ここから本文です

2017-03-20 ヒヨコ練習会

水門練習からの翌日。

今回はヒヨコ練習会の方へ行ってきました\(^o^)/

今回のヒヨコ練習会はちょっと少なめの参加人数?でしたが、関東で行われるダンロップ杯の前週にあたるということのもあって、参加される方は最終調整を行っていたりしました。

午前中はいつも通り規定コースをを走り込む感じだったのですが、人数が少なかったということもあって、この日はスタート・ゴールは同じ形式の規定コースとなりました。

イメージ 1

何本か走って出たタイムは1分39秒台…(´・ω・`)

いい加減タイヤ変えるかなぁ…と前日に組み換えておいた、ちょっとマシな中古タイヤをはめたホイールへ前後換装しました。

が、、フロントタイヤはヤフオクで500円(送料別)で買った14年製のタイヤ。

触った感触として妙にサラサラしてるなぁ…と思いましたが、ウォーマーかけて温めて表面を削れば使えるかなぁと…

思いましたが思っていた以上に感触悪い…設置感ないし…(´・ω・`)


といっても、使わないのももったいないのでそのままの状態で午後の大会形式アタック練習へ。

今回のコースはばんないさん考案のコテコテもりもり満載コースです(^q^)

イメージ 2


サイズ感が伝わりにくいのですが、17インチ勢にはかなり辛いコースとなってました(;´∀`)

1H目は右上のセクションでタイヤの設置感のなさに気を取られてコースを見失ってミスコース…しかけて修正してグダグダ。

2H目は最後のセクションで入る順番間違えてミスコースしかけてグダグダ。

走り込んでもタイムはそこそこ、、、

走り込みで出した仮想トップタイム比は116.08%(´・ω・`)


うーん、、なんかもうフロント回りの軽量化とかじゃなくタイヤ変えようぜ?って話な気がしてきました。。

とはいうものの、新品タイヤを買うわけにもいかず…悶々。。

まぁ、減ったタイヤでもできることはあるのでそれをボチボチやっていこうと思います(´・ω・`)

転けまくりましたけどね(^q^)
イメージ 3




来週自分は土日とも仕事なので、練習できないのですが、、

冒頭でも書きましたが、関東ではいよいよダンロップ杯の開幕戦が行われます。

オフシーズンにじっくり地力を上げてきた選手たちが、開幕戦では大量昇格していくことが多いようなので結果が楽しみです(*´∀`*)

僕の方は数少ない勤務希望をトライジムカーナ大会の当日・翌日に申請したので可能な限り参加したいと思っています。

…参加できるかなぁ(^q^)

この記事に

2017-03-19 水門練習

メーター回りのリニューアル夜間整備を終えてからの翌日。

結局深夜2時くらいまで作業をして仕上がらず、朝7時から起きて仕上げをして積み込んでからの出発だったので、普段より遅めに水門に向かいました。

結局昼過ぎに到着したのですが、すでに何者かが練習していました(^q^)

イメージ 1
自称FOXさん(仮)さん

まぁ気づく人は気づくだろうと思うのでこれ以上は言及しないこととします(笑)


今回の水門はとりあえずメーターがちゃんと動くかなどのチェックと軽量化でどんな感じになるのか。

メーターの動きとしては…不安定(´・ω・`)

たぶんプラグコードに巻いてる巻数を適当に合わせたので、上手くパルスが拾えていないか信号が強いか弱すぎて不安定になっているのだと思います。

ある程度予想はできていたので、巻数を増やしたり減らしたりして試してはみましたがこの日はなんとなくよくなったか??という程度で不安定な感じは収まりませんでした(´・ω・`)


この後日談にはなるのですが、説明書が英語で解読できていなかった部分がネットで検索すると日本語版の説明書がありました。

http://www.acewell.jp/manual/ACE-1000.pdf

それによると、巻数は2〜5回。それでもパルスが強すぎる場合は抵抗を噛ませてください。とのこと…\(^o^)/ダメジャン!

信号強ければ良いってもんじゃないんですねw


走りの方はというとこんな感じでした。

1’09’30

タイヤがスリップライン超えて溝がないくらいなので仕方ない感じはしますが、、タイムは伸びませんでした(´・ω・`)


そんなタイヤでやってるとこんな転倒動画も撮れました\(^o^)/



いい加減まともなタイヤにしたいとこですが、、金銭的に厳しいのでしばらくはこんな感じでやっていくと思います(´・ω・`)


で、本題のメーターの軽量化での恩恵についてですが…

プラシーボ効果かもしれませんが、フルロックが解けやすく・フロントの設置感が薄れたような気がしました。

メリットなところは切返しで切れ込みを足す時に軽いような感じでした。

始めはセッティングは変えずに走っていたのですが、メーターを変える前後ではけっこう違った感触になっていたので

フロントの設置感を増やすためプリを抜いてみたり突き出しを増やしたりして方向性的にはこんな感じなのかな?という感触にはなったかと思います。


まぁでも、一番の効果としては

”見た目が変わって速くなった気がする”

これに尽きますね(๑•̀ㅂ•́)و✧(笑)


メーターライト回りの軽量化を行う際に、ジムカーナ界隈ではオフ車のライトカウルを使われる方が多いのですが

丸目を貫きたかった自分としては今回のカスタムはかなりお気に入りになりました(*´∀`*)

イメージ 2


そんな感じでこの日は2人で交代では走り込んで17時には解散となりました。

…翌日へ続く!

この記事に

部署異動があったり、パート戦士から社畜正社員にクラスチェンジしたりとなかなかバタバタな一週間をどうにかやり過ごしてからの週末…

今週は3連休な世の中でしたが、社畜戦士になった自分は日・月の2連休でした。

まぁ、2連休あるだけ全然ホワイトな職場なんだろうなぁと思いますけどね…(;´∀`)

さて、そんな感じで以前よりも自由に遊べる感じではなくなってしまったのですが、だからといって遊ぶのを諦めるわけはなく。

土曜日の仕事終わってから夜間作業を行い…

メーター周りをリニューアル!\(^o^)/

これが…
イメージ 1

こうなって…
イメージ 2

こうなり…

イメージ 3

こうなった!!\(^o^)/

イメージ 4



Twitterで以前からスパーダのことで困ったときにお世話になってるbal氏から今回も小技を教えてもらい参考にさせてもらいました!多謝!(*´∀`*)

bal氏スパーダ
イメージ 5




さて、今回の小技についてなのですが

純正カウルの流用をしていますが気づいた方はいらっしゃるでしょうか?(^q^)




これ、実はCBR250R(MC41)のフロントカウルなんです(๑•̀ㅂ•́)و✧

イメージ 6


bal氏は二眼にしているのでカットはせずに使われているようなのですが、僕は丸目単眼でいきたかったのでバランスをとるためにザックリカットしてみました。

このカウルの良いところは、よく売れて中古もこなれてきた新しいバイクということもあってヤフオク等でも中古がかなりお安く流通しているところ。

今回自分は割れありのものを買ったのですが…500円(送料別)で買えちゃいました(^q^)


フィッティングが肝になってくるカウルなので、あまり高いカウルを買っても上手くフィッティングできなければもったいないことになってしまうので、、このくらいの値段で手を出せると非常にありがたいですね(*´∀`*)


単純にかっこよくしたい!っていうのもないわけではないのですが、今回のメーター周りの変更の本来の目的は軽量化。

ジムカーナなどの競技をするようになってくると、フロント周りの軽量化はけっこう効いてきます。

以前ライトケースを軽量化のために変更した記事がこちらなのですが…

2016-06-05 ヒヨコ練習会
http://blogs.yahoo.co.jp/n_a_kota2000/37218762.html

この時はあまり変化については書いてないですね(笑)

まぁでもそれなりに効果はあったと思うので、そんな経験も踏まえて今回は、メーターの軽量化を行うことにしました。

今回メーターの軽量化に使ったメーターはこちら。

イメージ 7

ACEWELL ACE-1100
http://www.acewell.jp/product/1100/1100.htm


このメーターはタコメーターはありますが、スピードメーターはついていないので走行距離もわかりません。

もうちょっと出せばスピードメーターもついてるのがあったのですが、ジムカーナをするだけに用途を絞るのであればこれで十分かなと思います(^q^)

ちょっとお高いのですが、このメーターにはエンジン稼働時間をカウントしてくれる機能もあるのでメンテナンスサイクルもつかみやすくなります(*´∀`*)



そして、肝心の重量はというと…ごめんなさい。測ってません(笑)

でも、純正メーターと持ち比べて比較すると3分の1くらいにはなったと思います(^q^)


明るいところでのメーター周りのはこんな感じなのですが、けっこうスッキリまとまったかなーと思います(*´∀`*)

イメージ 8


という感じで、イメチェン+軽量化を施し…いよいよジムカーナ車両になってきたなぁと自己満足に浸ってニヤニヤしています(^q^)


効果のほどは後日談ということで今後の練習日記に書いていこうと思います。

この記事に

2017-03-12 ヒヨコ練習会

このブログもいつの間にか一年が経過していたという事実を発見しました。

三日坊主にならずにいけるか、やってみよう日記
http://blogs.yahoo.co.jp/n_a_kota2000/37085543.html

初投稿が3月6日なので、ほんと言えば先週に書いておくべきネタでした(笑)

ブログなんていつまで続くことやら…と自分でも思っていたのですが、ダラダラと続けている内になんとかという感じです。

テーマがジムカーナ一色なので書きやすいというのもあるかもなのですが、こうしたアウトプットを習慣付けてできると自分なりの考えなどを整理していくきっかけにもなっているのでこれからの続けていこうと思います(*´∀`*)




さて、そんな感じで水門の翌日は、ヒヨコ練習会の方へ行ってきました。

この日のヒヨコ練習会はなかなかの参加人数で9人が集まりました\(^o^)/

その中でも今回は、しばらく参加されていなかったウッチーさんが参加されるということでトップタイムも期待ができます(*´∀`*)

今回は人数が多いということで、午前の規定コースをスタートゴールを分けて行うこちらのコースで走り込みました。

イメージ 1

以前にも一度使ったことのあるコースなのですが、基準タイムを設定しきれていないので参考基準タイムとしては普段の規定ロングコースの5秒落ちが目安かな?ということでした。

で、走り込んでいったわけなのですが…

前日の水門でもなんとなくわかっていたのですが、切れ込みが強すぎて回転などが決まらないような感触がありタイムもあまり伸びず1分35秒台でした。

これじゃいかん!ということで、セッティングを見直し!

切れ込みが強いなら、とりあえず突き戻しを増やしてみればいいんじゃね?とやってみたところ悪くはないのですが回転後半でフロントが逃げる感触があったのでフロントのプリを少し抜いて、ようやくとりあえず落ち着いたかな?という感触にはなりました。

あと、リアブレーキの感触がおかしくなってきたので減りに減ってきていたパッドを交換しました(;・∀・)

イメージ 3

今回もカーボンロレーヌのRX3にしてみました(๑•̀ㅂ•́)و✧


いろいろやってみた結果としては、ベストタイムは1分32秒台までは出すことができました(;´∀`)




そして、午後からはいつも通り大会形式のタイムアタックコースへ作り直して計測会となりました。

今回のコースはこちら

イメージ 2

スラロームチャンピオンの考案コースだったのですが、さすがMSGCにもちょこちょこ行かれていることもあってMSGCや岡山の動画でみたことあるようなセクションが盛り込まれていましたw

行ったりきたりする前半セクションが覚える際にちょっと厄介でしたが、ライン取りを考えるのにいい感じのコースだなーと思いました(*´∀`*)

コースウォークをしてから2Hアタックをする大会形式での計測を行ったわけなのですが…

1H目…コース後半でミスコース\(^o^)/
2H目…無難にいって中途半端なタイムで仮想トップタイム比で113.83%
2Hアタックが終わってからの走り込みで何本か走り込んで109.26%

となりました。

最近の自分の傾向なのですが、

・1ヒート目ミスコース頻度の上昇
・2ヒート走りきってからと走り込んでからのタイム差が出ている。

1ヒート目ミスコースは以前の持病が再発してきてる感じはあるので、そこは気をつけていくしかないですね(汗)

1H目は特に入れ込んでしまって力が入りすぎてミスしやすい性格のようなので、1H目は2H目の下見だと思うなりして落ち着いて挑めるようにメンタルコントロールをできるようにしていきたいと思います(´・ω・`)


2ヒートと走り込んでからのタイム差については、これかの課題だと感じているところで…

ノービス時代に走り込んでタイム差がでるのは単純に技量であったりコースへの慣れの部分が多かったと思います。

C2に上がってからは走り込んでもそこまでタイム差が出ない時期もありました。

そして、また最近タイム差が出てきている原因として考えられるのはコースへの慣れの部分が、以前よりももう少し高いレベルで生じているためだと感じています。

タイムが伸びる時の感触としては、首振りを少なく次の次パイロンを目指して視点をドンドン先へ送っていけている時。まぁ、要するに身体の向きをしっかり次に向かって入れて、次に向かって早めにアクセルを開けて曲がれているときなんですよね。

次の次のパイロンを把握・イメージがしっかりできていることが必要になるので、走り込んでいく内にコースに慣れて徐々にタイムが伸びていくので

2Hよりも走り込んだほうがタイムを縮めていけてるのだろうなと思います。


これを2Hでできるようになるためには…

コース図を2次元でイメージするんじゃなくて、もっとイメージを固めて3次元マップにして、頭の中で実際走るのと同じように走り込めるようにして何度もリピートできるようにすることが必要だと思います。

要するにイメトレが今後の成長に必要なのでは?と感じているわけであります。


そんな収穫のあったヒヨコ練習会でしたが、走行後何気なくタイヤをみてみると…

イメージ 4

うーんwwwwちょっと厳しい?ww

こんなタイヤでもそこそこのタイムを出せるようになったのは喜ばしいことですが、できることならもうちょっと溝のあるタイヤで走りたいですね…(´・ω・`)

お金がないので中古タイヤをヤフオクで探っているのですが、なかなか150のリアタイヤは出回っていないのでチャンスを伺っているという状況です。。




16日から正社員になって働くことになっているので、今週末からは不定休になってこれまでのような練習頻度は維持することが難しくなりますのでブログの更新頻度もどうなるか…

シーズンインも間近ということで、今年の大会参戦についての予定を話す機会も増えてきたのですが、今年は予算もないのでダンロップ縛りの大会はなし。遠征もなるべく抑える方向で考えています。

おそらくですが、KPR・RS京都・トライジムカーナあたりには参戦できそうな時に参戦しようかなと思っています。

参戦が難しくなるとリザルトとして残せる機会が減ってしまうので結果を出すことは難しくなりますが、実力は練習でつけていくことはできると思うので練習はできる限り継続していきたいです。


そんな感じで!(๑•̀ㅂ•́)و✧

この記事に

2017-03-11 水門練習

僕は年中アレルギー性の鼻炎もちなので花粉症とは無縁??だと信じているのですが、花粉症な人達はそろそろ辛いシーズンに入ってきたと話をきく季節になってきました。

そんな徐々に春めいてきた気候になってきて気温も最高気温では14℃を超える予報もちらほらとみかけるようになりました。

ということは、そろそろプロダクションタイヤを使い始めても怖くないかな?ということを考え始めるわけです。

で、練習に行く前日の晩に履き替え\(^o^)/

久しぶりに悪魔のタイヤ(?)のスーパーコルサV2を投入してみました(*´∀`*)

といっても、お金はないので在庫で抱えていたスリップラインがでているくらいの中古タイヤです(´・ω・`)


さて、そんな準備を整えてから土曜日は水門の方へ練習にいってきました!

久しぶりのスパコルなので、規定コースでどのくらい出せるのか早く試したかったので、普段よりもちょっと早めに到着♪(9時くらい?)

当然一人だと思っていたのですが、買い物に行く前についでにりょーくんが寄ってくれてコース設営を手伝ってもらいました\(^o^)/

その後りょーくんが離脱してから一人で何本か走り込みました。

久しぶりのスパコルの感触はというと…

”グリップしすぎて乗りにくい!”

スパコルからD212、スペックRのセットにしたときにセッティングをそこまで変更してなかったと思っていたので全く変えずに乗り出したのですがどうも違った模様(´・ω・`)

スリップライン出てるくらいのスパコルでハンドリングが変わってしまっているということも考えられるのですが、とりあえずそのままだと回転が全然決まらないので走っては空気圧やプリロードを触りつつ様子をみていましたがベストタイムは更新できず(ヽ´ω`)

昼休憩をのんびりとりつつ、ハンドル周りをちょびっとカスタマイズ。

最近ちょこちょこパイロンに引っ掛けることがあるので、バーエンドを短いタイプのものに変えてクラッチレバーもショートレバー化してみました。

イメージ 2

イメージ 3

これでちょっとはペナが減るはず(๑•̀ㅂ•́)و✧


お昼からはしょこら氏がやってきて、りょーくんもMT07のタイヤ交換を済ませて戻ってきました。

イメージ 1

りょーくん、しょこら氏は翌日のスポーツライディング浜松の方へ行って練習の成果を測定してくるとのことでこの日はいつもよりはちょっと控えめな練習だったのかな?という感じでした。

りょーくんの方は、翌日に向けてトランポに積み込んでやってきていて慣れないトランポの積み下ろしを頑張っていました(^q^)

※後日談ですが、二人ともいろいろとあって浜松へは行けなかったようです(;´∀`)

さて、そんな感じの練習だったのですがこの日の自分のベストタイム動画はこちら。


1’08’43

回転が結局いまいち決まらず、、ベストタイムの7秒台に入れることすらできませんでした(´・ω・`)

スパコルに戻せば6秒台には入れれるかなーと考えていたのですがそんなに甘くはないようです。グヌ

おそらくセッティングがあっていないからだと思うので、ボチボチとスパコルのセッティングを探り直していこうと思います。

スパコルにウォーマーを使ったのは今回が初めてだったのですが、やっぱりプロダクションタイヤは温めてあげると良いですね。

スリップラインが出ていて以前の僕ならまずつかわないだろうなっていう状態のタイヤでもウォーマーをかけてからなら、まだまだ使えるな?って思えるくらいにグリップしてくれました。

ウォーマーなんて使ってタイム狙うなんてガチすぎてズルい!!

なんて思われがちなタイヤウォーマーですが、

温まった状態からスタートすると、冷えたタイヤでウォームアップする必要がなくなるので一番転けやすい状態を回避できるので、要らない怪我をする心配が軽減します。タイヤの減りもウォームアップで走り込む必要がないので少なくなります。

イニシャルコストはけっこうかかるタイヤウォーマーですが、一度使い始めるとタイムはもちろんですが安全と金銭的な面でもやめれなくなりますね(*´∀`*)

セッティングを探っていく時でも、ウォーマーをかけてから合わせていけば、タイヤの温まり度合いでのハンドリングの違いがなくなるので同じ条件での比較が行いやすいのでセッティングも出していきやすいと思いました。


そんな感じで一日練習していたのですが、午後から風が出てきて冷え込んできたので日が出ていた時間でしたが早めに撤収をして暗くなる前に解散となりました。



…翌日へ続く!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事