昭和カルチャー思い出箱

昭和という時代の子供文化を大真面目に検証します

全体表示

[ リスト ]

だるま女

 だるま女・・・・・

 異様な響きですね。
 巷には数多くの都市伝説が存在しますが、「だるま女」のストーリーは人々に強烈なインパクトを与え続けている“完成度の高い”都市伝説だと思います。

 いつ頃から伝播されている噂かは定かではありませんが、私がだるま女を耳にしたのは高校生の頃でした。つまり昭和末期ですね。

 だるま女を知らない方のために、簡単なあらすじを紹介しますね。
 あくまでも私が伝え聞いたバージョンです。



 若い日本人カップルが東南アジア旅行に出かけます。
 旅の途中であるブティックへ立ち寄るのですが、女性が服を試着しに試着室に入ったまま忽然と姿を消してしまいます。
 女性の消息はつかめず失踪事件は迷宮入りとなってしまいます。

 しかし、女性の彼氏や親族は必死になって東南アジアを駆け回り、奇妙な情報を得ることになります。
 それは失踪した女性に良く似た者を、香港の見世物小屋で見かけたというものでした。
 なぜ見世物小屋に?
 彼氏や女性の親族は香港に情報を確認しにいきます。

 怪しい裏通りに存在するそれと思われる見世物小屋を発見。
 従業員に訳を説明し入場を試みますが、従業員のガードが固くなかなか中に入れてもらえません。
 高額の袖の下を握らせ、ようやく入れてもらえることになりましたが、従業員は「例えそれが捜している女だとしたら、会わないほうがあんた達のためだ」と、意味ありげな言葉を投げかけます。
 
 中に入ると、そこには小さなステージがあり、何人かの客が開演を待っています。
 ショーの始まりです。
 数人の男が台に乗せられた女をステージの中央につれて来ました。

 女の首から下は布に覆われています。
 女は意識はあるようですが、周囲のことには関心が無い様子で一見すると白痴のように見えます。
 いよいよ布が剥ぎ取られました。

 女は全裸の状態です。
 ただ普通と違っていたのは、両手両足を切断されているということでした。
 麻薬を投与され精神は崩壊、まさしく廃人です。

 人為的に両手両足を切断され、麻薬の過剰投与で廃人にし、無抵抗の性奴隷とされてしまっていたのです!
 白痴同然とはいえ、よく見るとその女は行方不明の女性に間違いはありませんでした。
 彼氏と両親は変わり果てた女性の姿にショックを受けますが、日本に連れて帰るしました。

 日本に連れて帰ってきたとはいえ、重度の精神障害と手足が無いという身体障害のため社会復帰は不可能です。
 女性はある精神病院に入院することになりました。

 今でも某病院で女性は入院生活を送っていますが、接触できる病院職員は限定されており、トップシークレットなのだそうです。



 というのが、私が人から聞いた「だるま女伝説」のプロットです。

 当初は荒唐無稽という印象しかありませんでしたが、随所にだるま女をリアルにする要素がちりばめられているのです。
 たとえば、失踪したとされる東南アジアという地域。
 
 日本人の多くは東南アジアに対して抱くイメージは、政情不安定、非衛生的、犯罪多発等、ネガティブなものが多いようです。
 東南アジア方面への旅行が盛んになった今でも、根本的な部分ではそう変化が無い様に思います。
 絶えることの無い日本人売春ツアーや児童買春が、東南アジアへの蔑視や偏見を助長しています。

 「東南アジアは何が起きても不思議ではない地域」

 香港にしても同じです。
 一昔前の物語の場面でよくあったのが、ヤクザが若い女に向かって「香港に売り飛ばすぞ!」って凄むやつ。
 香港に売り飛ばされると、女はヘロイン漬けにされて自由を奪われてしまい、香港マフィアの言われるがまま売春をひたすら繰り返すと言われていました。

 「香港とはマフィアが女を買い付けては性奴隷にする所」


 冗談抜きで私の周囲では、東南アジア方面への旅行に対して嫌悪感を強く示す人達が大勢います。
 嫌悪感を示す人達の大半は50歳代以上ですね。

 訳を聞くと大体が「汚らしい」とか「犯罪者が多い」とか「変な病気になりそう」という、日本に長く根付いていたステレオタイプの東南アジア観が根拠なんです。

 年配の人達が抱いているほど、実際の東南アジアはいかがわしい所ではないです。
 しかし、日本人の常識が通用しない世界が存在するのも事実です。

 東南アジアや香港、インドなどのスラムでは日本人の想像を超えた極限状況で生活している人々が大勢います。

 何が起こっても不思議ではない。
 どんなことが起こっても平然と受け入れてしまう。
 それも東南アジアの偽らざる姿といえます。

 「だるま女」の伝説は、これからも姿を変えつつ輝きを失うことはないでしょう。

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

初めまして、勉強になりました。古くからの言い伝えに根ざしているのですね。私も、昭和60年頃に初めて耳にしましたよ。

2007/9/3(月) 午前 3:46 off*ce_*on*o 返信する

顔アイコン

わたしまだ、小学生だけど、こわーくおもいました。

2008/3/17(月) 午後 10:50 [ ynm*99* ] 返信する

初めまして(*^^*)
ランダムから参りました!!
なんだか悲しいお話です。
体もですが精神が壊れるのはとっても辛い事だと思います。
悲しいです、、、、、。

2008/5/26(月) 午後 2:23 あみ〜ご 返信する

顔アイコン

怖いけど、ありそうな話ですね。
拉致されるだけでも怖いのに・・・ 削除

2009/11/30(月) 午後 8:11 [ 山するめ ] 返信する

顔アイコン

バキュームプェラでお口にどぴゅどぴゅしまくったよ!!(゚∀゚)
連続でイかされてもう無理って思ったけど、ア ナ ル舐めされたら5秒でチ○コ復活(爆)
これで5万もらえるとかマジこの仕事ウマすぎ!! 削除

2010/3/3(水) 午前 8:52 [ イジられまくりんぐ(笑) ] 返信する

顔アイコン

昨日はマジでヤバかった!!!!
ベッドに寝かされたと思ったら、1時間ぶっとおしてベロベロ舐め回されたっす!!
こうゆうの始めたばっかなんだけど、アレが普通なんか!?
もしそうだったら、ハマりまくjおいfじゃはあgっぁ!!! 削除

2010/4/8(木) 午後 5:22 [ うはwwこんなんあるんだな!笑 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして、突然ですが
私は両親の仕事の都合で小学校から中学校まで香港で住んでいました。
香港っていうよりは中国のほうから手足を切断された胴体だけの人間を香港につれてきて、こじきとして街におかれていました。
これは事実で、私が香港のコーズエーベーという街中で見ました!!!
手も足もないのに何で街のど真ん中にいるのか不思議だったので、学校の先生に聞いたところ、こじきとしてもらったお金は闇の集団の手元にいくみたいです。
怖いですね。>< 削除

2012/4/11(水) 午後 10:49 [ KY ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事