もっちんの鉄分補給ブログ

長らく中断していましたが、少しずつ更新していきます。

近鉄大阪線

[ リスト | 詳細 ]

近畿日本鉄道の大阪線とその支線(信貴線、伊賀鉄道線)用車両についての紹介や撮影記録です。
記事検索
検索

「圏際・食彩・文化祭ご当地グルメでまちおこしin名張×B−1グランプリ」開催に伴う臨時列車

 11月30日、12月1日の両日、「圏際・食彩・文化祭ご当地グルメでまちおこしin名張×B−1グランプリ」が名張市内で開催され、それに伴う臨時列車が運転されました。11月30日は18400系のラストランを狙いに青山町まで出掛けたのですが、その際名張行きの急行を撮影することが出来、不思議に思っていました。この時点でそんな臨時が走っていることを知らなかったので、とりあえず今日は大阪始発のものを狙いに行ってきました。朝から地元の用事で出掛けられなかったのですが、途中で切り上げさせてもらって出撃し、4本のうち2本を撮影してきましたので上げてみます。
 
■ 1400系1405F+1253系1256F 近鉄大阪線 松塚駅構内 2013.12.1撮影
 今回大阪から走ったのは、「名張行き臨時快速急行」でした。これまで名張行きでは区間快速の運行はありましたが、快速急行での運行はなかったと記憶しています。方向幕はしっかりと用意されていましたが、副標等の掲出はなく、寂しいものでした。しかし、名張行きで久しぶりの両舷点灯はいい記録になりました。ちなみに、これは大阪上本町発10:25発です。
イメージ 1
 
 振り返って、ケツ撃ち。
イメージ 2
 
■ 2610系2612F+2410系2426F 同上
 4本目は大阪上本町発11:25発です。1本前の快急もそうでしたが、名阪乙特急の後を続行で来ましたので、五位堂で待避していたのでしょうね。しかしこのすぐ後に名張行き急行がほぼ続行できましたので、何だかなぁというダイヤでした。
イメージ 3
 
 もちろんこれもケツ撃ち。
イメージ 4
 
■ 1220系1221F+2610系2620F 近鉄大阪線 伊賀上津−青山町間 2013.11.30撮影
 順序が逆になりましたが、一昨日撮影した伊勢中川始発の名張行き臨時急行です。本来なら平日の夕方しか見られない列車で、しかも6連でしたので、貴重な1ショットになりました。最初は何かの間違いかと思ったくらいでした。
イメージ 5
 
 「圏際・食彩・文化祭ご当地グルメでまちおこしin名張×B−1グランプリ」は結構な人出だったのではないでしょうか。昨日は名張市内が渋滞で動きませんでしたので、撮影現場に到着できるか一瞬不安になりました。こういうイベントはやはり集客が見込めるんでしょうね。
 
こちら↓ をクリックしてしてください。どうぞよろしくお願いいたします。
鉄道コム ブログランキングに参加しています。(URLをクリック願います)
にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ(URLをクリック願います)

開く コメント(12) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

大阪線2800系に小変化?

 先日、「きんてつ鉄道まつり」の2会場輸送用として走った電動貨車モト75形を撮影していた時です。何気に撮影した2800系を後からよく見ますと、何かが変だと感じました。まずは画像をご覧ください。
 
■ 2800系2810F 近鉄大阪線 大阪教育大前−関屋間 2013.11.2撮影
 車体がピカピカでしたので、検査受けの直後かと思ったのですが、台車等はさほどキレイでもなかったので車体の塗り替えだけ行ったのでしょうか。小変化というのは、側面のランプ類です。戸閉ランプは赤だったのですが、白色(透明?)のカバーに交換されているようです。また後から設置された黄色のランプ(何かご存知の方はご教示ください)も同じようにカバーが白色(透明?)のものに交換されています。これで車体の塗装との一体感が出ているのですが、試験的に行われているのでしょうか。
イメージ 1
 
 視認性が大切なランプ類ですので、見た目以上に機能や効果優先でお願いしたいと思います。安全第一ですからね。
 
こちら↓ をクリックしてしてください。どうぞよろしくお願いいたします。
鉄道コム ブログランキングに参加しています。(URLをクリック願います)
にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ(URLをクリック願います)

開く コメント(16) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

きんてつ鉄道まつり2013での撮影記録(その2)

 その2です。
 関屋で撮影した後は、河内国分へ移動し、大和川橋梁へ向かいました。前回記事でも書きましたが、ちょうど私が撮影したいポイントが空いていましたので、労せずして場所を確保、高安から2往復目の「マンモス」を待つことにしました。
 しかし、昼時とは言えすごい人数です。大和川橋梁でこんなに大人数の撮り鉄さんを見るのは初めてですね。駅員さんも人出が少ない中、本当にお疲れさまです。待つこと20分、やって来ました。
 
■ モト75形78+5800系5802F+モト75形77 近鉄大阪線 安堂−河内国分間 2013.11.2撮影
 曇ってきましたので光線を気にせずに撮影出来ました。本当は反対側から撮影したかったのですが、人が多く、それは叶いませんでしたので第2候補であるこの場所にしました。しかし、滅多に先頭に立つことないサイドから撮影することが出来、本当に珍しい記録となりました。
イメージ 1
 
 さて、撮影後すぐに今度は五位堂からの折り返しを狙うため、川を渡り、反対側へ移動です。国道25号の国豊橋を渡り、堤防を進むとここでも自分の希望スポットが空いていましたので労せずして確保できました。関屋駅でも反対側のモト77側は撮影しましたが、編成全体が写せなかったのでここできちんと押さえておきたいところです。
 五位堂行きが通過して26分後、やって来ました。こちら側は踏切もないのでしっかり見ておく必要があります。
 
■ モト75形モト77+5800系5802F+モト75形78 同上
 通常は、挟み込むけいはんな線7000・7020系の連結器高さにより水色のライン塗色のある側が7000・7020系側を向いてしまうので、五位堂検修車庫へ回送する際にこの顔を見ることはありません。今回は5800系を挟み込むため、逆側の連結器を使うこととなり、逆サイドが先頭に立つということとなったわけですね。
 しかし、よく見るのが前パンのモト97と98だっただけに、パンタがないと何かしらの違和感を感じます。逆光気味だっただけに曇り空はラッキーでした。
イメージ 2
 
 もう少し続きます。
 
こちら↓ をクリックしてしてください。どうぞよろしくお願いいたします。
鉄道コム ブログランキングに参加しています。(URLをクリック願います)
にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ(URLをクリック願います)

開く コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

近鉄阪伊急行の延長運転と曽爾高原ススキ号

 以前は正月のときにしか撮影出来なかった「五十鈴川行き急行」ですが、今年は伊勢神宮式年遷宮が行われたため、年末まで目にすることが出来ます。大阪上本町発の五十鈴川行きは、現在休日ダイヤの夜間に1本が快速急行で運転されていますが、日中見られるのは前述のとおり、正月ダイヤくらいになります。
 今回は、その延長急行が毎日見られるという中で、きんてつ鉄道まつり2013開催当日に撮ったものからピックアップしてみました。
 
■ 1254系1254F+2610系2623F 近鉄大阪線 五位堂駅構内 2013.11.2撮影
 「マンモス」撮影のため、関屋駅に向かっている途中に遭遇したのが、これです。「曽爾高原ススキ号」の看板を付けた延長急行(大阪上本町9:15発)で、看板はこの1列車のみに掲出されているようです。今年初めて掲出された看板ですが、延長急行との組み合わせはもうないかもしれません。しかし、もう1本早いのに乗っていればちゃんと撮影出来たのに、残念でした。
イメージ 1
 
 この後、目的地の関屋駅へ移動しました。最終的には10人ほどになりましたが、何とか入れていただき、撮影していると上の列車の次の延長急行がやって来ました。
 
■ 2610系2617F+2410系2422F 近鉄大阪線 大阪教育大前−関屋間 2013.11.2撮影
 高校生の時から変わっていない、オーソドックスな組成の阪伊急行。抵抗制御車の軽やかなモーター音を唸らせ、二上越えに挑みます。
イメージ 2
 
 さらに1時間後、「マンモス」がそろそろやって来るという頃に現れたのが、これ。撮影者泣かせの5820系でした。
■ 5820系5851F 同上
 「シャッタースピードは速くしないと画像が止まらないし、LEDを優先させると画像がブレる。かといって、流し撮りはしたいとも思わない。結果、LEDは犠牲になる。」こんな図式をいつも考えてしまうのですが、今回もLEDは犠牲になりました。何とか「五十鈴川」って判読できますでしょうか。言われてみれば、そうかもという程度にしか写っていませんね。
イメージ 3
 
 この後、「マンモス」が通過し、関屋駅へ戻ります。折り返しのマンモスを中途半端な構図ではありますが狙った後、河内国分へ向かいました。ちょうど昼時でしたので、少しは少なくなっているだろうと思い現場へ向かってみると、自分が撮影しようとしていたポイントはすっぽりと空いていましたので、労せずして場所を確保できました。それでも40〜50人がカメラを構え、車の通行の障害にもなっているとのことで、駅員が監視している状況でした。話によれば、警察官までもが現場での整理をされていたとようでした。お疲れさまです。
 そんな中、1本撮影したのがこれです。
 
■ 5200系5204F+1253系1260F 近鉄大阪線 安堂−河内国分間 同上
 5200系先頭のオールVVVF車の延長急行です。やはり阪伊急行に一番似合いますね。
イメージ 4
 
 雲が大分厚くなってきました。でもあまり側面の影を気にする必要がなくなってきましたので、鉄橋の両側で撮影出来る光線状態になりました。
 
こちら↓ をクリックしてしてください。どうぞよろしくお願いいたします。
鉄道コム ブログランキングに参加しています。(URLをクリック願います)
にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ(URLをクリック願います)

開く コメント(10) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

きんてつ鉄道まつり2013での撮影記録(その1)

 今年の「きんてつ鉄道まつり」は、11月2〜3日の2日間、昨年度からの2会場体制を維持する形で実施されています。私なりに考えた、今年のメインイベントはやはり2日に運転された「マンモス列車の運転」に尽きます。私も「マンモス列車」という名称が「電動貨車」のことを指すのを今回初めて知ったわけですが、なかなか撮影機会に恵まれないこの列車を是非撮影してみようということになり、まずは大阪線の関屋駅へ向かいました。
 実は前日の金曜日の朝、通勤途中ですが西大寺車庫でモト77と78に挟まれた5800系の姿が確認できました。ですので、撮影する列車の姿はイメージしていたのですが、本番に弱い私はまたまた少しミスしてしまいました。10時過ぎに到着した関屋駅西の踏切には10人ほどの人が集まりました。後ろで撮影している人にも配慮しながら、撮影開始です。
 「マンモス列車」の初発は高安 11:34発ですので、関屋付近の通過まで1時間半くらいあります。伊勢神宮の式年遷宮で阪伊急行が五十鈴川まで延長運転していますし、当然「しまかぜ」も走っていますし、いろいろと撮影する列車はあります。それはまた別の機会にということで、今回の目玉をまず最初にどうぞ。
 
■ モト75形モト78+5800系5802F+モト75形モト77 近鉄大阪線 大阪教育大前−関屋間 2013.11.2撮影
 阪伊急行が通過し、河内国分で緩急接続した区間準急の続行でやって来た今年の鉄道まつり2会場をピストンリレー輸送する列車です。モトが先頭で、なおかつ普段牽引されるはずの車両が7000・7020系以外の車両、しかもパンタグラフが上がっている状態とあって、なかなか貴重なシーンを撮影出来たのではないかと思います。緊張して少し左に傾いてしまいました(傾きは補正しています)。
イメージ 1
 
 この日はこれをしばらく追いかけることにしました。その2に続きます。
 
こちら↓ をクリックしてしてください。どうぞよろしくお願いいたします。
鉄道コム ブログランキングに参加しています。(URLをクリック願います)
にほんブログ村 鉄道ブログ 近鉄線へ(URLをクリック願います)

開く コメント(16) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開く トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。


.

Yahoo! Choctle
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事