北京老学生・日本から台湾へ

2013年春、4年半ぶりに日本に帰国。2017年春、今度は台湾・台中へ。

全体表示

[ リスト ]

昨日(20日)書いた、都議会百条委員会での石原慎太郎(『氏』など省略し、あえて呼び捨てにしておく)の証人喚問に関する記事の続きみたいなこと。


石原慎太郎という人は、どちらかというと、『知ったかぶり』をするタイプの人、『虚勢をはる』人であり、いわゆる『右派的な主張』をする人のなかでも大した人間ではない、と思う。

どのような思想の持主であっても、どうしようもない人物からそれなりに見識の立派な人物まで、人間の幅はかなり広い。しかも、こういうことは時間の経過とともに、一層、際立ってくるような気がする。
だから、石原慎太郎のような『小粒な人間』ばかり、相手にしても、議論のレベルが低下してしまう、そんな奴は相手にするなという見解は、わからないでもない。

だが、私としては(自分自身も同レベルの人間であるためかもしれないが)、何となくこの男のことが気にかかる。
それで、つい昨日のようなものも見てしまう。
(もっとも、私が台湾にいるのでなく、仮に日本にまだいるのだとしたら、意外と見ていないかもしれない。台湾に来るとかえって、日本のことが一層、気になるところがある。)

イメージ 1



さて、今朝の『産経新聞 電子版』を見ていたら(台湾に来てから、これと『朝日新聞 電子版』の両方を見ている)、このような記事が出ていた。
(これは、東京版社会面の掲載の記事である。大阪版などでは、出ていないのかもしれない。)

<質問が長い都議には「簡潔に質問して」「だったら何ですか」と迫るなど、往年の“石原節”で持論を展開する姿には余裕さえも感じさせた。>などと書いている。

これは、たしかにある面では、当たっている。しかし、他の面では、事実の歪曲であり、(他の新聞と同様に)おそらくかなり高齢化が進んでいるのであろう『産経新聞』の読者、しかも『往年の石原節』のファンであった人々へのサービスのようにも取れる。


『ある面では、当たっている』というのは、(私は都議会のことはよく知らないが)東京都議会は、石原都政においても、『与党』であった政党が大半である。

だから、石原慎太郎を下手に批判すると、自分たちに対して、いわゆる『ブーメラン効果』が生じる。しかし、7月の都議会選挙は近づいている。
小池都知事も(まだまだ)人気が高いようだし、小池知事に逆らっているような風には見せたくない、ということで、石原慎太郎の証人喚問にも、『ここは賛成しておいて』(菅官房長官のよくやる話し方を思い出しながら読んでほしい)、とりあえず『追及したふり』の『なんちゃって』質問をしていた都議が、昨日は実に多かった。

『追及』などする気がないし、何をどう質問しても良いかわからない、だからとりあえず『自分の立場』を延々としゃべる。その結果、石原慎太郎に『質問が長い』などと言われてしまう。

もっとも、石原元知事のほうも、たしかに『健康面』の問題はある程度あるようで、複数の質問を一緒にされると覚えていられないようでもあった。
(しかし、そこは、普通の人であったらメモを取るなどしそうなものだが、幾ら手が不自由であるとはいえ、利き手でないほうで記号で書いておくというようなこともできそうだが、そのような努力をした形跡もなかった。
まあ、『石原慎太郎』はいくつになっても『石原慎太郎』でしかない。)

だが、それを超えても、本日の『朝日新聞』の記事を引用すると、<移転先を豊洲と決めた経緯を問われ、「行政のピラミッドの頂点にいた私が。全体の総意として決裁した。席民は認めます」と述べ>ながら、「記憶にない」「部下に一任した」を連発して平然としている姿にはあきれるばかりだ。

昨日も書いたが、石原慎太郎は、『屈辱』を受け入れることはできないとして、特に小池知事を意識しながら、今回の場に出てきたことになっている。
だが、このような証言をして『恥じない』というのは、彼が『政治』や『政治家の責任』というものをどのように考えているのかを、露呈させている。

これは、『右寄りの思想』の持主としても話にならない。
籠池と言う人物がデタラメであることが問題になっているが、石原慎太郎もそれに劣らずデタラメである。
このような人物たちが、安倍首相らと共鳴しあっていたことは事実であり、『安倍的なもの』のお粗末さを証明する『証拠物』の一つであるとは言えよう。

同時に、23日に籠池氏の国会での証人喚問が予定されているが、それに対しても質問者はきちんと準備して、追及すべき点を絞り込んで質問していかないと、『取り逃がす』結果に終わりかねないと思う。







http://politics.blogmura.com/politicalissue/ranking_out.html にほんブログ村 政治・社会問題]
にほんブログ村のランキングに参加しています。
よかったら、この記事にクリックをお願いします。

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

団塊世代、圧倒的な数を誇るわけですから、マジョリタンwデモクラシー、動かすことができるはずです。

ハゲに白髪で、神経痛で立候補も投票にも行けるはずです。

小泉ジュニアやオリンピック選手やもとタレントにやらさないで、老人オタッシャ党でも本気で作って多数派工作したら如何でしょう。

老人ですから既得権にしがみつく余裕の時間はありません。

金と権力、秀才の官僚に言い含められる前にボケるか死ぬか、最長二回、純粋で幼稚なときに、次に変われます。

ぐちゅぐちゅ、いっていても、どーもなりません。

若くてw新鮮で真面目、、、なぁんて有り得ません。ジジイデもう、ぜにもけんりょくも棄てて仕舞わざるを得ないのに、シガラミも余分な権力闘争、野心の持てぬ断末魔政治をさせてみるのです。

石原の老醜、バンセツを笑うは簡単です。

歯抜け、杖つき要介護老人、結構じゃないですか。

福祉と介護の当事者です。もっとも、その事項について熟知し利害関係の有るものに、ガバーン、自己統治させる、政治の根本です。

此の際です、石原、中曽根を党首に担いで、ね。 削除

2017/3/21(火) 午後 10:34 [ ] 返信する

顔アイコン

> ぜさん
こちらの方がレスを書きやすいので、先に書かせてもらいます。
私は、『団塊の世代』になど全く期待していません。というのは、今の世の『安倍的なもの』が支持される基盤を作ってきたのは、『団塊の世代』に象徴されるものへの反発だと思っているからです。
『団塊の世代』というのは、むしろ、若いころ左翼ぶっていて、一番世の中の中心にいた時は、『会社中心主義?』を支えていて、そのシステムに乗っかってきて、そして今、年をとったら左翼ぶった(あるいは、リベラルちっくな)主張をしている−−そういう悪いイメージがあるのではないでしょうか?
私は、『反安倍』が多数となりえないのは、むしろ、こういう『団塊の世代』が『反安倍』の中心にいるというイメージがあるからではないかと考えています。
私は、石原が『歯抜け、杖つき要介護老人』だから批判しているのではありません。彼の身勝手な『思想』(それは若いころから、一貫しています)が許せないから批判しているのです。
老人オタッシャ党など作らなくとも、現実の運動がそうなっています(ある意味では、右も左も)。

2017/3/21(火) 午後 11:58 [ 北京老学生 ] 返信する

顔アイコン

(つづき)
そして、老人オタッシャ党だけではどうにもならないことが、今、明確になっているのではないでしょうか?
別に、老人を排除せよというつもりはありません。しかし、老人に通用する言葉や、感性だけでは、どうにもならなくなっています。

2017/3/21(火) 午後 11:59 [ 北京老学生 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事