【ネット選挙】新ルールと必勝法の完全分析!

「インターネット選挙」の法律と必勝法を、元衆議院議員(3期)、元民主党選対委職員の某氏が実務経験を生かして分析・解説

ネット選挙に関する記事

すべて表示

クローズアップ現代の「ネット選挙特集」


クローズアップ現代の「ネット選挙特集」を見て衝撃!そして自民党に感心。

自民党ネットメデイア局は50人体制のチームを編成して、ビッグデーターを解析しながら、ネット選挙を実行していた。そして、全候補にIpadとアプリを支給して、安倍首相や候補者のメッセージを毎日指示していた。
・例1、全国民のTwitterの解析で「アベノミクス」というキーワードと「失敗」というキーワードが増えてくると、株価ではなく雇用に関する具体的な数字を見つけ出して、最も有利な数字を指示して徹底的に訴えさせる。
・例2、「原発再稼動」と「自民党」というキーワードが増えてくると、その日から安倍首相の発言を全面転換。強気で必要性を訴え白黒つけるのをやめて、安全運転に変えて「規制庁の安全基準にゆだねる」へ。

キーワードごとに共感と反発の分析を数字で解析し、全候補者に徹底。これまでの選挙は「勘」や「経験」。これからの選挙は「確かな数字」。

自民党は50人体制で徹底。民主党は「ネット選挙は有効でない」と各陣営に任せて、すべての元衆議院議員を集めた集会でも、とんちんかんなメールアドレス集めを指示してしまう前時代ぶりで壊滅。
まさに、B29と竹やりの戦い。

イメージ 1

その他の最新記事

すべて表示

【ネット選挙】Twitterのメー...

2013/4/16(火) 午前 9:10

Twitterのメールアドレスの表示要件 ネット選挙においてTwitterのプロフィールにはメールアドレスを記載すること。 FACEBOOKには不要です。

ネット選挙の法案の国会中継。  「テキストバナー広告に、政党支部支部長名(候補者名)が入っていてもかまわない。」   法案提出者のこの答弁は、ネット選挙戦略の実務に劇的な転換を与えることになった。   選挙区限定の地域ターゲティング機能をもち、費用も安価な「テキストバナー広告」がネット選挙の主力になるのは間違いない。 平成 ...すべて表示すべて表示

http://youtu.be/rDv7ZU3GuAo 【国会中継】2013年4月2日 (火) 倫理選挙特別委員会  YAHOO!スポンサードサーチなどの有料広告が認められる「政党」の範囲は論点であった。この答弁で新法の142条の6の「政党」とは、政党本部に加えて政党の選挙区支部(地域支部)も含まれる事となり、各地域の政党支部どうしでもネット ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事