おやじの独り言

一小悪は即日忽ちに身を滅ぼす事は無かれども、その心万事に渉る故小を積んで大となる 沢庵禅師

全体表示

[ リスト ]

金沢文庫:釈迦追慕展

昨日、新聞を読んでましたら、気になる記事が。


称名寺仏像から仏舎利
 県立金沢文庫は1日、横浜市金沢区の称名寺光明院に所蔵されている平安初期の「弥勒菩薩(みろくぼさつ)座像」内部から、弘法大師空海(774〜835)が唐からもたらし、その後、鎌倉時代に納入されたとみられる仏舎利二つを確認したと発表した。二つはそれぞれ、仏舎利信仰の中心だった京都・東寺(教王護国寺)、奈良・室生寺の伝来で、双方の仏舎利が同じ像内で見つかるのは珍しいという。同文庫は「蒙古撃退を願い、仏像の霊性を高めるため、幕府ゆかりの寺の仏像に納入したのではないか」とみている。

 金沢文庫によると、仏舎利が入っていた二つの包み紙は今年初め、修理のため弥勒菩薩座像(像高11・5センチ)を開けた時、見つかった。今夏、紙を開いてみたところ、米粒ほどの貴石が四つずつ確認された。包み紙の内側には、空海が真言密教の道場とした東寺伝来の仏舎利であることを示す「東寺御舎利」、空海が室生寺に納めたと伝えられる「宀一山(べんいちさん)」の文字があった。室生寺のものとされる仏舎利の実物が確認されたのも珍しいという。

 座像の修理跡や文字、紙には鎌倉時代の特徴があることから、仏舎利は鎌倉期に座像内に納入されたとみられる。鎌倉時代は、仏舎利が、願いをかなえる本尊として信仰が高まった時期で、真言宗の秘伝には、室生寺の仏舎利があらゆる外敵を撃退できると記されていた。また、鎌倉幕府と関係が深い僧侶が、室生寺の裏山から仏舎利を掘り出した記録も残っているという。

 金沢文庫の瀬谷貴之学芸員は「当時、仏舎利は政治や宗教にも大きな役割を果たしていた。蒙古襲来時、幕府ゆかりの仏舎利が、ひそかに北条氏ぼだい寺の称名寺の秘仏に納められたのではないか」とみている。

 阿部泰郎・名古屋大大学院文学研究科教授(中世宗教文芸)の話「密教の根源としてあがめられた仏舎利を二つ合体させてパワーをより高め、強い威力を持つようにまつったのだと推察される。何らかの国家レベルでの特別な祈りの実現を期待するため、納入したものだろう」

          ◇

 発見された仏舎利は、3日から金沢文庫(横浜市金沢区)で始まる特別展「釈迦追慕」(読売新聞横浜支局後援)で初公開される。問い合わせは金沢文庫(045・701・9069)へ。

そんなわけで。


イメージ 1


行ってきました。

神奈川県立金沢文庫

イメージ 2

ちょうど時間も良く、案内の時間にあと15分と言うところで到着。
展示室に入ると、説法印を組んだ釈迦如来像がお出迎えです。釈迦如来の『説法印』の仏像は初めて見ました。いきなりいいもの見させてくれたって感じです。
鎌倉時代、北条実時が開いた称名寺の隣にある金沢文庫には、多くの文化財が保管されており、そして、今回、その称名寺に有った小さな弥勒菩薩から、『仏舎利』が発見された、と。
しかも、その仏舎利は、東寺の物が4粒、室生寺からの仏舎利が4粒と分けられて収納されていた、と。
いずれも、弘法大師空海が恵果和尚から請来した仏舎利ですが、東寺の仏舎利はお正月に行われる『後七日御修法』にてその数を数えられる儀式があると聞きますが、室生寺の仏舎利は、弘法大師空海が『国難が訪れた時に使うように』遺言して山に埋められたとか。
その言い伝えからも、元寇という国難に当たって、その祈りの為に使われたと言うという事は納得できるかも知れません。
今回、その仏舎利も公開されています。
それは、小さな砂粒のようなものでした。
この仏舎利が納められた仏像は、高さ20cmほどの小さな仏像。平安時代作の弥勒菩薩です。ただ、その装飾品や宝冠などを見ると、大日如来と言ってもおかしく無いかと思えます。
鎌倉時代に修理された時に、この仏舎利が収められたと思われるとか。

解体修理を行ったところ、この小さな仏像から仏舎利が現れた、と。
国難に対して祈りを込めて納められた由緒正しい仏舎利が今姿を現す・・・


平成の国難に当たって、その力を発揮していただく事を祈りたいと思います。



昨年、『運慶作』と判明した『大威徳明王』も今回一緒に公開されています。
今、金沢文庫がお薦めです。



にほんブログ村でランキングに挑戦中。応援URLクリックよろしく。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

金沢文庫から泥亀町を抜け、夕照橋〜金沢八景〜朝比奈切通し〜八幡裏へ抜けるのは歴史好きには基本かな??
主題とはずれますが、洋光台(旧矢部野)〜峰〜円海山〜朝比奈〜天園〜北鎌倉。住宅地増えましたが良いルート。

2008/10/5(日) 午後 0:31 [ akira062363 ] 返信する

顔アイコン

akiraさん、今回のルートは称名寺から庭園を一回りし、山の上の八角堂まで登り、そこからまた金沢文庫に戻るルートでした。
今度、お薦めのルート辿ってみます(^^)

2008/10/5(日) 午後 10:54 もあい。 返信する

顔アイコン

はじめまして。大乗仏教保存財団仏舎利展実行委員会です。来年2月新宿で仏舎利展を開催します。こちらにも是非どうぞ。
www.fpmt-japan.org

2008/11/23(日) 午前 0:38 [ tac*od*sj ] 返信する

顔アイコン

tac*od*sjさん、はじめまして(^^)
貴重な情報、有難うございます。HP興味深く拝見いたしました。
是非、仏舎利展に行かせていただこうと思います。

2008/11/23(日) 午前 0:50 もあい。 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事