ここから本文です
趣味一筋30年〜オオクワガタブリーディングを楽しんでいます!
ご訪問ありがとうございます。コメント不可につきご訪問の足跡として「ナイス!」残して頂ければ嬉しいです。お友達+ブログリンクも含めお付き合いヨロシクお願い致します。

イメージ 1


朝から警察署??本日は免許証の更新です(笑)本業の関係で福島警察署や交通安全協会さんには普段からお世話になっています。大阪市中央市場の所在地は福島区で福島警察署のご近所です(笑)

イメージ 2


イメージ 17


もちろん講習も別室で1時間しっかり受講〜交通ルールは今更ですが自転車のルールや事故の話は知っておく方がいいですね。

イメージ 3


歩道でよく見かける標札ですが意味はご存知でしょうか?僕は本日の講習で知りました(笑)

イメージ 4



● オリジナル純血種作出計画/Yahoo!ブログversion

イメージ 5



● 今シーズンの大本命??MOTO/SP系統Kライン 産卵セットから6日経過〜3♀共にバリバリ産卵木をかじっています(笑)

イメージ 6


先日18日に産卵セット開始しました。

イメージ 7


6日経過〜本日の様子

A♀

イメージ 11


イメージ 8


B♀

イメージ 12


イメージ 9


C♀

イメージ 13


イメージ 10



● 種♂久留米83mm×ちなみ系統爆発ライン/超特大♀

イメージ 14


イメージ 16


イメージ 15



MOTO/SP系統Kラインの種♂はヒロインターナショナルさんから頂いた1頭のみとの交配です。卵や幼虫はまだ先ですが普通に考えれば産卵確定=種アリ確定!ですね(笑)

この記事に

ご訪問ありがとうございます。コメント不可につきご訪問の足跡として「ナイス!」残して頂ければ嬉しいです。お友達+ブログリンクも含めお付き合いヨロシクお願い致します。

イメージ 1


早朝から米袋が到着??もちろん「お米」ではなくオオクワガタの通常管理用のスギ・ヒノキ100%飼育マット「粗粒+乾燥」使用感も良く気に入っています(笑)

イメージ 2


イメージ 17


イメージ 21



グローバルさんからも菌糸ブロックが到着〜今週末はプリンカップ&久しぶりにラストスパート用の仕上げボトル作成です(笑)

イメージ 10


イメージ 9


イメージ 11



●オリジナル純血種作出計画/Yahoo!ブログversion

イメージ 12



● 羽化までカウントダウン〜通常の人工蛹室から羽化不全を回避する為に二段パターンに切り替えました。

イメージ 20



ちなみ系統ボトル4本目期首体重36・5g/
完璧にパターンにハマった優良個体〜サイズはもちろん体型的にもかなりの個体ですね(笑)

イメージ 3


人工蛹室は得意中の得意!過去、水分量や温度など色々なパターンを試した結論として「触らぬオオクワガタに祟りなし」このクラスの蛹は完全に羽化するまで触らず放置するのが一番ですね(笑)

イメージ 14


イメージ 4


イメージ 5


通常の蛹室→蛹室を二段+クッキングペーパーでズレないように固定+アングルの最上段にそっと置いておきます。ちなみに羽化予定は2/27です!

イメージ 15


イメージ 16



● MOTO/SP系統NラインH28ver〜ラストスパートです。Vol.2

イメージ 6


イメージ 18


イメージ 19


イメージ 13


低温休眠期間は約2ヶ月〜冬期を与えるというかカブトムシ的な飼育はオオクワガタを初めてからの数年だけでほとんど温室での常温パターンでした。

イメージ 7


常温(温室)パターンか?休眠パターンか?何れにしても当方の目的は可能な限り羽化不全やセミ化を回避できる飼育パターンの確立です。

イメージ 8

この記事に

ご訪問ありがとうございます。コメント不可につきご訪問の足跡として「ナイス!」残して頂ければ嬉しいです。お友達+ブログリンクも含めお付き合いヨロシクお願い致します。

イメージ 1


イメージ 2


ちなみ系統ボトル3本目期首体重30・0g〜上翅ぴったり本日(2/22)も完品羽化1頭プラスですね(笑)

●2/22の様子〜ボトル2本の早期蛹化パターンから特大♀も次々と蛹化しています。

イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


早期羽化パターンではなくボトル4本目800ccパターン〜キレイな蛹室+菌糸状態も良さそうなので人工蛹室に移動する必要はなさそうですね(笑)

イメージ 21


800ccとはいえ4本目ボトルにつきそれなり以上ありそう??経済的ですね(笑)

イメージ 23


イメージ 22



●オリジナル純血種作出計画/Yahoo!ブログversion

イメージ 17



●MOTO/SP系統Nラインコーナー/いよいよH28verもラストスパート〜順次最終ボトルに交換していきます。

イメージ 3


上段・・・最終となる4本目ボトルに交換した幼虫です。

イメージ 4


蛹化を誘発する意味も含め最終ボトル交換の棚には普段は光が当たらない様にカバーしています(笑)

MOTO/SPコーナー

イメージ 18


ちなみ系統コーナー

イメージ 19



当方の飼育パターンとして3本目ボトル期間は約3ヶ月〜を目安に最終ボトルに交換します。

イメージ 6


本日は右の2頭を交換します。

イメージ 20



11/20〜28ロッドも近いうちに交換することになりますが特大幼虫+居食いタイプが多いので緊張しますね(笑)

イメージ 5



●外見上は菌糸の状態も良く見えますが前蛹〜蛹〜羽化までの期間約2ヶ月を加算すると??蛹化を誘発する意味も含めボトル交換はこのタイミングです(笑)

イメージ 7


● 2/11投稿のキノコ除去ボトルを使用します。

イメージ 10


イメージ 9


本日の様子/約10日経過〜キノコはもちろん無し!菌糸もキレイに再生していますね(笑)

イメージ 11


34・8g→35・6g

イメージ 12


33・0g→34・5g

イメージ 13



ちなみ系統は理想体重まで落とす意味も含めワンテンポ遅らせての最終ボトル交換〜理想体重が不明のMOTO/SP系統は通常通りのタイミングで特大個体を狙います。

イメージ 8

この記事に

ご訪問ありがとうございます。コメント不可につきご訪問の足跡として「ナイス!」残して頂ければ嬉しいです。お友達+ブログリンクも含めお付き合いヨロシクお願い致します。

イメージ 1


人工蛹室に移動は得意のパターン〜右の蛹が完品羽化(2/19)左の蛹は羽化直前でした。

イメージ 2



本日(2/21)左の蛹も無事に羽化しました!ちなみ系統の飼育パターンを把握〜今シーズンは本当に調子がいいです(笑)

イメージ 3


イメージ 17



●オリジナル純血種作出計画/Yahoo!ブログversion

イメージ 14



●久しぶりにマットプレス機の登場〜クリアボトルにマットを超固詰めバージョンは幼稚園や小学生に頼まれている観察用の準備です(笑)

イメージ 4



旧式のプレス機につき3枚の板を上手く使って固詰めします(笑)

イメージ 6


イメージ 5


イメージ 7


イメージ 16



レバーの曲がりからもかなり使い込んでいるのが分かるでしょう(笑)

イメージ 15



潔癖症につきマットや菌糸を詰めるより消毒や掃除の方に時間が掛かります(笑)

イメージ 13



●クリアボトルはあまり好きではありませんが小学生の観察用にはやっぱり透明の方が親切ですね。入れる幼虫は??低温休眠中の幼虫から完品羽化を前提にそれなり(80mm)以上を期待できる幼虫をセットします!そういうのは得意中の得意です(笑)

イメージ 8



●現在では既製品の菌糸ボトルを使用していますが昔はオリジナル菌糸ボトルの開発にハマりました(笑)

イメージ 9


ずいぶん昔のことですがオオクワガタに最適な菌糸ボトルとは??というコンセプトで何度も何度も試作〜検証を繰り返しついに完成したオリジナル菌糸ボトル「二層式モダンタイプ」大夢のオーナーさんにはずいぶんお世話になりました(笑)

イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

この記事に

ご訪問ありがとうございます。コメント不可につきご訪問の足跡として「ナイス!」残して頂ければ嬉しいです。お友達+ブログリンクも含めお付き合いヨロシクお願い致します。

イメージ 1


本日(2/20)期待大?コーナーからすでに羽化している♀1頭を取り出しました。理由はキノコが気になるからですが・・・予想通りバリバリの優良種♀候補〜連続完品羽化継続ですね(笑)

イメージ 15


イメージ 17


イメージ 18


イメージ 16



●オリジナル純血種作出計画/Yahoo!ブログversion

イメージ 19



● 2/19のオオクワガタ/ちなみ系統の理想体重はズバリ35g〜ボトル3本目期首体重によっては安全体重までダイエットしてからの最終ボトル交換を実践しております。

イメージ 2


● ダイエット=意図的にボトル交換を遅らせ暴れさせることで体重を落とす〜という意味です。3本目ボトル期首体重38gUP→羽化不全orセミ化を回避する為にダイエットします。

イメージ 3


当方のブリーディングルームに似合わない雰囲気の菌糸ボトル・・・正直、こういう不潔なボトルは生理的にダメですね。

イメージ 4


38・8g→32・9g

イメージ 5


38・6g→31・7g

イメージ 6


ちょっとダイエットしすぎた感もありますがボトル4本+30gUPならそれなり以上は十分期待できます。羽化不全の85mmUPやセミ化幼虫の40gUPより完品の80mmですね(笑)

イメージ 7


● 3本目期首体重が理想的な35g→通常通りのタイミングで最終ボトル交換〜ちなみ系統において大型個体を狙うパターンです!

イメージ 8


35・8g→36・0g

イメージ 13


35・0g→36・5g

イメージ 14



ボトル4本目期首体重もバッチリ!ボトル交換で蛹化を誘発できれば菌糸状態も完璧!もちろん超特大を期待していいレベル〜このパターンで羽化不全なら仕方ないと思えます。

イメージ 9


イメージ 20




● 3本目ボトル期首体重としてはいい感じですが3本目で羽化すれば良くてそれなり以上〜これまで羽化不全やセミ化を嫌というほど経験してきた一人として完品&それなり以上がいかに素晴らしいかを知りました。

イメージ 10



● MOTO/SP系統Nラインコーナー上段は最終ボトルです。Nラインの理想体重は???かなりのサイズが多いので期待も大きいですが羽化不全orセミ化も心配です。

イメージ 11


イメージ 12

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事