Nuovo Guzzi Paradiso

かに座の私は今日も前に進めず右往左往

全体表示

[ リスト ]

10/11にRitomo Serenoさん主催の走行会に参加させていただきましたのでちょっと遅いレポを。

V7Classicの説明書にはサーキット走行はダメ!と図解付きで丁寧に書いてありましたが、実際どの程度走るのか興味津々ですね。

現在のスペック
ハンドル:ハリケーンスワロー(程よいポジション。40φのセパハンが売っていないので、、)
ステップ:デイトナ マルチステップ(ちょっと上がっているがそもそもの場所が悪い)
プラグ:NGK イリジウム(最初のうちだけ始動性が良くなった、ちょっとパルス感アップ?)
マフラー:アゴスチーニ(+3馬力?とても軽い。チタンに見えるがステン)
V35タイプバルブカバー(重くなっている?)
ヘプコ&ベッカーパニアサポート(とても重い。かなり悪影響?)
シート:野口シートで軟ウレタン+T−NET挿入(リアサスガチガチでも尻が全く痛くならない)
タイヤ:ピレリスポーツデーモン F:100/90-18 R140/70-17(ファントムがあれば、、)
メタリカブレーキパッド(すばらしいの一言。シングルでも十分(高いのもあるので))

ミストラルバランスパイプ(未装着:アゴのマフラーの音で満足。また、つけるのが面倒で放置)

ほぼノーマルスペックですがどんな物でしょうか?



イメージ 1
結論から言うと、危惧していた旋回性は結構シャープでとてもニュートラルな感じです。フロント加重乗りの癖がついているのか、タイヤの特性なのか、フロントの方がドロドロになっています。
前後のバランスがとれていないという事もあるでしょう。
この日は10月とは思えない暑さで路面温度がかなり高かったことも付け加えときます(路面に残っていたラバーもかなりへばりついています)。


しかし細い。









イメージ 2



さて、ストックではないタイヤのスポーツデーモンですが、バイアスとは思えない剛性感と、とろけ具合で、フロント100、リア140の細さとは思えないグリップで、とても安心感があります。今の所V7Cのオンリーワンタイヤでしょう。余談ですが、冒頭にも書きましたがやっぱりファントムのパターンが好きなので、是非幅広いサイズ展開をお願いしたものです。

空気圧は窒素充填でフロント2.1kg,リア2.3kgと推奨圧から少し上げた所が感触が良いようです。ちょっとズルズルと滑り始めたため、2.0、2.1に下げると全くタイムが出なくなってしまいました。

イメージ 3














ただ、やっぱりというか、予想通りバンク角が足りないんですね。

リアサスはタイヤハイトを下げたため、イニシャルを高めにしてありますが、左はサイドスタンドの補助アームが削れて、ただでさえダメな左コーナーで撃沈。はっきり言って危険です(何度か飛びそうになりました)。

やっぱりスタンド外さないとダメなんでしょうが、レーサーでは無いんでアームだけ切っちゃいましょうか?乗ったまま出せなくなりますが、、、、





イメージ 4

右はステップもノーマルより上げてありましたが、やっぱり竹槍のようになってしまい、新調したアゴスチーニのマフラーも、あらぬ所が、削れてます(涙)。
1本売りはしていないので、穴があく前に対策をしなくては、、、。

バックステップは無いので、1cm短いステップに変えました。








イメージ 5
当日はプロのカメラマンのOrangeWorksさんが沢山写真をとってくれましたので、マフラーが削れるところが激写されておりました。

先にサイレンサーが擦れそうなのに、こんなところが削れるとは、、、

しかし、写真で見ると、リアがぐっと沈んでいて、いかにもリアサスの腰のない様子が伺えます。
まずはリアサスを長い腰のある物に換えなければダメでしょうが、街乗りで足が届かなくなりそうで悩ましい所でス。




という事で、やはりV7Classicは説明書通りサーキットを走るようには出来ていないという事がよく理解できました。しかも、やっぱり予想通り遅いんです。
 
で す が ! グッチの広報通りのグッドハンドリングで、V7Classicでのサーキット走行は、はっきり申し上げて楽しいんです!。

次回の課題
バックステップ(売っていない)
リアサスの交換(専用品が売っていない、情報が少ない。 YSSが有力候補)
チューブレス化してバネ下の軽量化(ミンナにやめろと言われる)
ステーなどの余分な物は外す(面倒)
エンジンのパワーアップ(パワコマ)

どこまでやるかです。
あまりやるとMGS−01の価格に限りなく迫ってゆきますのでほどほどに。

追記
 当日のお昼はリトモ社長の弟さんの経営する「ローカルベンチ」のパンと自家製キノコ汁でしたが、とてもおいしかった事を付け加えておきます。

 ランチ付きで19000円で4本走れる走行会はとてもお得です。参加車両のレギュレーションは、国産SSなどは禁止で、クラス分けもされているため、鉄フレーム2本サス乗りの皆様には強くおすすめします。

シャフトドライブの車両がほとんどの走行会も珍しいんでは無いでしょうか。
リトモ製のBMWレーサーもちょっと欲しくなってしまう事請け合いです。



この記事に

開く コメント(7) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事