昭和カルチャー思い出箱

昭和という時代の子供文化を大真面目に検証します

全体表示

[ リスト ]

破裂するお菓子

 20年以上前に一時的ですが、子供たちを魅了したお菓子に“爆発系菓子”というものがあったのを覚えていますか?

 「ドンパッチ」という商品名で、たしかロッテから販売されていたキャンディーです。他からも類似商品が出ていたかもしれません。アメリカで流行っていたとかいう話を聞いたことがあります。

 キャンディーと名乗っていますが、実際の見た目は細かい砂利のような感じで、あんまり美味しそうな外見ではありません。当然ながら、当時の子供向け菓子特有の、今では考えられないような毒々しい色だったように覚えています。定期入れサイズの紙袋に入れられて売られていたと思います。

 「ドンパッチ」の真骨頂はネーミングの元にもなっている『爆発』です。
 口の中に砂粒のような「ドンパッチ」を含むとパチッ!パチパチッ!と、軽い爆発が発生します。
 どんな原理かはわかりませんが、細かいキャンディーの内部に炭酸ガスが内蔵されており、キャンディーを口の中の唾液で溶かすことにより、炭酸ガスが飛び出す仕組みなのです。
 かなり勢いよくガスが噴出しますから、感覚としては何かが「爆発」したとしか思えない衝撃なのです。

 味はともかく、味覚以外の付加価値を持たせていたという点では、フーセンガムに近い存在なのでしょうか。

 私の知る限り、現在の子供向けお菓子業界で「ドンパッチ」の後継は無いようです。

 噂によると、一度に大量の「ドンパッチ」を口に含むと大きな爆発が発生し、舌や口腔内の粘膜を傷つけてしまう恐れがあるそうなのです。
 つまり危険なお菓子というレッテルを貼られ、「ドンパッチ」は消えていったというのです。

 美味しくはなかったけど、口の中で爆発するお菓子という概念は新鮮で、子供の心をがっちり掴んだのは事実でした。

 本当に危険だったら仕方がないですが、是非とも復活を望みたいお菓子です。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

はじめまして。「ドンパッチ」よく食べました♪最近では「明治わたパチ」(綿菓子のパチパチする)というのがありますよ〜。 ぜしお試しください^^グレープ味・パイン味がでました^^ 削除

2006/5/4(木) 午前 11:40 [ kiki ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。「ドンパッチ」って、黒のバックにだいだい色の 顔じゃなかったでしたっけ? 同じ頃、「おっ!刺激的」っていうサイダー味でしゅわしゅわする ガムもありましたよねぇ?

2006/5/11(木) 午後 11:59 [ tmb*1*74 ] 返信する

顔アイコン

こんにちわ! 「ドンパッチ」はワタシの子ども当時(約25年前)、当時預けられていた祖父母宅のお菓子引き出しに納入されておりました(何故常時買ってあったのか不明・・・)。 CM曲は「ドンパッチたらドンパッチ♪」と記憶しておりますが、跡付け記憶かも知れません。 ライダーズ、サエキさん参加の(ワタシも観戦の)ライブでもれなくご自分の発売CDの宣伝をしていかれるとこが、ステキ☆ですね””

2006/5/22(月) 午後 8:24 [ lym*h*ont*ol ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事