ここから本文です
TORAYA SPORTS トラヤスポーツ
上野・アメ横の登山、スキー用品のお店です。
イメージ 1

みなさんこんにちは。
最近プラスチックのホールドを触ってばかりのスタッフですが、新しくHanwag  Ferrata Combi GTX(ハンワグ フェラータ コンビ) を購入しました。
せっかくなのでピカピカの靴を慣らしにスーパーあずさに飛び乗って、北横岳に行ってきました。

新宿から電車とバスを乗り継いで、北八ヶ岳ロープウェイの山麓駅(標高1,771m)に11:30ごろ到着。ここからも山頂を目指せますが、ロープウェイに乗れば標高にして466mを一気に稼いで山頂駅(同2,237m)までアクセス出来ます。
そこからは北横岳山頂までピストンして2時間とちょっと、手軽に高い標高と八ヶ岳の強風(!)を楽しめる人気の高い山です。

山頂駅からしばらくは坪庭という散策コースの一部を歩きます。

イメージ 3
坪庭より中央アルプス

イメージ 6
縞枯れ現象(だと思われます)

イメージ 2
上部より坪庭、よく見るとトレースが見えます。

アイゼンはセミワンタッチの10本爪を使用しました。基本的には軽アイゼンでも問題ないようですが、好天のためか表面の雪がすこしズルズルに……爪が短いものを使っている人は歩きづらそうにしており、オーバーかもと心配しましたが結果的には正解でした。

たくさん見かけたのがスノーシュー。人気の山のためトレースはしっかりしていますし、よほどのことがなければ必要なさそうです。
登山道を外れて歩く場合、積雪量によってはスノーシューを履いていても植生にダメージを与えてしまうので、慎重に行きたいものです。

坪庭を抜けると樹林帯のなかをしばらく登り、山小屋を過ぎればすぐ山頂です。
この日は非常に天気が良く山頂駅からはベースレイヤーの上に薄手のフリースのみで行動していましたが、樹林帯を抜けると風が凄いので山小屋付近でシェルを着用しました。

イメージ 5
頂上付近、好天!

イメージ 4
南八ヶ岳が良く見えます、スタッフIは毎週末あのあたりで身をよじっています。

山頂からの展望は素晴らしく、八ヶ岳らしい豊かな裾野の広がりと日本アルプスを見渡せます。が、風が非常に強いので気温が高くてもあまり長居は出来ないかもしれません。

南峰、北峰間を歩いた後はサクサク下山し、バスで温泉に入って帰宅しました。
珍しい縞枯れ現象や、北八ヶ岳と南八ヶ岳の山容の違い、あずさの車窓から見える険しい赤岳と北横岳からのゆったりとした裾野のギャップなど文化的な(?)山登りが楽しめました。

新宿から公共交通機関のみで日帰り可能なことを考えるとアイゼンや冬靴の慣らしにはちょうどいいのではないでしょうか。
今回は北横岳ピストンのみで帰ってきましたが、三ツ岳、縞枯岳も含めれば岩稜帯歩きのあるそこそこのボリュームのコースになります。いろいろな楽しみ方が出来るでしょう。

イメージ 7
新しい靴は一週間かけて行った三層の栄養・防水処理によって革も保水せずしっかり弾いてくれました。

ロープウェイ利用で気軽に行ける北横岳ですが、天候が荒れれば気温も風も八ヶ岳です。
使わないと思っても念のためしっかり準備をしてくださいね。

エズミ
(株)とらや
台東区上野4-7-6
03-3831-5238
facebook : https://www.facebook.com/toraya.sports.ueno

この記事に

開くトラックバック(0)

皆さんこんにちは。
本日もう春一番が吹いてしまったそうですね。
ただ、春一番の後は気温が急降下することが多いらしいので、山に行かれる方は十分注意してください。

さて昨日、最近冬のお手軽スノーハイキングスポットとして有名な日光・雲竜渓谷に行ってまいりました。
最近お客様からのお問い合わせが多く、人気の高さがうかがえます。

イメージ 1

場所は日光東照宮からほど近く、電車の方は日光駅からバスで東照宮の下の神橋というバス停まで行き、そこから川沿いに林道を歩きます。(ワタシは電車でした)
車の方は林道を走って途中の瀧尾神社あるいは林道ゲートに駐車スペースがあります。
林道ゲートからは左側に入ります。まっすぐ進むと最後は道がなくなり沢をよじ登ることになります。それがいいという人も?

往復6時間弱のコースですが、はっきり言って、ひたすら林道歩きが長いです。
楽しくなるのは途中の洞門岩という広場から先ですね。

イメージ 2

まあこんな林道なのでそんなに気分は悪くない。
林道ゲートから2時間ばかし歩くとようやく渓谷の入口の展望広場?にやって来ます。

イメージ 3

あの真ん中の窪みが渓谷です!

イメージ 7


近づくと氷瀑の壁。

イメージ 8


次々と現れる大きな氷柱。

イメージ 6

広場から30分足らずで雲竜瀑の下に到着します。
ここからでも十分伝わる大きさ。

この場所からさらに滝壺の左岸を高巻きして氷瀑の直下に行くことができます。
ただ傾斜が急なので12本爪アイゼンを履いて行くことをお勧めします。

イメージ 4

実はこの日は快晴で大変温かく、気温も8℃前後まで上がっていました。
ワタシの場合、洞門岩でチェーンスパイクを履いただけで雲竜瀑まで来れてしまいました。
高巻きルートではさすがに12本爪アイゼンに履き替えましたが。

イメージ 5

気温が高く、解けた雪や氷の破片がかなりの頻度で落下していました。
氷柱に近づく場合はヘルメットを持参しましょう。

今回は天候に恵まれたので3シーズン用の靴と軽アイゼンで無事踏破できましたが、
ハイシーズンの頃はもう少し寒いと思われますので、冬用登山靴と12本爪アイゼン、それとヘルメット、場合によってはピッケル(高巻きの時の確保用)もあればよりベターでしょう。

コンディションと安全に留意してこれからも山行を楽しみましょう!

オザキ
(株)とらや
台東区上野4-7-6
03-3831-5238
facebook : https://www.facebook.com/toraya.sports.ueno


この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1
皆さんこんにちは。

取付例の紹介です。
今回のお客様はスキー以外にもクライミングや沢登りととてもアクティブな40代の男性の常連さんです。
ミッドファットからパウダーボードまで色々と買って頂いていますがまだまだ気になる板があるようです。
今回のスキー WHITEDOT は本州ではなかなか試乗する機会が無く、実際色々と乗り比べしたいとなると北海道ニセコのニセコ343さんで試乗できます。
お客さんはニセコへBCツアーの際に試乗されたそうです。

イメージ 2選ばれたスキーは WHITEDOT preacher cabonlite 169cm
ホワイトドットスキーはほとんどのモデルでノーマルバージョンとカーボン補強された軽量のカーボンライトバージョンが用意されています。

特徴的なのは軽量化されたカーボンライトバージョンでも心材(ポプラ&アッシュ)は変わらないこと。
他メーカーでは心材も違う場合が多く乗り味が大きく変わる場合が多い。

ホワイトドットの場合、心材のポプラ&アッシュは変わらないので乗り味も大きく変わらず剛性と粘りに影響を受けにくいのでノーマルの乗り味が気に入って軽量化したい方に受け入れられやすいのではないでしょうか。

イメージ 3
ロッカーの無いフルキャンバーでカービング特性が強いのでトップ形状は広く155mmでロッカーでなくてもパウダーの捕えが良く浮力の出るシェイプ。


イメージ 4
ファットながら扱いやすいセンター幅112mm


イメージ 5フルキャンバーながらツインチップ形状でテールは抜けのいい133mm
長い有効エッジを生かしながら容易なターンと抜けの良さが感じられるシェイプ


イメージ 6トップシートに浮き出ているのはフラックス繊維。
フラックスというのは亜麻のことで振動減衰性に非常に優れていてその効果はカーボン繊維の10倍と言われている。
おもに航空産業で使われているようですがホワイトドットは早くからスキーに取り入れていて最近は他メーカーも取り入れ始めている。

カーボンライトシリーズはこのカーボン・フラックス・テクノロジーが最大の特徴といえます。
カーボンで軽量化ながらねじれ剛性やレスポンスをアップさせフラックス繊維は振動減衰性に効果を発揮する素晴らしいコンビネーション。


イメージ 7トップまでしっかりキャンバー


イメージ 8強力なエッジグリップと正確なコントロール、ベンド6mmで反応の良さを演出


イメージ 9テールまで伸びた有効エッジはターン後半のブースター効果を生み出す。


イメージ 19
デフォルトで3°の鋭角処理されたエッジアングル

イメージ 20ベースは1°垂らしているので88°のエッジアングルとなっている。
旋回しやすい上エッジグリップにも優れた効果を発揮。



イメージ 10
おなじみのスタイリッシュなベース

イメージ 11ビンディングは G3 ION 
トップのオートマチックなはめやすさと前圧の効いた保持力が特徴のテックビンディング


イメージ 12ブーツは今期人気の TECNICA zero G guide pro
4バックル2ピースシェルながら超軽量仕様。
インナーは保温性と軽量化、速乾性に優れた palau liner 使用


イメージ 13軽い加重ではめやすく雪の詰まりにくいトゥーピース


イメージ 14隙間なく前圧の掛かったヒールピース

イメージ 15相性のいいおさまりのいいブレーキ幅


イメージ 16
扱いやすいクライミングサポート

イメージ 17
イメージ 18圧雪でのキレや優れたカービング性能とパウダーでの浮力と直進性の良さはそのままにBCでの軽量化も計れたセッティングになりましたね。

小柄な方なのでファットながら169cmと短めですが有効エッジが1490mmとしっかりあるので安定感バッチリですね。
整地での性能も非常にいいファットなので ”どっちも" 楽しんでください!


ヒラモト
(株)とらや
台東区上野4-7-6
   03-3831-5238
   facebook : https://www.facebook.com/toraya.sports.ueno
 

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 7

皆さんこんにちは。
寒波が襲ってきて、一部の山ではかなりの積雪があった模様。
ようやく冬山らしくなってきましたか?

今回は皆さん待ちに待っていた? Grivelのヘルメット新入荷のご案内です。
イメージ 1

Grivel Salamander 2.0 (サラマンダー2.0)

評判の高かった初代サラマンダーの最終入荷から約1年半、ようやくトカゲのマークが帰ってきます。
何だか帽体はどこかで見たようなデザインになっており・・・

イメージ 2

誇らしげに貼られているステッカーにもある通り、形状は横幅を広くした「Japan Fit」となっています。
イメージ 3

後頭部のトカゲも健在!

イメージ 4

イメージ 5

モデルの頭周長は57cm。
十分余裕があります。

イメージ 6

後頭部アジャスターはダイヤル式からよりシンプルなスライドプル式に変更。
軽量化・簡略化されましたが、思った以上に調整しやすいです。
サイズは頭周長55〜61cmの1サイズのみ。
残念ながら、以前あったXLモデルは今回ありません。

カラーは今回イエロー、ホワイトの2色が入荷しております。
ご興味のある方は是非店頭にてお試しください!

オザキ
(株)とらや
台東区上野4-7-6
03-3831-5238
facebook : https://www.facebook.com/toraya.sports.ueno

この記事に

開くトラックバック(0)

DPS試乗会の告知

イメージ 1皆さんこんにちは。

今期は年明けからドカ雪で各地のコンディションは好調ですね。

急なお知らせですがDPSスキーの試乗会が開催されます。
と言ってもショップ向けの試乗会ですのでユーザー向けではありません。
ただしショップの紹介またはショップ同行のユーザーは試乗可能とのこと。
当店にご来店頂いている方でもし来季のDPSにご興味がある方はご連絡ください。
ファットスキーをハイシーズンに試乗できるチャンスです。
私も1日だけ行く予定ですので予定の合う方は是非!




イメージ 2イメージ 3ヒラモト
(株)とらや
台東区上野4-7-6
   03-3831-5238
   facebook : https://www.facebook.com/toraya.sports.ueno


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事