ここから本文です
村上皮膚科クリニック 院長ブログ
皮膚の健康や皮膚に関する新しい情報と、日々のことを綴っています。

書庫全体表示

まず、どんな化粧品か
 
EGF
これは、細胞再生因子とよばれます。
EGFがもたらす効果は、医学データでも立証されています。

アメリカのブラウン博士が行った臨床実験では、
EGFを0.1μg/g(0.00001%)配合したローションを
60日間連続して使用したことによる、
新生細胞の大幅な改善が実証されました。
イメージ 1
実験は32〜62歳の12名で行い、
EGFにより新生細胞の成長が平均284%促進したことが
確認できました。
また、皮膚の老化が進んでいる50歳以上の人々においても、
新生細胞の成長が改善されていることが示されました。
(特許/US.patent #5618544)

 
つまり、年齢とともに皮膚の再生能力が落ちて、角質層が厚くなることで、老化現象が進行していくのですが
肌の本来の力を助け皮膚再生を促すことができるということなのです。
特にこの商品は、アメリカ産の純度の高いものを使用しています。
 
早稲田大学細胞生物学 並木秀男教授の研究室で生まれた商品です。
 
EGF以外の成分
ビタミンCの含有量が多く、抗酸化作用も強い、ローズヒップを、水抽出して使用しています。(チリ産の高品質)
アルギン酸 昆布やワカメなどの海藻から得られる天然の保湿成分
アルカリ性なので、皮膚を軟化させて、汗腺を広げ、肌の汚れを放出し、新陳代謝を促進します
界面活性剤、防腐剤、着色料、香料、アルコールなどのトラブルの原因となる物質を一切使っていない
 
なにより、化粧水、乳液、ブライトニング、美容液、化粧下地を兼ねているというのがすごい!
 
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事