京都ミニ旅行

旅館八千代です。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

銃砲店

中京銃砲店で10年弱で8000万以上の散弾銃購入しました、でもペラッチエキトラスーパーを同発したので、ペラッチに送って修理する様に依頼したのに、私に一言も言わないで勝手に修理しました。

その修理した銃砲店を聞いても、名前は言わない約束だからって言われて、だの銃砲店で治したかも教えて貰えませんでした。

正規代理店で高い値段で買ってきたのは、保証があるからです。

訳の分からない銃砲店で治すなら、並行輸入で安く購入出来ます。

私は中京銃砲店に文句は言いませんでしたが、それから電話も年賀状も中京銃砲店から無く成りました。

値引き交渉は嫌いだからした事もないし、其なりに儲けさせたけどな。

手の平返されて、気分は最悪でした。

普通、商売上で飲むときは私が接待されますが、逆でした。

私の行き付けのクラブに中京銃砲店の店長や日邦工業の担当を、私が飲みに連れて行ってました。

驚いたのは、前のベレッタの代理店の人間と東京で飲んだ時でした、私はお金は出すって言ったので、銀座のクラブに行くと思ったら、御徒町のランパブに連れていかれて、40万でした(*T^T)

何が悲しくて、行った事もないランパブにです。

下着なんて見ても気持ち悪いし、下品なだけです。

銀座のクラブに行きたかった(*゚∀゚)=3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

黙ってた事

5年前の県警本部3人に事情聴衆された時、実は会話は全て録音していました。

違法行為していないのに、変な事情聴衆だと思ってました。

最悪、顧問弁護士か刑事事件専門の辞め検の弁護士に依頼して、告訴するか。

監察室にクレーム申し立てするかも考えました。

大体、匿名の電話で違法性のない事案を、刑事3人が取り調べるって、有り得ない事です。

あの時点では所持許可で嫌がらせされるので、黙ってましたが。

警察の対応には何ら客観性がないし、別れましたが付き合った女性の電話番号・住所や話をさせろって、プライバシーの侵害も甚だしいです。

私には前科もないし、警察沙汰も起こして無いのに、嫌がらせする理由が無いです。

散弾銃の知人への無償譲渡は、私が銃砲店に手数料払って、銃砲店経由でしていました。

売れば良いって、刑事に関係ない話です、貰えなかった人が不満に成るって言われたけど、警察が関与する事では絶対に無いです。

民事不介入が警察のルールです、ルール違反犯してるのは警察でした。

今は忙しいけど、録音した事を問題にしたら、在職中の刑事はどうなるのかな( ・∀・)

警察は身内に甘いから、お咎めはないだろうけど、越権行為追及したら面白いかも。

年間2・30発しか練習しない刑事に銃なんて、何も分かってない。

拳銃は散弾銃と違い、ライフリングがあるから、散弾銃より寿命は短いのに。

あんな、馬鹿刑事と2度話をしなくて良いって、今は幸せです(* ̄∇ ̄*)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

1回目の車検

R-35Nismoの車検でした、3年で6500Kmしか乗れませんでした。

元々、射撃場に通う為に買ったので、仕方ないです。

タイヤ交換が無かったので、代金は17万と安いかったです、外車なら大変でした。

愛知日産にはGT-Rの点検出来る整備士が1人なので、2週間預けてました。

半年毎に愛知日産本社に持って行き、引き取りに行くのは面倒ですが、あの種の車だから仕方ないです(*T^T)

スカイラインハイブリッドも半年点検でしたが、燃費はジュークより良いですよ、車重は300Kg重くてエンジンは排気量倍以上なのに、流石にハイブリッドです。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

新聞記事

去年から愛知県から愛知県瀬戸市の定光寺の開発問題が取り上げられていましたが、昨日住職が本山から解任されました。

定光寺は臨済宗で尾張徳川家の菩提寺として、格式は高かったです。

豊橋市にある先祖の墓を移そうかとも悩みました、墓地募集では曹洞宗でも宗派は問わないって書いてありました。

でも、5年位前に住職が石屋さんの運転で中京銃砲店に来ているのを見てたし、猪を坊主が射っても成仏させれるって言ってたのが、嫌でした。

今回の解任、頷ける点が多々有りました。

僧職にある方の銃の所持は、一般人よりは高いです。

四日市市の住職、和歌山県の住職、私のブログに来ていた方も僧職でした。

僧職の方でも、色々ですが定光寺の住職は、やはり少しやり過ぎでした。

私は、クレー射撃専門でした。

狩猟は奇麗事ですが、殺生戒に触れるので仏教徒として、抵抗がありました。

まあ、猟場で射たれるのが恐かったのもありましたが。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事