Trip to ASIA -Asian Smile-

アジアの片隅で、見えること。1枚のPHOTOと思い。

ASIAN SMILE 2

すべて表示

ASIAN SMILE 2012

イメージ 1

大変な1年でした。
日本にとって、全ての人々が悲鳴にならない想いを
抱え込んでしまった1年だったのかもしれません。

そして、2011年12月31日23時59分59秒を1秒回ると
まるでリセットされたかのように、新しい年が始まりました。

いや、何が変わったわけでもありませんが
そうして多くの苦悩や苦しさを、時には喜びや幸せもリセットして
新しい年が始まります。

大変長くご無沙汰しておりました。

昨年の9月半ばから、ここ10年ぐらいで一番慌ただしい時間を過ごしていました。

仕事もそうでしたし、プライベートでも
毎日毎日が時間に追われ続けて
愚痴と言う言葉を常に抱えながら
こうして何かを言葉にすることも出来ないままでした。

昨年を振り返れば多くのことを書きたくなりますが
それは、『明日のことを言えば鬼が笑う』のと同じように、
過去の後悔や愚痴を言葉にしたところで、
自分の憂さ晴らしにはなるかもしれませんが、
前向きに導けるものへたどり着けるか、いささか不安が残ります。

それなら、年が変わった1秒にすべてを流して
新しい未来を見つめるほうが、良いのかもしれません。

とはいえ、今年に入っても、
去年から引きずっている仕事の処理が未だに片付かず、
次の新しいステップを踏み出したいのに
常に後ろ髪を引かれている、そんな気分も残っています。
でも、それらはそう遠くない時期には片付くはずです。
そうでないと人間、前へは進めませんから(^^。


昨年、多くの国で大きな変革のうねりがあったように
今年はさらに大きなうねりの時代を迎えるかもしれません。

アメリカ、フランス、ロシアを始め、中国やインド、韓国、台湾
そして日本でも新しい政権が生まれる可能性があります。
不思議なことですが、世界そのものが変革へ向かう力に
人間が追いついていない気がします。
そしてそれを理解しているからこそ、
誰もがそれに追いつこうと必死になっています。

必死に前へ前へと向かっている時には、横や後ろは目に入らない。

そう、動いていることを理解するには
1歩引いて、全体を俯瞰してみないと解りません。


いつものことながら、なにを書いているのか解らなくなってしまいました。。。(^^;

今年は自分自身にとっても、いろいろなことが
より加速度的に動き出す年になりそうですが、
どこかで、人への想いを俯瞰できるまなざしを忘れないよう、
それでも必死に駆けてみたいと思います。

残念ながら(?)、今年も日本からのスタートになりましたが
世界は、より身近に感じる気がします。


末筆になりましたが
新しい年を迎え、皆さまが今年こそ実りある1年になるよう応援しています。

今年もよろしくお願いいたします。

(Photo:Savannakhet LAOS, 2000)


.


みんなの更新記事