MotoGP-Inf

これから今年のレースデータを更新します。 暫くは混乱しますがご了承ください。

バイクの漫画、DVD

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

第2弾 熱風の虎

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 第2弾 熱風の虎

 集英社の少年ジャンプ 「熱風の虎」 1〜5巻 村上もとか
 1975年〜 

 内容は 大番寅吉の子供 大番虎一が松平財閥が経営する松平オートバイのテストライダーにチャンレンジするが親父の必殺技サイドワインダー走法を出し、不採用となる。 その後は天才エンジニア鍋島小助に出会い再び、レースの世界へ。 その最初の段階でサイドカーレースにチャレンジ。 最後はレースで世界の名車モトグッチ、MVアグスタ、ドカティ等が登場します。 その中にはバンビーンのOCR?ロータリーエンジン(添付写真)などあります。 サーキットの狼のバイク版みたいな所がありますね。 バイクは結構綺麗に描かれていますので、私は好きですね。 75年〜なので、後からコミックのみで見ました。

 村上もとかの作品はその後の赤いペガサスも読んで、コミックを以前は持っていましたね。 それ以外には「六三四の剣」は見てました。

村上もとかの作品は
1972年、「少年ジャンプ」にレーサーの伝記をもとにした『燃えて走れ』を連載してデビュー。
その後、同誌に『空の城』を連載するが、10週で打ち切りとなり、それからまったく描けない状態が1年半続く。
1975年、「少年ジャンプ」に『熱風の虎』を連載。
1977年、「少年サンデー」に『赤いペガサス』、続いて同誌に1981年、『六三四の剣』を連載。『六三四の剣』は、1985年TVアニメ化される。
1982年、『岳人列伝』で第6回講談社漫画賞。
1984年、『六三四の剣』で第29回小学館漫画賞。
1986年、同誌に『風を抜け』を連載する。
1988年、「ヤングサンデー」に『獣剣伝説』、『NAGISA』。
1991年から、「ビッグコミックオリジナル」に『龍-RON』を連載中。
1996年、『龍ーRON』で第41回小学館漫画賞を受賞する。
2000年、『JIN-仁-』集英社スーパージャンプ18号より集中連載第3章。
2000年、『NAGISA』映画公開。2001年、ビデオ・DVD化。


 村上もとかのHPは
http://www.roy.hi-ho.ne.jp/motoka/

 このコミックはなかなか古本屋では無いですが、yahooのオークションには3つ程出ていましたね。

この記事に

開く コメント(3)

第一弾 万歳ハイウェイ

イメージ 1

イメージ 2

 それではシーズンオフの企画物としてバイクの漫画、映画の紹介を少しずつやって行きたいと思っています。

 第一弾はバイク漫画の王者「バリバリ伝説」からと思いましたが、それだと余りにもストレート過ぎるので色々と考え、邪道なところから攻めて行きます。

最初は
 講談社 モーニング 「万歳ハイウェイ」 1〜13巻 オサム&守村大 
 1986/12 〜 1988/12 (コミック本の発売時期)
 です。

 内容はバイク屋 「MOTO SHOP GORO」の社長 五郎が繰り広げるバイクと女性とのHを描いた漫画です。 貧乏なバイクショップの五郎が仕事もせずに毎日女性を求めてバイクに乗ってまわる?というストリーです。 毎回上手くはいかず、時には人間らしい結末も。 結構間抜けで、大笑い、現実には有り得ないところの多い面白い漫画です。 バイクに乗って、女性にもてるという夢のパターンですが、実際にはそんな訳には行かないですよね、皆さん。 女性はこの作者の好み?ポッチャリ系でボイン(死語)が多いです。 モーニングですからこの頃では少し大人の漫画です。 
 
 バイクの絵は結構しっかり書かれ、知識も良く知っていますね。 内容はいたって簡単。 しかし毎回乗るバイクが違い、ちゃんと描けています。 守村大のデビュー作と書いて有りましたが、そういう風には見えませんでしたね。 私はこの後の 守村大の「あいしてる」もコミックで買いましたが、今はもうありません。 また集めたいですね。

 守村大の作品は
 万歳ハイウェイ 1〜13巻
 あいしてる   1−26巻
 考える犬    1−16巻
 はるまげどん  1−3巻
 パラダイス   1−13巻
 など
  
 

この記事に

開く コメント(2)

 こちらはバイクに関する漫画、DVDを少しずつ紹介していきます。

 基本的にはバイクに関する、バイクの登場する漫画、映画、DVDなどを紹介していきます。

 特にカテゴリーは限定しませんが、バイクが登場、関係するものであれば何でも紹介していきます。

 みんなが少しでも楽しめるようにしていきたいと思っています。


 

この記事に

開く コメント(3)

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]


.


みんなの更新記事