60おじさん!Part

マイペースでやらしてもらいます!
本年の「奥長良トライアルIN鷲が岳」に初めて参戦した経緯をお話ししましょう。
昨年10月に淡路で開催された「全日本四十雀トライアル大会」に於いて最高の優勝を頂きました!
大きなトロフィーは持ち回りになっていまして、今年の大会の前夜祭で返還する事に決まっています!
イメージ 1

今年の「全日本四十雀トライアル大会」は今回の「奥長良トライアルIN鷲が岳」の会場で開催が決まっています
まだ一度も足を運んだことのない、伝統になりつつある「奥長良トライアルIN鷲が岳」に参戦したことが無いという事をコメントしましたら、中部地方のレジェンド伊藤静男氏が日帰りでも参加できる距離ですから「是非お越しくださいと、四十雀参戦の為にもと」暑いお誘いを受けました!
私より丁度10歳年上の日本のモーターサイクルレジェンドです!
イメージ 2

楽しい「奥長良トライアルIN鷲が岳」も終わり、同行の波田RACINGファミリーのメンバー達と温泉に入り郷土料理に舌鼓を打つため現地に、もう一泊!岩魚尽くしや美味い物とお酒を堪能いたしました!
それもそのはず、このメンバーたち人呼んで「神戸温泉同好トライアル会」と言う別名が有るらしい?(^^♪
私が今回至れりつくしで二泊三日を楽しく過ごされたのも、最高責任者の広内の他このメンバーたちのお蔭です
この場を借りて御礼申し上げます。
イメージ 3

そして翌朝還暦を過ぎているメンバーたちは、朝が早い!
時間を調整して決めたのが、今回の大会主催会長の小酒井紀夫氏が主宰する「cafe AGUSTA」への訪問と言う事に決まりました。
そうと決まれば行動が早い、一路郡上市明豊奥住に向かって出発!
小酒井氏が忙しい中歓迎して顔を出してくれまして記念写真パチリ!
イメージ 4

店内にはご自慢のMV AGUSTAをはじめトライアル車等綺麗に展示されていました。
また奥にはCB92も置いていましてマニアにはたまらない風景で有る事間違いなしです!
イメージ 5

ヤマハが見えませんでしたが、KawasakiKT-250 スズキRL-250 ホンダバイアルス250が真ん中に。
イメージ 6

AGUSUTAの赤い看板が目印の橋を渡れば目の前です。
カフェー裏の下に降りて行くと、何と言う事でしょう!本物の清流が。
イメージ 7

そしてバーべキュウテラスが!ここで釣りあげたり、掴み取りしたアマゴを頂けると言う事になっていました!
イメージ 8

更にカフェー前の山腹には、それどれサイズの違うコテージが4棟散らばっていました!
イメージ 9

ほんとに何も言う事なし完璧な状態が保たれていました!
小酒井さんお忙しい中、御馳走にもなってしまい申し訳なく、ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

郡上八幡発ロイターによりますと?今回の「奥長良トライアルIN鷲が岳」は史上初の参加者数を記録した模様です。
標高1500メートルの広大な鷲が岳スキー場のゲレンデを最大限生かして作られたコースは、何キロになるでしょうか?
その中に10か所のセクションがプレ75クラスとエンジョイクラス、そしてチャレンジクラスとスーパーチャレンジクラスの二通りの設定である。
即ちセクション製作数は実に20か所である、それぞれのクラス別に10セクション2ラップの合計20セクションで楽しみつつ、吹き出す汗と戦いつつ、またチーム員同士の減点争いに負けず!トータル合計減点数が少ない者が上位になるという仕組みが、トライアル競技がメンタルなスポーツと言われるゆえんである!

8/6土曜日、早めに到着!初めて観る鷲が岳スキー場のフロント&パーキングエリア。
イメージ 1

旧友の静爺こと、伊藤静男さんと一番に再会しました。
イメージ 2

OBライダー達はグルメライダーでもあります!地元ご自慢の郡上料理に舌鼓を打つ連中たち。
イメージ 3

お宿の娘さんがまた可愛いので皆さんお酒も進みます!
イメージ 4

こんなに大きい茄子を二つ割の上に、郡上味噌をのせ、そのまま時下炭の上で焼く、豪快かつ繊細なたまらないお味でした!
イメージ 5

そしてぐっすりお休みし、翌朝お宿を出発前に記念スナップ、いよいよスタートが始まります!
イメージ 6

私がエントリーしたのは1975年以前の生産車で競われる「Pre75」クラスでした。
イメージ 7

例のごとく、走ってる写真は有りません!早々に表彰式です、早くも金を獲得いたしました!
イメージ 8

ご声援ありがとうございました。「生まれて初めて超気持ち好い!」?
イメージ 9

取り敢えずこんなところで今日はおしまいにします!"(-""-)"

この記事に

開く コメント(7)

いよいよ明日「奥長良トライアルIN鷲が岳」に出発します。
クラブ員が気を使ってくれまして、ハイエースに便乗で参戦いたします。
そのライダーも、還暦をとっくに済ましていますが、国際B級の現役ライダーです。
皆トライアルを止められない病気にかかっているようです?
明日午前中に出発いたします。

本日の仕事も終わり、準備が出来てるKawasaki KT330と隣にはBSAスピットファイアーも写っています!
イメージ 1

もう少し引いて写しましょう!
イメージ 2

最近店に良くスズメバチが飛んでくるなー!
と思っていたら、ナント裏のお家の花壇に少し小さ目ではありますが立派なスズメバチの巣を発見したそうです!
イメージ 6

最初は遠巻きに、うちの軽トラPからでしたが、今度は近づきました!
判りますか?
イメージ 3
これくらい近づけば見えますでしょう!
イメージ 4
更に近づきました!緊張でズームを忘れ、標準で近づいたことが後で判りました(@_@。
イメージ 5

水槽のエサやりや、花壇農園?の水やりなど終業時は大変です!
イメージ 7

大汗をかいた後のビールは格別です!私は誰かさんの様にサッポロだ・アサヒだ!なんて言いません出来れば健康のために糖質を抑えているのが良いとチョイスしています。

この記事に

開く コメント(6)

大変お騒がせ致しました!本日試行錯誤の結果無事に完ぺきに取り付け完了いたしました。"(-""-)"
何の事ない、角度やら、捻りやら嗚呼でもない、こうでもないと試行錯誤しましたら上手に取り附きました!
製造発売元の「カラーズインターナショナル」様にもご迷惑おかけしました。

左前方から。
イメージ 1

右側面から。
イメージ 2

一番難しい悩んだ部分がこの辺りでした!
イメージ 3

ピントが合ってませんが、タンデムサポートアダプターも取り付け、マフラーバンドもバッチリ!
イメージ 4

後方からも、サスペンションに触れていません。
イメージ 5

重いSTDコンプリートです。
イメージ 6

排気デパイスとサーボモーターに伸びる2本のワイヤーケーブル。
イメージ 7

これでユーザーに納められます。(^^♪

この記事に

開く コメント(1)

私は仕事上の事は、ほとんどと言って良いほど投稿したことが無い!
今日は特別に投稿いたします。

先般、Kawasaki ZRX1200DAEGの当店ユーダーよりチタンフルエキゾーストマフラーに取り換えたいとの希望が有り、そこで予算の都合もあり、ヤフオクで物色することになった!
グッドタイミングで、ストライカーオールチタンの展示取り付け使用品が出品されていました。
当然新品同様品で高額入札が乱発しましたが、無理して高額落札に成功いたしました!

ユーザーに入庫してもらい、台車で帰ってもらい、ゆっくりと取り換え作業をする事にしました!
何故なら梅雨の最中です、雨が降れば作業はしない当店です、日にちが必要なのです"(-""-)"

でも仕事は確り済まさないと、と思い作業にかかりました。
先ずはノーマルマフラーを、ごっそり取り外しました。
テールカウル内に設置されてる排気デバイスサーボモーターから、2本のワイヤーケーブルを取り外します。
あと排気センサーも取り外します。

最高に素晴らしい作りの良いEXパイプを仮付けしました!
イメージ 1

そして次に集合部4in2をセット
イメージ 2

ステップバーの下辺りが狭いようです!
イメージ 3

Bペダルとマスターシリンダーの連結部に当たる、パイプ上面に接触痕がありました!?
イメージ 4

可笑しいと思ってたら、案の定サイレンサーが装着できません!リヤサスに干渉します、前部の組み付け順は間違ってない筈、差し込んだ状態でスプリングも嵌って梱包されて来ましたから!
イメージ 5

各部品の寸法写真を撮りました。
イメージ 6

この状態で蚊取り線香で排気検査を行ったのではありません!環境が良くないので蚊除けで炊きました。(^^)/
この状態で作業は一時ストップしています。
ヤフオクの常識で出品者には聞けません!組み立て取説が無かったので、製造元にお尋ねするしかないのです!

この記事に

開く コメント(3)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事