茂木大輔:もぎ議録

クラシック音楽は理解して聴けば感動100倍!が活動のモットー。まずは自分が理解しよう・・・(笑)

全体表示

[ リスト ]

つくば+竹中さん現場

イメージ 1

つくば、多数ご来場、またサイン会に非常に多数の方が来て下さり、本当にありがとうございました。
自作のCDや新刊が飛ぶように売れて、とても嬉しかったです。ホールの音響も素晴らしく、感動的でした。
終演後、飛び出しで秋葉原>代々木>原宿>スタジオ

竹中さん+玉木さん(ピアノ)のラフマニノフシーン。リハはオケを貸しきりにして行う贅沢なもの。これがミルヒーの最後の指揮シーン。
今回相互のスケジュールの都合で下稽古にいけず、今日だけで形を作らなくてはならなかったのですが、指揮法の基礎は梅田先生のチーム(若手指揮者たち)が、非常に明快に作っていてくれたので安心だった。こちらは再び雰囲気、夢、憂鬱、春、変化、ユダヤ人、軍隊、持続、神憑り、そのたのイメージについてさまざまな手や全身の使い方について、また、重要ないくつかのポイントについて動作的に補足。今回は指揮棒なし。相変わらず竹中さんの自然流の熱心さ、洞察力には感服。俳優というのはすごい。そして玉木さんのピアノ姿もすばらしい。
3話の放送で玉木さんの指揮シーン、「クラリネット音汚ねえ!」の前後で2拍ずれた映像が出てしまった件について話し。撮影では実は玉木さんは完璧に振っていたのです。監督も自分で振れるほど指揮の勉強をされていました。それゆえに、指導した梅田先生にとっても演技した玉木さん(編集で最初に気付いたのは玉木さんだったそうです)にとっても、監修の僕たちにとっても残念でしたが、急な編集だったのでやむを得ないところもあったとのこと。そのセリフ直前のミルヒーをインサートして、別カットを使ったために最終段階でずれてしまったとのこと。スタッフ全員が誠心のお詫びをしていただき、なんか申し訳なかったです。なお、このシーンは、再放送やDVDでは正しく修正されるとのこと。オンエアの録画は、むしろ貴重品になるかもしれない。

現場の片隅にはご覧の着ぐるみがおいてありました。

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

感動!感激!感涙の演奏でした!前列で皆様の指使いを見てまさに超絶技巧!まさにスーパークインテッドでした!仕事の都合で徹夜で行きましたが、疲れが吹き飛ぶ至福の癒しの旋律でした!興奮の余りサイン会の時は憧れのもぎぎ様を目前にして舞い上がって渡せなかった物も(是非次に。むんっ!)相変わらずハードなお仕事ぶりですが、どうぞご自愛下さい。これからも応援してます〜 削除

2006/11/4(土) 午前 8:52 [ りすとぱん ] 返信する

顔アイコン

お疲れさまです。自分のことが悲しいほど手一杯でなかなか聴きに伺えないのが残念です。すみません(;;) あの千秋クンの「ズレ」にはそのような事情があったのですね。収録で実際ズレたのなら、このドラマに限って気づかないわけはないと思っておりました。 着ぐるみ、都内に出没しているものやHPやエンディングとは違う作りですね。こちらのほうがのだめちゃんの手作り、という感じがあります。ドラマの中ではこちらが登場するのですね!中にはどなたがはいられるのでしょう。。(まさか樹里ちゃんご本人?)楽しみです。ラフマニノフも楽しみです♪ 削除

2006/11/4(土) 午前 9:57 [ おばさん ] 返信する

顔アイコン

連日大変にハードなスケジュールですね!演奏会に足を運べず、地元でのコンサート開催もなかなか実現せず慚愧の思いでおりますが御著書やテレビなどで少しでももぎぎ先生のお仕事に触れられるだけでも幸せと感じます。そして、各地での演奏会の大成功!の報を聞き、勝手に喜んでおります(^^;)ドラマ、俳優の皆さん本当に地味な努力を積み重ねて収録に臨んでるんですね。陰で支える方々の思いも伝わるようなドラマだと思います。 削除

2006/11/4(土) 午前 11:15 [ ノエル ] 返信する

顔アイコン

つくばでのコンサート、どうもありがとうございました。すごく良かったです!私は木管のアンサンブルをほぼ初めてじっくり聴きましたが、こんなに楽しいとは!茂木さまはじめ皆様のお話もとっても面白くて、勉強になりました。本当に良い時間を過ごさせていただきました。 娘も、生もぎぎさんに会えて、サインも頂いて、大変興奮してました。素晴らしい演奏も、最高の刺激になったことでしょう。 またぜひ、どこかのコンサート会場でお会いできることを楽しみにしています。ますますのご活躍をお祈りしています。 削除

2006/11/4(土) 午前 11:56 [ みきっち ] 返信する

顔アイコン

りすとぱん様、ついに実物におめにかかれて感激でした。遠くから徹夜でありがとうございました。プレゼント惜しかったなあ・・おばさん様、いやもうドラマと言うのは、ただこたつに座って見ていたときから考えますと、あまりにも膨大な人員とスタッフと手間のかかる、怪物のような存在なんですね。自分のやってきたオペラやカンタータ上演でさえ「おおがかり」とか思って息巻いていましたが、ひとりの及ぼす作用の小ささにしゅんとなる一方、参加させてもらえる幸せと責任感を強く感じて、音楽家に恥ずかしくないように、という二ノ宮先生のお気持ちを1/100でも実現できるよう、無力ながら頑張ります。こういうHNの方というのはきっとおばさまではないのでしょうと勝手に思っておりますが、いつかはぜひお越し下さい。

2006/11/4(土) 午後 0:47 [ 茂木大輔 ] 返信する

顔アイコン

ノエル様、いつもありがとうございます。今回の現場は時間が少なく、ラプソディー、ラフマニノフともに厳しい現場になりそうですが、竹中さんも頑張ってくれているので(限界までやってます)僕も地獄までお付き合いしようと決心しました。新刊本の感想なども聞かせて下さいね。みきっち様、こうした書き込みは本当に励みになります。クラシックだけで2時間演奏するのではなく、山下さんや自分の曲も交えて作るのは珍しい構成だと思いますが、自分としては気に入っています。秋葉原の乗り換えなどで衣装楽器かかえて走ったのでスタジオついたら大汗で、さらにラフマの3楽章を振って見せていたのでシャツをしぼるような汗!でもオケの皆さんもだんだん乗ってきて、音楽の力は凄いなあと思います。お楽しみに!あしたはエキストラで聴衆になる方多いですよね。現場でお目にかかりましょう。

2006/11/4(土) 午後 0:47 [ 茂木大輔 ] 返信する

顔アイコン

マングス>フジテレビ美術部様の手作りで、講談社様のは着て実際に本屋さんとかに出没するアウトドア・ヘビーデューティ仕様、こちらのは「のだめ手作り感重視」のリアリティ・バージョンだそう。のだめコンサートへの貸しだし、して下さるようです!サイズは実際に上野さんが入るので(アタマを抱えたシーンあり)、もぎぎは入れそうもない。

2006/11/4(土) 午後 1:21 [ 茂木大輔 ] 返信する

顔アイコン

こちらには初めて書き込みさせて頂きます。二ノ宮先生のBBSに時々出没しております、アーチャンままと申します。 6日放送のSオケシーン、本当に感動で涙が出て来ました。二ノ宮先生の絵から聞こえてきた音がそのままテレビから再現されたような気分でした。上手く言い表わす事が出来ないのですが(汗) 来週のラフマニノフも本当に楽しみです。また、感動で泣いてしまう事を予測して大判のハンカチとティッシュを準備して見なければと思っています(笑)。 お忙しい毎日かと存じますが、どうぞご自愛下さいませ。 削除

2006/11/7(火) 午後 9:10 [ アーまま ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。本当にドラマ感動しますよね。次回はマングース和服オケ(ビッグバンド)のラプソディーに、Aオケのラフマニノフ。ラプソディー、振り付けつけて振りぞでおそろいの黒を着て弦楽器まで踊りまくるという凄いもの、なんにもすることないけど見ていてノリノリで楽器吹きたくなりましたよ!ラフマニノフ、玉木さんのピアノ演奏シーン、監督とスタッフ、演奏指導者の石岡さんたちと一緒にモニター見ながら全員で「かっこいい・・・」「うまい・・・」「ホンモノ・・・」とため息を漏らし続けました。のだめちゃんのピアノlessonも見てきましたが、マンガと同じく、背中から火が燃えてました。ラフマのぶっぱやいバージョン、録音も凄く良くできているし、のだめちゃんの演技、まさに本当ののだめです。お楽しみに。玉木さん弾いたラフマをマングース着て客席の一番うしろに駆け込んできて聞くシーン、モニター未編集の撮影でも涙・・・なんという女優さんでしょうか。うちの娘にサインをお願いしたら、(スイングガールズ生徒手帳に・・)サインだけではなく長いメッセージまで書いてくれました。

2006/11/7(火) 午後 9:30 [ 茂木大輔 ] 返信する

顔アイコン

さらに誉めておかねばならないのは水川さんで、コンマスぶりはもういよいよホンモノですね。竹中さんの前で拍だしをするためにオーボエの席の下に隠れていましたが、ほんとのコンマスの合図みたい。(ピアノのAを弾いて、オーボエ聞いて調弦、という手順をお願いした)オーボエ吹きたくなった。とにかくボウイング全部覚えているのでラフマのクレーンカット(上空からオケを通過して全員を撮ってゆく)ようなときでも映像に同化していて違和感なし。目配りもいよいよよくなってちら、とセカンド首席を見てから弾きだすとか・・ああリアル。

2006/11/7(火) 午後 9:41 [ 茂木大輔 ] 返信する

顔アイコン

しかし一昨日、昨日の撮影きつかったです・・・前日ガーシュイン10時すぎまで撮って、川越宿泊。昨日は朝の8時集合して終ったの11時前。誰もオンエアが見られなかった・・・もぎぎは、竹中さんの「拍だし」(目の前で振っていること)を頼まれていたのですが、興奮しすぎてしまい、竹中さんが演技に集中できない・・・と、監督に午後から若手の指揮者さん(東京音大の天才コンビ:和田君と松井君>将来注目の才能デス!)と交替させられてしまいました(泣・笑)・・・竹中さんの「自分の芝居に集中したい」というお言葉を重く受け止めて、夕方からはモニターの前でちっちゃくなっていました。おれすぐ興奮して大きな動きしてしまうので内心ジャマだったんだろうなあ・・・と、恥ずかしくてたまりませんでしたです。竹中さん、監督(6時間も押したのに休憩もしないで、すごい集中力でした)ゴメンナサイ!!(エキストラ観客の人見ていたと思いますよ)自己嫌悪で昨夜は深酒していちんち寝ていました・・・

2006/11/7(火) 午後 9:50 [ 茂木大輔 ] 返信する

顔アイコン

今回は実はスケジュールきつくて、竹中さんの指導は3日と現場で必死でしたのですが、今回さらに表情、目配り、両手の処理など向上していました。和田君が事前によい指導をやっていてくれたので拍だしも和田君ご指名だったそうです。お楽しみに。最後に梅田さんが(ホンモノの指揮者:この方を差し置いてもぎぎが指導しているのも悪いなあ・・・と思っていたので交替は余計身に応えた!)が貴重な決めのアドバイスをして、監督も全面的に信頼して最後のカットでは梅田さんが正面で拍だし。さすがのキビキビです。もぎぎももっと勉強して経験を積んで、信頼関係を作れる指揮者に近づきたいなあと思いましたデス。実は昨日放映の4話、もぎぎは現場行けませんでした(のだめコンサートのため)ですので、楽器上げも千秋の指揮もみんな僕の成果ではないんですよ・・・でも、番組がリアルで成功してくれれば嬉しいのです。また見て下さいね!

2006/11/7(火) 午後 9:50 [ 茂木大輔 ] 返信する

顔アイコン

この玉木君のお話、先日教えてくださいましたね♪ お返事書く前に煙のように雲隠れされました。まるで忍者のようなすばしこさです。サスガです。おかげで放映されたのを観た時の「あれっ?」が解消されました♪ ありがとございます。DVDの分は修正されるなんてホント貴重ですよね。いつも音大時代の友人と「あのドラマ、ホントよくできてるけど、音楽の面でお金かけすぎだよね(@@) ちゃんと元取れてるんだろうか!?」なんて下世話な話に花を咲かせてます(笑) 写真のマングース、いよいよ来週の登場かな? リアルマングース、楽しみすぎです。わたしもかぶりたいデス〜〜♪ 削除

2006/11/7(火) 午後 10:04 [ klavierchan ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事