エムプロジェクト投資顧問ブログ ヤフー版

金商636号 投資顧問エムプロジェクトの無料ブログ

ランキング銘柄が上昇!
テーマ:株式
ざら場更新になります。

先週のNYを受けて大きく下落して始まった東京市場ですが、先物の断続的な買いで急速に戻しています。 緩和期待が根強いという理由になるのでしょうが、どうも本当にここ数日の動きは不自然で読み難いのが本音です。NYは高値圏、東京市場はまだまだ安値から株価を切り替えしているばかりなので、為替が踏みとどまっていれば買い意欲はあると言った所なのでしょう。

ランキング銘柄が一時147円までの高値がありましたね。
公開時は136円から134円までの値動きでしたのでスイングでも十分な動き。
まだ上値は期待できるそうです。

そして、既報の豆蔵ホールディングが頑強な動きになっています。
これは本当に強い動きで連日の年初来高値更新の動き。
5万円前半から一貫して推奨、回転もしておりますので、値幅以上に利益も出ておりますが、放置でも2万円幅が出ているという素晴らしさ。
これは引き続き要注目と言っておきます。8万クリアだと10万円まで芽が出てきます。ここまで来ていますのでここから新規の買いはお勧めはしませんが、業績、材料、会社共に良い物を内包しています。

又ランキングが上がれば銘柄は出して行こうと思っていますので、引き続き応援クリックお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

怒涛のストップ高

日本を取り巻く状況は何か間違っています。いまさらの話に聞こえるかも知れませんが、昨日はスワップの話を書きましたが今日はIMFから日本の税率にけちがつきました。そもそも日本の財政状況が悪いのは様々な要因がありますが、基本的に税収が悪いから財政状況が悪いのではないのです。因みに先進国比較でも全く悪くないほうです。ではなぜ日本にけちをつけるのか・・・・

それは日本が一番お人よしで何でも支援する側の国だからなのですね。中国韓国へは極めて馬鹿な例なのですが、国連に対しても当のIMFに対しても各国へのODAでも群を抜いて援助する側なのです。それがリーマン後日本は円高に苦しめられ税収が下がり財政状況の悪化が言われていますが、それは個人の消費税のせいではなく主に企業からの税収が減ったのが一番の原因。

好き勝手やっている為替の動きに一番割を食っているというだけで、IMFの言い分は全くナンセンスと言えるのです。そのIMFの日本への要望や分析ももしかすると消費税上げを地固めする為財務省からの出向している人間がレポートを書いている可能性が高いとも思います。

そもそも増税は福祉目的で導入されるのに資金使途はどうせ徴収するだけ徴収して自由に使える復興財源と同じような道筋を辿るのでしょう。経団連の米倉弘昌会長も昨日自民党の安倍晋三総裁ら新執行部と都内のホテルで政策対話を行いましたが、これも異例中の異例で民主党の新執行部や新内閣との意見交換の前に行うと完全に経済界は民主離れが鮮明です。

国民の生活の為にというのは経済を立て直さなければ国も潤いませんし、国民を圧迫し続けていると将来的に日本は本当にぼろぼろになるという絵は鮮明に見えるのですが、どうしても今の政権に限らず政治家の言っているビジョンだけでは日本が立ち直るようにも見えないのです。今の為替の水準は実は企業が頑張って対応しているとはいえ、そろそろ収益限界を迎える所も多いと思います。もしもシャープを潰す方向性であればパイオニア辺りも連鎖倒産が起きるかもしれません。山一證券を潰した時よりもインパクトは絶大。シャープショックが起きる可能性もあると思います。私は各外資系がレーティングを下げてきたのはある意味があると思っています。GSはえげつないです。買う為の格下げ。いつものパターンですね。
それにしても地合いは最悪ながら、美味しい話はあるものですね。
今日プレミアムメンバー様に配信した銘柄はマイナス圏から怒涛のストップ高。それにしてもこの情報源は凄まじいの一言です。前日比3%安から一気に26%プラスですから(汗) 270円で利益確定配信しましたが、その後も張り付きました。明日も上値追いそうな勢いです。

この記事に

開く コメント(0)

報道??

日韓の通貨スワップの打ち切りが決定しました。が、一部の報道では大事な所が削除されニュースになっています。一応拡大分は打ち切りだが、必要に応じて今後も検討していくとの部分が殆ど報道されていません。
でも、そんな事は当然韓国国民は知らないのでしょう。そもそも報道では日本が頼んできた事と報じる所が殆どで、ひどいものになると慰安婦問題を絡めたり、挙句の果てにはウォンを高くして輸出競争で優位に立ちたい日本側の勝手という論調まで。

このような民度が最低の国に何故に都合の悪い記事を伏せて報道し如何にも韓国とは仲たがいをしていますよ的なニュースになってしまうんでしょう。実際は延長はしませんが、いざとなったら助けますよ。のスタンスであるにも関わらずです。そしてこの韓国との問題は実は全く日本経済への影響はありませんし、むしろサムスン等が今後弱体化する可能性も出てきておりますので日本にとっては好材料なのですが、問題は無視できない中国との関係。

昨年の今頃だと思いますが欧州危機の余波でウォンや韓国国債が暴落。通貨危機を救ったのはわが国です。日本が助ける姿勢を見せたのでそれ以上の暴落を回避したのですが、それは既存の130億ドルから700億ドルに増やしたのでマーケットはウォン売りを継続しなかった、すなわち韓国は最大の金融危機を日本のおかげで乗り切ったのです。

恐らく中国関係は次の決算ではかなり悪い数字が出てしまう可能性が指摘されています。これが中韓とひとくくりにされてしまいがちな領土問題ですが、実は株式投資目線であれば一緒くたにはできない事柄なんですね。ご存じのように、日韓スワップ協定は形こそ相互に緊急融資枠を設定する取り決めですが、実際は韓国の通貨危機への備えで民主党があまりに手厚く韓国を保護するので異論の声が上がっていた案件です。

3連休明けの市場は全く方向感も無く為替も高止まりとはいえ落ち着いていたのにも関わらずずるずると値を消すものが多い相場になってしまいました。
ここで取り上げているランキング銘柄は新値更新。異常に強い相場で7万円までつけて新高値更新の動きとなっていますね。まずはこれを利益確定してから次に行きたいと思っているのですが、まだ超えるような銘柄が情報筋自体も迷っているそうで^^; 
しばらくこの銘柄で引っ張るのかも知れません。後仕手相場復活の狼煙はルックがポイントなのですが、今の現状では上げきりません。打破するには更新で相場を作っていくのが一番なのですが。因みに監修ではなく手がけて5倍になっていない銘柄は今まで殆どありません。とするとこのまま終わってしまうとは考えにくいのですが。本日は流石にテクニカルリバウンドを見せて上昇して終わっていますが続報が入ればここで取り上げたいと思っています。


    ←応援よろしくお願いします。
=======================

この記事に

開く コメント(0)

相場は悪し・・光明はあり。
テーマ:株式
日経平均は3日連続の下げですっかりマインドが冷え切ってしまっています。昨日から続いている手がかり材料難に加え、為替も円高がじわりと進行。これはオーストラリアの利下げの悪材料もありましてマイナスに沈む展開でした。
売買代金が8832億円で完全に夏枯れ相場ならぬ秋枯れ相場の様相です。

仕手株もルックや新日本理化の大幅安で仕手株は動けず。この辺が動いてこなければ個人はきつい相場。忍の一字を強いられているのでそろそろ動いて欲しいなと個人的には思っています。そして大型株も高安まちまちと方向感を完全に失っておりますし、日経平均の下げ幅はたいした事がないのですが、為替がこの状況の限りはどうしても上を買えない展開が続くでしょう。

この動きは当社の予測の範疇でありここ数日お伝えしてきたような相場が続いている訳ですが昨日拾っているとお伝えした、豆蔵HDが新高値の高値引け。
63600円は4800円高 上昇率も8%を越える上げ幅になりました。推奨銘柄だけは気を吐きましたが、昨日も書きましたがこのような新興銘柄で値幅をとっても株数をこなせない銘柄ですので、ロットの大きくいける銘柄が上がらないとどうしてもマインドも実利益も上がりませんね。

そもそもこの状況下ですと、明日から香港市場が始まりますが、中国の景気の先行きは全く不透明ですし、デモが連日大きく欧米でも報じられており信用性が失われてきています。日本も円高の悪材料が重し、それは金融緩和が行われるといってもアメリカの規模に比べると弱腰な金融政策と多くのアナリストの試算が出てきてしまっており、日本と言うよりもアジア市場から外国人投資家の関心が失われつつあるといっても過言ではありません。

民主党政権も新内閣を発足させてしまいましたし、「近いうちに解散」の言葉をまたしても裏切り開き直る姿勢には驚きました。ただ日銀の対応もそうなのですが、この民主政権化での舵取りは明らかに売国方向ですし、何もかにもが中途半端になってしまっております。 解散があれば株価は上昇する材料になりえるとは数日前に書いたと思うのですが、それに期待しているようでは仕方がありません。どんな時でも利益を狙える推奨をしようと心がけた次第であります。

今日の豆蔵は良かったです。このブログを見て買いにいっても朝方は安く始まっておりましたし、多くの評価が終わったと思われた銘柄。この銘柄はここから一段高を予測しています。内容を各自調べて投資の参考にして頂ければと思っております。

この記事に

開く コメント(0)

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/142.html

消えても消えても何度も民主党が提出する「人権救済法案」が反対派の松原氏がいない間に閣議決定。これだけ中国と緊迫している状況が打破するどころか拡大しつつあるにも関わらず、こんな法案を通そうとするなんて狂気の沙汰としか思えませんね。こんな政府を選んでしまったのは国民です。

しかし、中華料理店を襲撃とかもニュースになっていましたが、裏情報ですが在日右翼との事です。何故本名で身元を明かし報道しないのかも理解に苦しみます。わが国は誰の為の国なのか? 心配なのは橋下氏もこの法案には賛成。
完全に同和や在日の利権とべったりになっているんでしょう。国民受けは恐らく良いと思うのですが、早く本性に気がついて欲しいと思います。

在日の怖さは当ブログでも何度もお伝えしてきました、当社も色々とやられていますので身にしみて判ります。この法案を通そうとする意思に関しても何度却下されても名前を変えて蘇らせるしつこさ・・・・ 在日企業を排除するわけにはいかないのでしょうか?ソフトバンクの携帯を使うなんてのも個人的にはありえません。CMに隠された意味を検証してみてください。

さて、マーケットは強い動きは続かず昨日ザラ場更新した時にも触れましたが好感したものの上値を追うまでには至らないと見ていました。ただし底は固くなると思いますし、最悪のシナリオを回避したのは評価できます。ブログでは書きませんでしたが金融緩和を行わないと・・のシナリオは日経再度の8000円割れ。為替も76円まで見ていましたので。



仕手も動けずの所で加藤氏の動向が気になります。特にルックも下げ止まった感じはありますが、関係は一切ないと鐘の音で取り上げられたサイトのせいで9月の更新がないと伝わっていますが私は特にルックはもう一度大きな相場を作ると見ています。この取り組みを見逃す手はないでしょう。

そんな中ですが推奨銘柄は至って堅調ですね。
コード番号通りにフ○○○するでしょう。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事