古塚工房 新館

「古塚工房」の新しいブログはここです

全体表示

[ リスト ]

こちらのブログのルールにしたがって2016年アニメの評価を行いたいと思います。

おちゃつのちょっとマイルドなblog 2016年アニメアウォーズ!

-------------------
・最優秀作品 
・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)
・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
・ED部門 (同上) 


※注意事項等
2016年のTV放送分が対象。過去作の再放送は対象外。OVAや劇場版なども基本的には対象外ですが特に紹介したい場合、部門を別に作っちゃってください(OVA部門、など)。
・年をまたぐ作品、未完作品などに関して選考対象にするかどうかはおまかせします。
・何を選んだかだけでなく、簡単でいいので選考理由等も書いて魅力を語ってください(ただし致命的なネタバレは書かないようご注意を。)
-------------------

アクティヴレイド -機動強襲室第八係-
アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd
あにトレ!XX 〜ひとつ屋根の下で〜
あまんちゅ!
ガーリッシュナンバー
学戦都市アスタリスク(2期)
この美術部には問題がある!
最弱無敗の神装機竜
食戟のソーマ 弐ノ皿
ステラのまほう
タイムトラベル少女〜マリ・ワカと8人の科学者たち〜
だがしかし
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
灰と幻想のグリムガル
ハンドレッド
パンでPeace!
ラブライブ!サンシャイン!!
レガリア The Three Sacred Stars
ろんぐらいだぁす!
NEW GAME!
怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜



●最優秀作品
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?

もうこれは断トツ。
2016年の1位というより自分の中で殿堂入りの最上位クラスに入り込んだアニメでした。

適度にフィクションであり、適度に情操教育にも通じる現実的な題材を活かした内容を過不足描いたのが観ていてとても気持ち良かったです。
ラブコメ要素も高く、特殊な設定ではない日常を舞台にしたスクールライフアニメとしても面白かったです。

原作にも手を付けており、取捨選択と映像への落とし込みの上手さも実感して文句無しの最優秀作品でした。


■優秀作品
学戦都市アスタリスク(2期)

1期の時は同種ラノベ原作アニメの方が面白いと言われ続けてこちらのファンとしては悔しい思いをしましたが、2期に入ってより面白さが増して楽しめたアニメでした。

現代のラノベ原作アクションアニメとしては正統派のバトルアクションに仕上がっていたと思います。

特に16話(2期4話)は全編通してカタルシスに満ちていて、近年のアニメ作品としてはかなり高いレベルで充実感がありました。


■優秀作品
ステラのまほう

全体的にバランス感覚が良く、嫌味のない範囲ながらもゲーム作りや人間関係の問題に向き合う様が上手い采配だったと思います。


●キャラ部門
・男性
天霧 綾斗(学戦都市アスタリスク(2期))
所謂「ハーレムアニメの主人公」の鈍感さはありつつも、戦闘にも人間関係にも真摯だった好漢。
ヒロインのアプローチするシチュエーションが整理されてたお陰であまり「鈍感」な部分も目立たず、戦闘面に関しても主人公として相応しい活躍を多く見せてくれてとてもカッコよかったヒーローでした。


・女性
小日向 光(あまんちゅ!)
天野こずえさんの世界観の登場人物として「素敵」を提供する明るさがとても良かったです。
その一方で迷いのない明るさではなく、てこ の事に対して悩みそして自分も成長していく姿がとても輝いて見えました。

演じた鈴木絵理さんの好演もとても大きく、素晴らしい血の通ったキャラクターになっていたと思います。



●OP部門
該当なし

OPは突出した作品が思い浮かびませんでした。



●ED部門
学戦都市アスタリスク(2期)
愛の詩-words of love- 歌千菅春香さん


千菅春香さんの歌唱が素晴らしく今年のアニメの中で一番印象に残りました。
EDも千菅さん演じるシルヴィア・リューネハイムの歌唱と各校のイメージ像が壮大で、アスタリスクの世界観を後押するとても広がりのある素晴らしい映像でした。


■映画部門

・ポッピンQ
表から見ればダンスと異世界という要素が目立ちますが、蓋を開けて見れた王道な異世界冒険ファンタジーとそれを通した成長の物語。同じ東映アニメーションというのもあるんだろうけど、テイストとしては「デジモンアドベンチャーの再来」と言ってもいいくらいなワクワク感でした。
「悩みや問題を抱えた人物が異世界だったり異なる環境を通して成長して現実に戻る」メソッドが大好きなのもあるけど、そういう意味では実に自分好みで満足な映画でしたね。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

古塚さんこんにちは、
お礼訪問がかなり遅くなってしまいましてすみません
今回も参加いただきありがとうございます!
ネトゲ嫁断トツですか、そういう風に言える作品と出会えるってのは良いですね〜。
そこまでではないですが僕もお気に入りで見てました!

アスタリスクのほうは見てなかったので参考にさせていただきます!
ではでは、今後もどうぞよろしく 削除

2017/1/10(火) 午後 6:34 [ おちゃつ ] 返信する

顔アイコン

> おちゃつさん
ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

いやぁ、ネトゲ嫁は本当にここまで心地良く観れたアニメは本当に久しぶりで楽しかったです。
そうなんですよね、そういう作品に巡り会えた時の喜びが醍醐味なんだと思います。

アスタリスクも昨今の作品の中では丁寧に作られてるので好感でした・・・同系統作品が多いのが最大の難点だとは思いますが(苦笑)機会があれば是非ご覧になっていただけたら嬉しいですね。

2017/1/13(金) 午前 1:21 [ 古塚 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事