ここから本文です
地球の果てまで
「シルク・ドゥ・ソレイユ」「ポール・マッカートニー」「海外旅行」「ラスベガス」「F-1」 の事など書いています!

書庫全体表示

イメージ 1

ポール・マッカートニー交遊録129人目は『福井ミカ』です。


福井ミカはご存知サディスティック・ミカ・バンドの初代ボーカル(当時は加藤ミカ)として活躍し

日本のロックの名盤と言われるアルバム「黒舟」のプロデュースを買って出た

かつてビートルズのレコーディングエンジニアを務めたプロデューサー

クリス・トーマスと恋に落ち、バンドリーダーだった加藤和彦と離婚してクリスの元へ渡英しました。

この為サディスティック・ミカ・バンドは解散してしまいました。


74年クリス・トーマスがプロデュースしたバッドフィンガーのアルバム『素敵な君』に収録された

「誰も知らない」でミカは日本語ナレーションでレコーディングに参加


ポール・マッカートニーとの出会いはウイングスのアルバム「バック・トゥ・ジ・エッグ」の

プロデュースをクリス・トーマスが担当した頃からではないでしょうか。


ポールとミカは意気投合してポールの農園に招かれたり、後に料理研究家としても有名なミカは

ポールに手料理をご馳走したこともあるそうです。

ミカがクリスからの束縛を気に病んでポールに相談した時には、

ポールから「愛のために自分をしばりつけておくことはない」とアドバイスされたそうで、

この時のミカとの会話を題材にして作られたのがポールの「ベイビース・リクエスト」でした。


そして80年、幻となったウイングスの日本公演の為ポールはミカを伴って来日しています。

しかしご存知のようにポールは大麻不法所持で成田で逮捕され、数日間拘束されたあげく

強制退去させられ公演はすべて中止になりました。


当時テクノに興味を持っていたポールはこの来日中にミカの紹介で、

YMO(高橋幸宏はかつてサディスティック・ミカ・バンド在籍)とセッションを行う予定でしたが

これも幻に終わってしまいました。

しかし『増殖』の録音中だったYMOがポールになにかしたいということで、

「ナイス・エイジ」の曲のなかでニュース速報という形でポールの妻リンダのメッセージ

「22番は今日で一週間経ってしまいましたけれども、でも、もうそこには居なくなって、

彼は花のように姿を現します。Coming Up Like A Flower」

をミカのナレーションで収録しました。

「22番」というのはポールの拘置中の番号で、「Coming Up Like A Flower」は同年4月

ポールの復帰シングルとなった「カミング・アップ」で同じフレーズが出てきます。


後にミカはクリス・トーマスとも別れ料理研究家として現在もロンドン在中だそうですが

ポール・マッカートニーが音楽界復帰を強く勧める程の人材だったんですよね。


余談ですがサディスティック・ミカ・バンドはビートルズのファンだった加藤和彦が

プラステック・オノ・バンドからもじったという説もありました(笑)




「タイムマシーンにお願い」

閉じるコメント(33)

  • 幻の来日公演時のエピソードは知らない事ばかりで、
    お世辞じゃなくて、ここにお邪魔する度に
    何か学んで帰るって感じですね。
    この曲は時代を超越した作品で、今聴いても古臭さを感じないですね。

    にょじやま

    2009/5/31(日) 午後 9:20

  • 解散は・・・・そうだったんですか!
    知りませんでした♪
    カエラちゃんの参加したBAND最高でしたね^^

    [ una**nna ]

    2009/5/31(日) 午後 9:59

  • いつものことながら詳しい記事を拝見出来て感謝です。
    そんなことがあったんですね。。。
    サディスティック・ミカ・バンドの名前ですが、なるほど、そんな説があったんですね!

    りぼ

    2009/5/31(日) 午後 10:44

  • ちょうど黒船聴いてました。
    ミカさんには僕はお会いしたことがないんですが、前の上司の知り合いと結婚しているらしく、何度かパーティーで会ったそうです。

    kenchi

    2009/6/1(月) 午前 2:37

  • ヘムレンはじめまして!ご訪問ありがとうございます。おっ80年の来日公演行かれる予定でしたのですか!それじゃあの時ほどポールのバカ野郎と思ったことはなかったんじゃないかな。
    ミカのローラースケート姿って想像付かないですね(笑)これからも宜しくお願いします。

    myokazu

    2009/6/1(月) 午前 7:46

  • katzshinさん、やはり当時の「黒舟」は衝撃作だったのですね。メンツも最高ですよね。

    myokazu

    2009/6/1(月) 午前 7:47

  • たれきちさん、確かに歌はあまり巧くないし、一般的には下手な部類かも(笑)
    ベースは多分吉田建氏ですね。

    myokazu

    2009/6/1(月) 午前 7:50

  • にょじやまさん、いえいえポールのことは少しは分かりますが他のミュージシャンいついてはからっきし駄目なんですよ(汗)この曲は今聴いても歳を取らないですよね。

    myokazu

    2009/6/1(月) 午前 7:52

  • unamannaさん、その後何度かボーカルが変わりましたが最近で木村カエラですよね。以前はユーミンも居たとか?

    myokazu

    2009/6/1(月) 午前 7:53

  • リボルバーさん、ありがとうございます。
    やはり男は女房の名前をバンド名に入れたいのですかね(笑)

    myokazu

    2009/6/1(月) 午前 7:55

  • kenchiさん、おっ「黒舟」凄い偶然ですね!
    えっ上司のお知り合いと結婚されているんですか!!
    お相手は日本の方でしょうか?
    しかもやはりパーティ好きでしたか(笑)

    myokazu

    2009/6/1(月) 午前 7:57

  • TBありがとうございます。

    「ミカのチャンス・ミーティング」という本で、ポールとのつきあいは、ある程度知ってましたが・・・そんなに・・・。

    ミカさんの近況も聞けて、うれしいです♪

    [ カヲル32 ]

    2009/11/4(水) 午後 2:11

  • 「サディスティック・ミカ・バンド」は、もちろんプラ・オノ・バンドのマネなんですけど・・。

    ミカさんが、魚料理をするときに、魚に包丁をつきたてたまま、どこかに行ってしまった・・みたいなことから、「サディスティック」とつけたみたいですね。

    ユーチューブは、タカナカと、チャーのライヴで一曲演ったミカさんでしょうか。チャーが鉄腕アトムをワンフレーズ弾いてますね。

    ミカさんて・・・怖れを知らないタイプで、存在感があったんでしょうね。ポールに気に入られたのはその辺りかしら・・・。

    [ カヲル32 ]

    2009/11/4(水) 午後 2:19

  • KAORUさん、へーそんな本を出してたんですか。
    さすが詳しい!今度探して読んでみますね。

    myokazu

    2009/11/5(木) 午前 8:08

  • KAORUさん、おっサディスティックの由来はそこから来てたんですか!初耳です、貴重な情報ありがとう。
    彼女も一度会いたい女性の一人ですね。

    myokazu

    2009/11/5(木) 午前 8:10

  • 「ミカのチャンス・ミーティング」おもしろいですよ・・。多分絶版ですが、中古で手に入ると思います。私はひょっとして二冊もっている可能性も・・(←じぶんの持ち物を把握してない人・・。)

    [ カヲル32 ]

    2009/11/5(木) 午前 10:02

  • KAORUさん、了解です、中古本探してみますね。

    myokazu

    2009/11/7(土) 午前 0:06

  • この映像は、多分サディスティックミカバンドとしての演奏ではないのでしょうね
    でも、ミカさんの映像という点では貴重な映像です
    すいません、myokazuさんのブログにTBなんて100年早いかもしれませんが、自分の記事もTBさせて下さい

    [ ]

    2009/11/7(土) 午後 3:24

  • いそう朗さん、そうですね解散後何十年も経ってからの映像ですよね。また彼女復帰を期待したいですよ。

    myokazu

    2009/11/9(月) 午前 8:07

  • いそう朗さん、TBありがとうございます。
    いえいえ、いつでも大歓迎ですよ。

    myokazu

    2009/11/9(月) 午前 8:08

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(1)

トラックバックされた記事

  • 178 サディスティック・ミカ・バンド〜黒船

    先日、ユーミンの『そしてもう一度夢見るだろう』の記事を書いたのだが、その流れで今日はサディスティック・ミカ・バンドの『黒船』を聴いている このアルバムの、というかサディスティック・ミカ・バンドの代表曲が「タイムマシンにお願い」である [[item(http://www.youtube.com/v/RjraqYb2EbQ&hl=ja&fs=1&autoplay=1,425,344)]] {{{ 1974年発表のアルバム『黒船』は日本のロック史における名盤と評されており、当時英米

    ビートルズから始まった

    2009/11/7(土) 午後 3:25

トラックバック先の記事

Yahoo! Choctle
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事