできるアフリカ戦ということで、余った時間に2人で軽くプレイするには手ごろなアイテムです。

イメージ 4



詳細は、後日報告の予定です。

閉じる コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事