森は文明の前にあった。砂漠はその後にやって来る。

ワイエルフォレスト株式会社 山本亮の 一言ブログ。

気になるニュース

すべて表示

アース・オーバーシュート・デイ

昨日8月8日に、National Geographicにアース・オーバーシュート・デイに関する記事が掲載されていた。
以下、簡単に日本語に翻訳して内容を紹介したいと思う。

イメージ 1


National Geographic 記事原文

********************
史上最も早く訪れたアース・オーバーシュート・デイ(*1)

2016年、アース・オーバーシュート・デイは8月8日
8月8日現時点で我々は、地球が2016年の間にまかなえる天然資源を使い果たしてしまった。
一見すると今日と明日では何も変わりがない様に感じられるが、
実際は地球の供給能力を使い果たしてしまっているのだ。
オーバーシュート・デイは目前に立ちはだかる問題に対する危険信号である。
今年は、去年の8月13日よりも5日、一昨年の8月13日よりも11日も早まっている。
(1993年のオーバーシュート・デイ、10月21日よりも3か月弱早まっている)

アース・オーバーシュート・デイは地球の環境リミット内での経済活動をサポートする
ツールメニューを用いた指針や方法論基準の開発・研究を行っている国際的シンクタンクの
グローバル・フットプリント・ネットワークによって毎年設定される。

グローバル・フットプリント・ネットワークは、
人類のエコロジカル・フットプリント(*2)を満たす地球の環境収容能力の日数を算出していると
自身のホームページで公表している。

活用できる資源の枯渇
オーバーシュート・デイ以降は、地球環境銀行口座の利子を全部使い果たしてしまい、
口座の資本金に手を付けているような状態に似ているという。
つまり、我々は現在地球が提供してくれる資源に依存しすぎているため、
年々我々が使える資源は減少しいるという事だ。
森林減少、海の魚の減少、生産性の高い土地の減少。
我々は不相応な勢いで世界の貧困に向かっているのだ。


このままの人口でいくと必要になる地球の数
イメージ 3

それぞれの国民の需要を満たすために必要になる国の数
イメージ 2


*1:アース・オーバー・シュート・デーとは

*2:エコロジカル・フットプリント
地球の環境容量を表している指標で、人間活動が環境に与える負荷を、
資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な面積として示した数値。

********************

330日放送アジアへの扉は、こちらから
 
ワイエルフォレストについては、こちらから
http://www.ylforest.co.jp/
 
インドネシアブログは、こちらから

その他の最新記事

すべて表示

今週末、国際協力をテーマにした野外イベントが能古島で開催されます。 九州を拠点に様々な分野で途上国支援を行う団体や企業が 各国の料理やグッズの販売、活動の説明、コンサート等を行い、弊社もブースを出展します。 以前マングローブの歌を作ってくださった中嶋晃子さんも 10日(日) 12:40〜13:10に会場でライブをしてくださ ...すべて表示すべて表示

社名変更のお知らせ

2015/4/13(月) 午後 1:46

ご報告が遅くなりましたが、 平成27年4月1日に ワイ・エルビルディング株式会社と株式会社ワイエルインベストを統合し、 ワイエルフォレスト株式会社に社名を変更いたしました。 また、社名変更に伴い、私、山本亮は今回代表取締役社長を辞し 代表取締役会長に就任いたしました。 ...すべて表示すべて表示

2015年

2015/1/6(火) 午後 1:54

2014年は「異常気象」という言葉を何度耳にした事だろうか。 地球温暖化の影響が顕在化した1年だった。 その影響を受けた人間も、現状に対する危機感が増し、環境に対する意識が高まった1年であった様に思う。 2015年。昨年の異常気象を踏まえ、より多くの方々が行動を起こし大きく前進できる様、 弊社も昨年以上に前進 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事