智楽のぼやき〜「サロン・de・技術士」の爽風(かぜ)〜

技術士を目指す男達の話と、時たま思いつくままのエッセイ集です。

イメージ 1

イメージ 2

今放送中の朝ドラの主人公は子供服ブランド「ファミリア」の創業者・板野敦子さんの物語。

お祝いの品の中に「ファミリア」の製品を見つけた私は、しばし感激。

これが宮内庁御用達の「ファミリア」かあ。

この方の娘さん(劇中ではさくらさん)が日本中でヒットさせたのが、あのスヌーピーです。

この番組の舞台の時代は、活気がありました。

万博では、人類初の月面着陸を果たしたアポロ11号が持ち帰った「月の石」が絶大な人気を博しました。

このアポロ11号の指令機械船と月着陸船のニックネームは「チャーリー・ブラウン」と「スヌーピー」
だと私は思っていましたが、記憶違いでした。

11号の前のアポロ10号の指令機械船と月着陸船が「チャーリー・ブラウン」と「スヌーピー」でした。


                                        ピーナッツmura

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

私の友人は昨日、とんでもない二日酔いだったそうだ。
私にとっては良い想い出ではない飲み会の今年度版。
帰ったのが、午後2時というのだからすさまじい。
夕刻6時から始まったと想定すれば、何と20時間飲み続けていたことになる。

四捨五入すると60歳なのに、何というタフネス。
マカを何十錠も飲んでいるのかしら。

とは言うものの、本人のラインでのコメントでは
「下半身が一般廃棄物」
だったらしい。
産業廃棄物でなくて良かったね。
首領閣下様。

今日は、市議会選挙があったので、その投票にも行ってきたらしい。

勉学にしろ、普段からの行動姿勢にしろ、人生の模範のような日々を過ごされている。

彼のような生き方をしないとな。
と、
気合いを入れ直そうとしていたら、孫の泣き声が聞こえてきました。
刹那、
骸骨のディスコダンスのように腰砕け。

「おおお、どうしたどうした。」
あたふたである。                          

                                  Blood、Sweat & Tears、mura

  PS. 「Spining Wheel」 
    by Blood、Sweat & Tears
    https://www.youtube.com/watch?v=SFEewD4EVwU

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

悲しきバレンタイン

イメージ 1

昔、ショッキング・ブルーの「悲しき鉄道員」ていう曲があったな。

全然、関係ないけど、今日はバレンタインの日なんだそう。
テキーラとスモークチーズと自分で買ったチョコレート。
今から聴くのはパフュームのチョコレイトディスコ。

誰がなんと言おうとも、私は幸せである。
決して強がりではない。💧💧💧💧💧💧

何故なら、遠い先の未来。
チョコレイトをもらう可能性ができたからである。
孫の名前には、希望の「希」の字がついている。
「新たなる希望」
である。
ナハハ。
                              セント・バレンタインデーの悲劇mura

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

背中がかゆい。
どこかその辺に「孫の手」がないかな。と思っていたら、コウノトリさんが、本物の「孫の手」を届けて
くれました。

しかも、女の子です。 ♥

ついに、じいじになってしまいました。
グランパと呼ばせようかな。(汗)

平成29年2月9日。
孫の最初のおみやげは、平成29年2月29日生まれという重ね重ねの福(29)でした。


                                夏目漱石も2月9日生まれですmura


 PS.CRY BABY CRY
    https://www.youtube.com/watch?v=WKBirH1t_sk

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

「ボケ対策」に行ってきました。
漢字能力検定試験二級です。
この日のために問題集を何回も繰り返して勉強しました。

そこで改めて実感したことは・・・、脳みその劣化が進んでいるなあ。
と言うことです。(汗汗)
書き取りでは何回も同じ問題を間違えます。
相性が悪いのか、脳みそ君の劣化なのかと、頭を抱え込んでしまいます。
四字熟語は知らない熟語がたくさんあります。
漢字と意味を覚えるだけで大変です。
部首は規則性があるようなないようなで悪戦苦闘。

漢検二級を甘く見ていました。
結構、大変です。

問題集で習得した四字熟語の数は504。
本番での出題数は10。
そのうち、問題集になかった問題が2。
この二つは、さっぱり分かりませんでした。
解答を見ても、想像を絶する文字でガックリです。

この結果。
一つのある事実に至りました。
記憶を要する問題では、分からない問題は、どんなに頑張っても分からない。
です。

「虎渓三笑」。
「月下氷人」。
この二つの四字熟語は字、意味ともに一生忘れないと思います。

とはいうものの今回の勉強は、字だけでなく四字熟語の意味や出典なども知ることが
でき、結構、楽しく進めることができました。

自己採点ですが、200点満点中合格ラインの8割は軽く突破していると思います。
ボケは進んでいることを実感しましたが、まだまだ訓練すれば何とかなるぞ。
と思った2月5日の日曜日の朝。

今朝のラジオで、武田鉄矢さんが言ってましたが、「鉄腕ダッシュ」ではなく
「老人ダッシュ」で、もう少し頑張ってみようと思う今日この頃です。


                          「破邪顕正」ができたのは勉強の成果ですmura

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事