知らないと怖〜い整骨院の話(Yahoo版)

整(接)骨院ではびこる健康保険詐欺は年間4千億円以上の医療費に!!

全体表示

[ リスト ]

当院HP
http://syugiryoin-otani.jimdo.com/

昨夜(4日)の読売新聞夕刊は、NPO法人理事長による「ズンズン運動-乳児死亡事故」は、1面と11面に大きく特集され、また、5日朝刊では、殺された赤ちゃんのご家族(お母さん)について記事が書かれている。

4日付夕刊にはNPO法人女性代表のインタビューが掲載されています。
イメージ 2


マッサージに似た独自の施術で、生後4か月だった男児を呼吸困難に陥らせて死なせたとして、新潟県上越市のNPO法人理事長・姫川尚美容疑者(57)が4日、大阪府警に業務上過失致死容疑で逮捕された。

イメージ 3
 


姫川容疑者は逮捕前、読売新聞の取材に複数回応じ、施術の危険性や死亡との因果関係を否定していた。主な一問一答は次の通り。

――施術が原因で男児を死亡させた疑いがある。どんな施術をしたのか。

「うつぶせにして体を押すなどのズンズン運動をしていると、それまでの泣き声が止まり、呼吸をしなくなった」

――首を強引にひねったと言われているが。

「乳幼児は首をほぐすと、どこまででも回す。無理やり動かすようなことはしていない」

――体を揺さぶることもあったようだが、乳幼児の体を揺らすことは危険では。

「医学的なことは分からないが、子供の体はゆがんで硬いので、揺すって緩めてやる必要がある」

――男児の死をどう思うか。

「突然死であればどうしようもない。私が原因なら申し訳ないとは思うが、いくつもの成功例があり、施術とは関係ないと確信している」

と語っている。

医学的な事も、子供の身体は歪んで硬いなどの嘘も、ここまで堂々と語るのは「カルトの教祖」とも思える。



>>今回の逮捕の切っ掛けになった赤ちゃんのご家族のコメントが5日朝刊に掲載されている。
イメージ 1



私たちは昨年息子を授かり、すくすくと育つその姿に毎日癒やされ、励まされ過ごしていました。息子の笑顔、眠る姿、寝返りができるようになって嬉(うれ)しくてたまらない様子でキャッキャッとたてる笑い声や、泣き声も……そのすべてが愛(いと)おしく、可愛くてたまらない、私たちにとって希望そのものでした。この先も、成長を見つめていけるものだと信じていました。


しかし、今回逮捕された姫川容疑者の施術により、わずか生後4カ月で息子を突然に失いました。一昨年の2月にも姫川容疑者の施術で赤ちゃんが亡くなったそうです。そのことを公表してくれていれば、息子をサロンに連れていくことは絶対にありませんでした。子どもの身体に危険が及ぶ行為をする姫川容疑者やサロンを信用してしまった自分達を責めない日はありません。事件から9カ月が経(た)ちますが、いまだに苦しみの中にいます。なぜ息子が死ななければならなかったのか、なぜ……と。


子育てサロン、ベビーサロンは赤ちゃんと親達が安心して過ごせる場所であり、安全なことのみが行われるものだと思っていました。ベビーマッサージ等の行為は無資格で広く行われていますが、私たち幼い子を持つ親にはそれが安全なものかどうかの判断がつきません。息子や私たちの苦しみを他のお子さんやご家族に味わわせたくありません。そのためには、姫川容疑者には真実を話してもらいたいと思います。また、ベビーサロンのような場所で同じことが二度と起きないよう、行政にも何らかの対応を検討していただきたいと思っております。


ご家族の心境を考えると、とてもやるせなく、そして、女性代表を生んだ背景を作った厚労省の「無資格施術者放置」に大きな憤りを感じる。

ご家族の方を責める声もネットで見受けられるが、この団体のHPを見れば、赤ちゃんの成長を願う親なら騙されても当然な程、親心に不安や期待を生む言葉が並んでいる。

赤ちゃんを育てた経験がある方なら、夜鳴きやかんの虫、急な体調の変化に驚き、うろたえた事は1度や2度あったはずだし、夜も眠れない状況になった事もあるだろう。

だからこそ「元気に無事に育って」という気持ちを持つのは当然であり、ご家族が、この団体を頼った事を責める事は出来ない。

今回の事故の背景には、世代を超えて育児が出来る環境が少なくなり、例えば、お母さんが、お婆ちゃんに赤ちゃんの事を相談出来ていれば、「ミルクを一杯飲んで、元気なら余計な事はしなくて良いよ」とか、「そんなに気になるなら小児鍼を受けてみれば?」などのアドバイスがあったかも知れない。

(注)小児鍼とは、様々な種類の鍼(といっても身体に刺すものではなく、ローラ鍼、鍉鍼(ていしん)などがある)を使い、皮膚表面に刺激を与える事で、夜泣き、かんの虫、風邪などの予防、自律神経の調整などを図る施術だ。
 
また、先にも書いたが、厚労省の「健康被害が無ければ無資格の施術でも問題はない」と、過去の判決(と言っても、実際には「(人体に)危険が及ぶ虞があるから無資格は禁止というのが仙台高裁確定判決であり、最高裁はそこに踏み込んでないから仙台高裁へ差し戻しただけであり、この判決を、無資格施術者(整体・カイロ、もむほぐし、リラクゼーション、ボディーケア等)側が「危険が及ばないなら無資格でも問題無い」と身勝手な解釈を行い、厚労省は黙認した事が、今回の死亡事故や健康被害が生んだのだ。

今、この事故の悲しみを後世に波及させない為にも、厚労省は「無資格者の施術」を禁止、または限定するべきだ。


◆ズンズン体操死亡事故/無資格施術者の死亡事故-NPO法人女性代表による「赤ちゃん整体死亡事故」記事は↓

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31627395.html

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31629136.html

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31632145.html

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31633687.html

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31634395.html

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31952875.html (最新) 

★このブログ主は厚労省が禁止する「頚椎スラスト法の施術他を受け、重大な健康被害を受けた方のブログです。  
 

「なんとなく脳脊髄液減少症・・・」
http://blog.goo.ne.jp/mysweetdaddy


(注)脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)とは、脳脊髄液が脳脊髄液腔から漏出することで減少し、頭痛やめまい、耳鳴り、倦怠など様々な症状を呈する疾患(Wikipediaより)


★医業類似行為・無資格施術による健康被害の実例-是非、一読を!★

マッサージ(電話確認済-揉みほぐし、リラクゼーション等の無資格を多数含む)
281件(35.1%)
整体・カイロ  350件(42.4%)
整骨院・接骨院 112件(13.6%)
指圧       27件(3.3%)
矯正       16件(1.9%)

より詳しくご覧になりたい方は↓を

●国民生活センターHP●


http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120802_1.html



☆日本臨床整形外科学会の「整骨院(接骨院)に公的保険を使うな!」の全文をご覧下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31856556.html



■厚労省回答集決定版-柔道整復師の免許だけでは「肩凝り、腰痛などの症状には施術出来ない」

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31211632.html



■保険者の皆様・・・柔整師の亜急性&類似損傷に療養費を払わない為に読んで欲しい医師の指摘
http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31722831.html



■是非、以下に該当する情報がある方は、↓のサイトのメールから情報提供をお願いします。

1:整骨院・接骨院で肩こり、腰痛などの生活習慣症状、精神性疾患(鬱、パニック障害)他、ケガ以外で健康保険を使っている方

2:医師の同意書が無いのに、マッサージ、鍼・灸の施術で保険を使っている方

3:通院回数が実際よりも多く保険請求されていた方(願:写真添付)

4:マッサージ、整体・カイロの回数券/定期券を使って健康保険も使っている方

5:その他、無免許者による施術、健康被害、違法看板等に関わる話がある方

など。



■整骨院不正請求情報ポスト■

http://www.geocities.jp/fuseisei9dame/


★当院が取材協力(資料・情報提供・情報提供者紹介)を行なった読売新聞社会面「整骨院健康保険不正請求」(H25年6月13日)特集記事です

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/30619025.html



●上記記事の全文です

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/30621248.html


●週刊女性「死を招く!?実は危険なマッサージ」(当院協力)

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31742471.html



●朝日新聞に掲載された「整骨院、自賠責保険不正請求」


http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31250991.html



●(自動車等の)自賠責保険も整骨院不正請求の温床に

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31151722.html



●週刊朝日「マッサージ、整体の健康被害が続出(当院取材協力)


http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/30997970.html




●週刊朝日「大丈夫?あなたの通う接骨院」(当院取材協力)


http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31203118.html




●読売新聞「接(整)骨院 違法広告が横行」 療養費不正請求の懸念

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/31295979.html



☆mixiコミュ「柔道整復師 百害有って一利なし」参加者募集!

http://mixi.jp/view_community.pl?id=6210217


●整骨院・接骨院で「捻挫、打撲、脱臼、骨折、挫傷」の怪我以外で健康保険を使った事がある方。

●整骨院・接骨院で施術を受け、健康被害に遭った方。

●整骨院・接骨院で勤務経験があり、不正行為の実態を見た経験のある方。

などの方は、是非参加してコメントを残して下さい。


 ★読売テレビ「ten!」で放送された整骨院不正請求映像です。
全部で20分以上のの映像になっており、長時間になりますので、読売テレビの高岡解説委員のコメント部分を紹介します。是非、ご覧下さい。

(3)
http://www.youtube.com/watch?v=tLbNlvvvYSg

(1)、(2)はYou tubeにてご覧下さい。


★整骨院の不正請求に健保組合が怒りの制裁(超オススメ!)

過去にTV報道された映像をご覧下さい。また、コメンテーターの方々の意見も是非、参考にして下さい!!


http://www.veoh.com/watch/v17470111QY6egAw3

http://gogoueda.exblog.jp/ ←(↑の映像後にどうぞ)


★不正請求が多発するワケ…接骨院業界の討論会で見たり

http://www.veoh.com/watch/v16675565rEaPP2Xj



★整骨院の不正請求を通報したい方は↓

●近畿厚生局 HP上にある「ご意見・ご要望 、お問い合わせ(ご質問)」から


http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/

(各県にも支部があるので、そちらへもどうぞ)

厚労省HP

http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/sanka/koe_boshu/




●大阪府 福祉部 地域福祉推進室 指導監査課

メール お問い合わせ

https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input.do?tetudukiId=2012100014

電話:06-6944-6682 06-6944-6660
FAX:06-6944-1982

その他、各市町村国保、加入されている健保組合への通報先は各自でお調べ下さい。



●整骨院・接骨院の不正請求撲滅の声を届けましょう

社会保障制度改革国民会議 御意見募集(個人用)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokuminkaigi/goikenbosyu_kojin.html



★厚労省が認めた「医業類似行為に免許は必要だ!」(最後の2分に回答あり)


http://www.youtube.com/watch?v=HjkG6rcxx4s&feature=youtu.be



★とくダネで放送された「整骨院不正請求」の映像がyou tubeにupされていましたが削除されました。

再UP御願いします。

放送内容は

http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39/30837698.html


★整骨院の不正請求報道や、国民生活センターで報告された「マッサージ・整体・カイロなど」の施術による健康被害報告など、多数の資料を以下でご覧になれます。

↓(資料館をクリック)

http://syugiryoin-otani.jimdo.com/




◎整骨院不正請求は、国保・後期高齢者医療制度が圧倒的に多いという事実が、以下のデータでご理解出来ます。是非、ご覧下さい。

=全国保険医団体連合会-平成19年度=

整形外科診療所 入院外レセプト   
5820万件中、捻挫打撲全体で360万件(6.1%)
三部位以上の捻挫打撲は9万件(2.4%)

柔道整復 レセプト   
3700万件中、捻挫打撲全体で3680万件(99.2%)
三部位以上の捻挫打撲は1870万件(50.5%)


★企業健保組合の3部位以上の都道府県別構成(平成23年4月〜9月)

多い県

奈良県 1部位(5%)  2部位(66%) 3部位(29%)
福岡県    (8%)     (67%)    (26%)
大阪府    (6%)     (68%)    (26%)
徳島県   (10%)     (69%)    (21%)

少ない県

愛媛県 1部位(34%) 2部位(63%) 3部位(3%)
宮崎県    (34%)    (61%)    (5%)
山形県    (38%)    (56%)    (6%)
青森県    (25%)    (68%)    (8%)

平均 1部位(15%) 2部位(67%) 3部位(18%)



★国保・高齢者医療制度加入者の三部位以上の捻挫・打撲(厚労省22年度)


大阪府 74.5%(79.5%)
徳島県 72.4%(77.6%)
奈良県 65.4%(76.9%)
兵庫県 62.0%(78.1%)

岩手県 15.6%(19。0%)
山形県 18.3%(23.6%)
青森県 20.2%(26.3%)
愛媛県 21.6%(24.0%)



上記データを見ても、3部位以上で柔道整復師を受診したと推計される1.860万件は、整形外科を受診した9万件の約200倍となり、柔道整復師の請求の50.5%が3部位以上であることは、如何に「整骨院内で不正な請求」が行われているか判る内容になっている。

また、健保組合での三部位以上の捻挫・打撲率も、審査の甘い国保・後期高齢者医療制度が圧倒的に多く、整骨院が狙い打ちしている事も判ります。


知らないと怖〜い整骨院の話(Yahoo blog版)
http://blogs.yahoo.co.jp/motorboy39

続:知らないと怖〜い整骨院の話
http://plaza.rakuten.co.jp/sirakowa/

旧:知らないと怖〜い整骨院の話
http://plaza.rakuten.co.jp/sirakowaseikotsu 

この記事に


.


みんなの更新記事