もこ60のオーディオ+楽しい空間

大金をつぎ込まなくとも、心に染みる音楽再生は可能です、自作こそシステムの理解を深めよりよい音の最短距離に有ると思います。

全体表示

[ リスト ]

クロスカブ 冬仕様

イメージ 1

イメージ 2

今日は温かい一日でしたが、これからの寒い季節に備えて
クロスカブに防寒対策をしてみました、

まずは定番の、グリップヒーター、以前プロカブに付けたグリップヒーターは
発熱体の厚みのせいかグリップが太く成るのが不満でした。
それでも寒さには敵わず今回もグリップヒーターの導入と成りましたが、
実際取り付けてもらうと以前とは違いグリップの太さがノーマルと同じなのは嬉しい誤算でした
これにハンドルカバーを取り付ければ無敵なのですが、このクロスカブには付けたく有りません、
寒い朝にテストしてみますと、ナックルガードが意外に良い仕事をしているようです、
ウインターグローブ+ナックルガードでは手の甲は良いのですが、手の平側が冷たいグリップに
熱を奪われてかじかんできます、ウインターグローブとは言え、甲側には断熱材が入っていても
平のほうはほとんどノーマル手袋と変わらぬ作りのために断熱効果が無いせいです、
走りながらグリップヒーターをオフにするとみるみる手が冷えてきます。
ただ雨の日には手袋が濡れない効果がハンドルカバーにはあるので見た目を気にしなければ
迷わずにハンドルカバーを推薦いたします。

もう一つの防寒対策
カブのスタンダードとも呼べる風防にはタレというモノが付いています
風防の下側からの風の流入を防ぐすぐれものですが、風防も含めいかにもゴツくてださいです、
クロスカブに取り付けた小さな風防に違和感が出ない程度の控えめなタレを作成してみました、
最初は軽い発泡ウレタンゴム3ミリで作って見ましたが、強度的に問題が出そうで
2ミリラバーで作ってあります、フックで掛けてあるだけなので取り外しは簡単です。

この記事に

開く コメント(4) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事