夕焼け小焼け

音楽の力を借りて、音楽の力をもっと生かして、小さな幸せ届けたい…

全体表示

[ リスト ]

手話歌で異世代交流

私が関係している介護予防のための高齢者サロンは、児童センター内にある「異世代交流活動室」で毎週木曜日の10時〜15時まで活動をしています。絵手紙、手芸、健康体操、踊り、音楽アクティビティなど、午前と午後の部で週ごとにメニューが変わります。

で、私は、毎月第2木曜日に音楽を担当しているのですが、毎回必ずおこなっているのが「手話歌」。ついでに所謂「指遊び」や「指の体操」にも、手話の「指文字」を使っています。手話で1から5までの数を数えたり、あいうえおを表現するのです。「指文字」はちょっと複雑な部分もあるのですが、「指遊び」を幼稚と言って嫌うお年寄りも「簡単な手話を覚えましょう」と言うと意欲的に取り組んでくださるので、ここでのアクティビティには欠かせないメニューのひとつになっています。

昨年、児童センターの秋祭りで発表の場を頂き《見上げてごらん夜の星を》と《夕焼け小焼け》の2曲を演奏しました。本番に参加されたお年寄りはメンバーの半数ほどでしたが、もちろん人前でこのようなことをやるなんて初めての経験。当日は多少の混乱があったものの、会場で見ていた子供たちが「あのお婆ちゃんたちすごい!」と一緒に歌ってくれたり、小さな子を抱っこして見ていた若いお母さんが「感動しました」って泣いてくださったり、私たちが想像していた以上の『異世代交流』ができたのでした。

そして、昨年の感動は見ていたかたばかりでなく、発表した当のお年寄りたちのほうがさらに大きく、本番が終わった翌週には「来年は子供たちが知っている歌で」という自発的な提案が出され、さっそく練習を始めました。

曲は小さな子でもみんなが知っている「となりのトトロ」から《さんぽ》。でも、これはお婆ちゃんたちの知らない歌。で、まず歌を覚えることから始めなくてはなりませんでした。歌を覚えるのに半年、手話をつけて歌いながらできるまで半年・・・・

いよいよ明日が本番です。今年は、30分の持ち時間を頂きました。児童センターの館長さんに、会場の子供たちにその場で手話歌指導を行い一緒に歌ってもらうという提案をしたら、館長さんの「いいですね!!」の一言で即決。秋祭りのチラシには「手話でうたおう」というタイトルで載せてくださいました。

お年寄りだけの手話歌《見上げてごらん夜の星を》で始め、会場のみなさんで《さんぽ》を歌い、最後に《夕焼け小焼け》で締めくくる予定です。児童センターの秋祭り。今年もお年寄りの手話歌が感動を呼ぶことでしょう。

お近くのかたは、ぜひ遊びにいらしてください。


ブログランキングに参加してます↓↓クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 音楽療法へ(文字をクリック)

イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ぴあ猫さんこんにちは。素晴らしい企画ですね。私がかかわっている「高齢者サロン」とまさに同じ感じの会です。こうやって異世代交流の必要性が叫ばれている中、まさに高齢者にとっても励みになる催しでしね。手話ソングは私もちょっとだけやったことがありますが、なんせ自分が覚えれない・・・こまったものです(>_<)どうぞ秋祭りでの素晴らしい皆さんの笑顔を祈っていますね。ジャズ演奏も素敵ですね☆あ〜私も近かったら行ってみたいですが。。。とっても遠そうです(*^_^*)。また報告をお願いします。

2009/10/11(日) 午後 3:46 [ ふじっきー ] 返信する

顔アイコン

ふじっきーさん

いつもコメントありがとうございます。
こういう時代だからこそ、異世代交流が重要なんですよね。

手話歌は、手振りを教えるのではなく、手話の意味をしっかり教えて覚えていただくと、意外に忘れないものなんですよ。意味から入るので、曲が変わっても同じ言葉が出てくれば自然に身体が動くんです。

私は半年ほど手話を習いましたが、それでもなんとか自分で動きをつけることができるようになりました。

明日、頑張りますね!

2009/10/11(日) 午後 10:32 ぴあ猫 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事