女の目から見た SPORTS新聞

スポーツが好きな私が自分勝手なコメントを載せます。コメントは ちょっと(かなり?)きつめです。それでもよい方だけごらんください。

全体表示

[ リスト ]


  『豚もおだてりゃ木に登る』

 そんな言葉がぴったりの

 今の古館ですね。

 頭がいいと勘違いしているのでしょう。

 それにしても、情けない

 やはり彼にはスポーツ中継が

 ちょうど良いのでしょう。

 早く消えてほしい!!!

イメージ 1


  25日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で司会の古舘伊知郎氏が、自動車事故を「通り魔」に喩える一幕があった。

番組では、25日の大坂市中心部の阪急梅田駅前の交差点で乗用車が暴走し、横断中の人をはねた後に花壇に突っ込んだ事故を取りあげた。

この事故で20〜70代の男女10人が巻き込まれ、そのうち50代男性が搬送先の病院で死亡し、そのほかにも20代女性が意識不明の重体、35歳男性が頭蓋骨骨折するなどの被害が出ている。事故車を運転していた奈良市の会社経営者・大橋篤さん(51)も病院に搬送後、死亡している。

事故当時、大橋さんは意識を失っていた可能性があり、身体からは薬物摂取や飲酒などは確認されていない。知人男性の話では、大橋さんは健康に気を使い、持病などの話も聞いたことがないという。

番組では現場と中継をつなぎ、富川悠太アナウンサーが現在の様子を伝えた。スタジオの古舘氏は、この事故について「昼時、人生の1コマとしてそこを歩いている方のなかでいきなり通り魔に遭うようにして、巻き込まれて亡くなってしまう」「たまらなく気の毒でつらいですよね」と富川アナに呼びかけた。

すると富川アナは「一瞬にして未来が奪われてしまうのは被害者もそうですし、事故を起こした本人にも言える」とコメントし、古舘氏の言葉を補足していた。なお、一部報道によると、大橋さんは病院への搬送時、大動脈解離の症状がみられたという。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事