60おじさん!Part

マイペースでやらしてもらいます!
今月28日に発売している「別冊オールドタイマー」誌23号ですが、22号に引き続いて「バイク史の証人たち」コーナーに不肖、私が後編として6ページに亘って掲載されています!
もしよろしかったら是非購読してみて下さらないでしょうか!

凄い人気雑誌ですので売り切れが予想されます!早めの購読をお勧めいたします。
イメージ 1


この私の連載以外にも、懐かしいバイクや収集家や見事な修復記録など盛りだくさんの記事であふれております!
イメージ 2


全6ページに亘っていますので、あとは購入して頂ければ幸いでございます!
イメージ 3


特に八重洲出版から宣伝を頼まれた訳ではございません!また沢山売れれば私に印税が入る訳でもありませんが、折角多くの紙面を割いていただいてますので、出来れば多くのお方に読んで頂ければ良いのではと願うだけでございます。

この記事に

開く コメント(2)

報告遅くなりました!写真が一枚もなかったのでアクションが鈍りました。
11/27です、早朝5時半起床、雨が降っていました、ニューフェースの2台のTY175と私のKT330の3台を、軽トラックに積み込みから始まりました、何故なら1台は姫路からの朝到着になるからです。
レインコート着用で速やかに積み込んで、あとはトレーラー引き乗用車と、ルノーハッチバクにキャリヤー積みが1台の合計3台と5人のライダーが出発です!シトシト降る雨を衝いて一路亀岡に向けてスタートです。
何時もであればこの時期「紅葉の丹波路」や「デカンショ街道」の周辺にたわわに実った柿の実など眺めながら楽しい気分でドライブするコースですが、本日は誰が行い悪かったのか?前日と翌日の月曜日の快晴に挟まれた当日だけが雨降りでございます(*_*;

写真は姫路の井上さんから提供いただきました。
ここは森邸宅の裏手に当たる部分の狭い沢セクションでございます!
イメージ 1

この日雨の中、セクション難易度は「かつてない高度」なレベルでございました!
イメージ 2

スリッピーな連続ターンに「大岩越え」がこれでもかとばかりに設定されていました!
イメージ 3


私だけなのか!この日のセクションはハイレベルでございました、とてもお披露目出来るものではないですが
お借りした写真です、カッコ良い所ばかり撮って戴いてるのでアップさせていただきます?
井上さんありがとう。
イメージ 4

講評
初参戦チームメンバーの4人のうち姫路の大村君が何という事でしょう2位に入りました!
素晴らしい快挙でございます!
一方、師匠・監督・コーチの私はまったくもって論外の結果に終わりました!(*_*;
ここでお願いが有ります、何方か黒ゼッケン66番の赤フレームTY175大村君の写真お持ちの方、表彰台の写真だけでもお貸しくださらないでしょうか。

お借りしました、我がチームのRL山本が良いショットをスマフォで収めてくれていました。
せっかくの晴れ舞台なのにレインウエアーで惜しいですが大村君の笑顔最高です!
1位の佐藤さんトライアンフツインスペシャルで見事優勝です!おめでとうございます。
イメージ 5

一日中雨に襲われて冷え切った身体に、アツアツのライスとトン汁!最高の頂き物でした、大会関係の皆さんに熱く感謝申し上げます。
イメージ 6


この記事に

開く コメント(5)

ブログ少しご無沙汰していました!
仕事やらヤブヨウでバタバタしていました。
何とか元気です、今日は珍しくトライアルの練習に行ってきました!
来週の27日に亀岡「森トライアルランド」でタイトルの通りの、ツインショックトライアル競技会に我がチームから
ルーキー、即ち超初心者、大川TY175、大村TY175、山本正範RL250、山本治TY175の4人を初参戦させます!
練習しない私でも、超新人を連れて行くかぎり、怪我をさせてはつまらないので、初歩の基礎練習だけは
何とか体験させておく必要を感じ、そんな訳で本日練習に行ってきました。

墓所の練習山に到着です、紅葉の良い時期ですが、本日は昨日までの暖かさなく寒い日となりました!
イメージ 1

こうやって見ると決まってはいますが、何しろトライアル初挑戦のメンバーです。
オフマシンは慣れていてもトライアルは簡単には乗せてくれませんよ!
イメージ 2


先ずは簡単な沢ラインの基本訓練です。
イメージ 3

珍しいSUZUKI RL250です、綺麗にレストアされていますが、傷めずに上手になれるでしょうか?
イメージ 4

先ずは優しいセクションから、基本のテクニックと言うより、マシンに慣れてもらいバランスを取れるように!
イメージ 5

レベルを下して基礎からの乗り方教室!
イメージ 6

身体が硬くてコントロールも悪くて、もっともっと乗り込んで頂かないと、天才じゃない限り上手にはなれません!
イメージ 7

もっともっと乗り込んでもらわないと、上手にはなりません!(>_<)
イメージ 8

立ち木さんごめんなさい、怪我させてしまいました!熊の仕業じゃございません!
イメージ 9

繰り返し走る事によりバランスが取れ、ハンドリングラインが取れ、スロットルコントロールも出来る様になる!
イメージ 10

本日の天気は、いよいよ冬将軍がやってくる前触れのごとく急に寒くなりました、更に綺麗な紅葉は見れない今回の道中でした!
イメージ 11


そんなこんなで無事怪我無く初レッスンは終わりました、先生の模範ライディング写真がありませんが、色々基本ライディングを示し乗りしましたので、来る27日の大会では、今まで一度も練習して挑んだことが無い私、少しは軽やかなライディングが出来るのではないだろうか?と密かに思って帰路につきました。(^_-)-☆
27日、天気が良ければツーリングファンの皆さん国道372号線はとても快適な道です、応援よろしく願います。

この記事に

開く コメント(2)

天高く馬肥ゆる秋!

本日はタイトルの様に天は高くないですが、やはりこのところ食欲の秋ですね!
私は太り過ぎなので、セーブしないといけませんが色々と美味しい物を頂く季節でございます!
少し前から投稿を怠っていたのも含めアップしたいと思います。

10月のはじめ、しがなく一人でピーナッツを肴にして飲んでいたとこへ、投げ釣り初心者だった、友人の中川さんが腕を上げ、度々獲物をゲットして頂いてましたが、これがシーズン最後になると大きく成ったキスのフライの揚げたてを、持って来てくれましたシーンです!
メチャクチャ美味しかったです、中川婦人ありがとうございました(^^♪
イメージ 1

10月16日丹波街道で買った「黒枝豆」一束¥800-が相場でした!
味は言う事なし、モッチリとして「口の中が小さな餅つき臼になった!」食レポ風?(^^♪
イメージ 2

これは町内の先輩が自家栽培した「自然薯」です、見事に育っています、このサイズになるには何年かかかると思います!ありがたいプレゼント頂きました。
勿論皮を剥いて擂り降し、御飯に乗せてとても美味しく頂きました。
イメージ 3

そしてこれは自然薯の枝蔓に生る粒そろいの「むかご」です。「むかご御飯」が美味しいです!
イメージ 4

何と!中にはこんなにデカく成長してるのがあるではないですか!これは焼いて食べるのが美味しいのでは?
イメージ 5

そして待望の「むかご御飯」です。
中川さんの奥さんに炊いてもらいました、すみませんお手間かけました"(-""-)"
イメージ 6

頂きました、とても美味しいです、むかごが大きくて食べがいがあります、薄い塩味と思われる調味で美味しく満足致しました!中川さんの奥さんありがとうございました。
イメージ 7

次は柿を沢山頂きました。
勿論渋柿です、干し柿にするのです、手間がかかるのです!手間をかけるのならあげるよと頂きました!
イメージ 8

取り敢えず、昨夜テレビを見ながら剝きまして紐に吊るしました、第1期のテストケースです!
今日は生憎曇り雨空で干し柿には良くない室内デヴューとなりました?
まだまだ剝いて吊るさなければなりません、大変な作業を経て日数をかけて、初めて口に入れられるのです!
イメージ 9

如何でしたでしょうか「食欲の秋」メドレー!
貴方も秋の夜長に干し柿つくりを致しますか?(^_-)-☆
ちなみにリンゴの皮むき、1本皮オペ!「私失敗しませんから!」(^_-)-☆

この記事に

開く コメント(2)

天高く快晴の奥播州、三木市細川町内の「ANNEX PARK」モトクロスコースで開催された。
京阪神や岡山、はたまた東京からも馳せ参じたヴィンテージモトクロスファンが集まり砂煙をまきあげ
各クラス別に、次々とスタートされて一日中観客と共に楽しんでいた。

毎回、東京から参戦の、人呼んでモトクロス界の鉄人こと加園さんが「珍しい写真を見つけたので山本さんにプレゼントします」と持って来てくれたのがこの本何と1969年12月号の「オートバイ」誌です!
イメージ 1

加園さんに本をプレゼントされ喜びの記念写真。
イメージ 2


誌面の内容は1969年10月に開催された、MCFAJ全日本モトクロス丸野山高原大会の特集でした!
現役バリバリ時代の私が大きくアップされています、自慢じゃないですが私は昔も今もライディングスタイルに定評があり"(-""-)"何時でも何処でもフォームが良く、カメラマンによく狙われていました!(^_-)-☆
イメージ 3

当日の加園さんは調子よく、何時もより少ない3台を持ち込み、次々とレースクラスを消化していきます。
イメージ 4


加園さんは出場するレースを、全てトップでゴールすると言う文字通りの「鉄人」ぶりを発揮いたしました。
イメージ 5


加園さんは、終始安定した走りで、しかも体力がありゴールまでペースが落ちません!
それでもってスタートからトップで抜け出しそのままゴールいたします!
イメージ 6

久々に応援見学に明石から駆けつけてきた、我が山本レーシングOBの長渕は、加園さんが持ち込んだ英国が生んだ名門メーカーの「グリーブスチャレンジャー」に跨りご満悦!
イメージ 7


こちらは山本レーシングメンバーの、山本範さんとエルシノア250改。
彼はMXやるのに持って来いの良い身体をしているのに、最近はやや慎重なライディングになっている?
イメージ 8


何が彼をこんな慎重なライディングにするのか私は知っているが!
イメージ 9

私は今回、訳あってカメラマンに専任する心算でしたが、やはりカメラマンには向いていないです!何故ならバッテリーの充電を長ーくしていないままでした!せっかくチャンスも台無しです、集合写真も取れませんでした(*_*;
そんなこんなで楽しいヴィンテージモトクロス「ON ANY SANDA」が無事終了いたしました。
次は11月27日の「one day trial」IN亀岡です、我がチームは4人のルーキーを参戦いたします。

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事