全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

事業仕分け 「国際交流基金、見直し」

刷新会議の仕分け人の方向は、文化事業を文化庁と国際交流基金でやっているのは重複していることに関して、調整せよ、そのために国際交流基金の事業全体を見直せ、ということ。海外に資金を800億円持っているということでそれを返却せよ、ということに、聞こえた。




全部、聞いていたわけではない。国際交流基金が、助成している日本語教育学会へ資金がなくなるかもしれないという話しを事前に伝え聞いていたけれども、そのことは特に触れられなかったと思う。全部、聞けていないので自信がない。

資金がなくなるということではなくて、日本語の普及を含めた文化事業全体の捉え直しを行うということでその中でゼロになるかもしれないということだろうか。

日本語教育は、文化庁と外務省(国際交流基金)からの資金によって運営されてきた。哀れまれてということでも、困っているところを救ってもらったということではなく、社会的に必要とされたから、日本語教育学会に資金を渡した方が効率もよく、成果が上がるから資金を提供されてきたということだ。その社会的な必要性は、変わることはない。

しかし、行政制度的に行政の機構がかわる。そのことは、変革への期待を持ってみるのなら、これまでのしがらみを解消する点は望ましいのかも知れない。省庁の壁は恐ろしくばかばかしいものであったのは事実だ。静岡駅前に総合施設ができたとき、商工会議所のある階と図書館がある階は、同じ階段では行き着けない設計になった。その理由は、商工会議所は経産省の助成、図書館は文科省の助成なので、両方に通す階段は、1つで2つの施設へ行く階段は、税金の効率的な利用なので作れなかったということがある。たしかに、そういうのは愚かだ。

重複に意味がないなら、1本にするということは望ましいに違いない。しかし、必要性に公共性があるものは廃止されてはならない。どういうやり方が本筋なのか、見識をもって、筋をとおしていく必要がある。筋を通せば、それでハッピーということではない。徒労に終わる危険性もあるけれども、ただ、黙っていればいいということにはならない。

少し勇ましい文章だが、実際のところは途方に暮れているところ。



<hr>

asahi.com(朝日新聞社)


<blockquote>
国立大運営費に厳しい指摘 事業仕分け

●国際交流基金運営費交付金及び運用資金(121億円、外務省)

(結果)見直し

(理由)他省庁に重複事業があり、整理が必要

</blockquote>


YOMIURI ONLINE(読売新聞)

<blockquote>



国際機関への拠出金「見直し」…事業仕分け

 外務省所管の独立行政法人・国際交流基金運営費交付金と運用資金は「見直し」と判定された。同基金は海外での日本語教育事業や文化人招聘(しょうへい)などを行っているが、「毎年度予算措置すればいい」として、951億円の基金の国庫返納を検討するよう求めた。基金返納については仕分け人16人のうち13人が「全額返還」と判断したが、とりまとめ役の菊田真紀子民主党衆院議員が「外交上問題がないよう返還内容を精査してほしい」と求めるにとどめた。

</blockquote>

この記事に

開く コメント(62)

開く トラックバック(3)

堤先生と長谷川先生の『「大学生」になるための日本語のブログ』がスタートしました。まずは、本書の特徴を紹介して下さっています。本書の特徴は何でしょう。本を見ていただくのが一番ですが、どうぞブログをご覧下さい。


<blockquote>
「大学生」になるための日本語
ひつじ書房から刊行された『「大学生」になるための日本語』を著者が紹介していくブログです。

</blockquote>

<a href="http://dainaru.shiga-saku.net/">

堤先生と長谷川先生の『「大学生」になるための日本語のブログ』

</a>






<img src="http://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/img/9784894764354.jpg" width=300 border="5">
<h2>「大学生」になるための日本語1<br></h2><br>
<p>堤良一・長谷川哲子著</p>
<p>装丁 大崎善治</A></p>
<p>B5判並製 本体1,900円+税</p>
<p>ISBN 978-4-89476-435-4</p>
<p><a href="http://www.hituzi.co.jp/books/435.html">ひつじ書房</A>

この記事に

開く コメント(0)

新しい「日本語能力試験」に対応?『「大学生」になるための日本語』(yahoo版)

九州大学箱崎キャンパスで開催されました日本語教育学会に参加してきました。

<img src="http://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/img/9784894764354.jpg">

堤良一先生、長谷川哲子先生著『「大学生」になるための日本語1』刊行しました。日本語教育学会にお目見えしました。

文法とタスクの融合を目指し、豊富で分かりやすいイラスト、著者が書き下ろさない実際に世の中に書かれた本文を使い、日常的な話し方をする俳優さんに吹き込んでもらった自然な会話の音声 CD2枚。新しい試みが随所で行われています。

日本語教育学会の初日のシンポジウムは、国際交流基金による新しい日本語能力試験の解説でしたが、課題遂行型のコミュニケーション能力を測るものになるとのこと(「課題遂行のための言語コミュニケーション能力を測ります。」『新しい日本語能力試験ガイドブック 概要版』)ですが、文法(言語知識)とタスクを融合させることを目標として作成した本書は、現時点でもっとも新しい日本語能力試験に対応している教科書と言えるのではないでしょうか。聴解も、新しい日本語能力試験のモデルに標準を合わせ、ある部分追い越しているとさえもいえる内容になっていると思います。


日本語能力試験
http://www.jlpt.jp/j/about/new-jlpt.html

<blockquote>

(1)課題遂行のための言語コミュニケーション能力を測ります
 日本語に関する知識とともに、実際に運用できる日本語能力を重視します。そのため、文字・語彙・文法といった言語知識と、その言語知識を利用してコミュニケーション上の課題を遂行する能力を測ります。
</blockquote>
(『新しい日本語能力試験ガイドブック 概要版』改定のポイント)
http://www.jlpt.jp/j/about/pdf/guidebook2.pdf




<img src="http://www.hituzi.co.jp/img/20091012a.jpg">

追い越しているというのは、どういうことかといいますと、会話が重なる、フィラーが自然に入っている、アナウンサーのようなスムーズ過ぎる滑舌ではなく、自然であること、わざとらしさがないほとんど「自然」と言っていいくらいの音声ということです。試験問題では難しいことかもしれないですが、本来的に言語教育が目指す新しい流れと私は思います。

<img src="http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/m/myougadani/20091011/20091011113727.jpg">


新しい試みというのは、決まったやり方があるわけではありません。無秩序、混沌の中、著者の先生方の挑戦に満ちた原稿を、デザイン的に整理してくださり、いろいろと工夫してレイアウトを提案してデザインしてくれたデザイナーの大崎さん、途中、頓挫しかけたところをクリエイティブなセンスで、あちこち突っ込んで仕事をいささか過剰にたいへんにしたという傾向はあるものの、かたちを作っていった板東は、とてもたいへんであったと思います。社運をかけたこの本を本のかたちにしてくれた2人に感謝します。内部的な関係者への謝意を表明するのは内輪ボメと顰蹙されるかもしれませんが、こころからの気持ちですので、ブログに表明させていただきます。

日本語学校で教えている方で、本書を見てみたい、使ってみたいと検討してくださいます方がいらっしゃいましたら、ひつじ書房板東まで問い合わせください。本書は、まだ、発展途上の教科書だと考えています。多くの方々のご意見、アドバイスを賜りますことを祈っております。

この記事に

開く コメント(1)

出版事務募集 文京区 茗荷谷 パート募集

●仕事内容(出版社の日常業務)

書店からの電話注文などの受注

流通代行業社への発注

書籍の発送

在庫管理の手伝い

など

●時間 10時ごろから15時ごろまで

週3日以上

●時給 1000円(研修期間は900円)

●徒歩、自転車で通える方。

●履歴書をお送り下さい。

●担当 三井陽子

●連絡先 03-5319-4916、toiawase@hituzi.co.jp

●112-0011 東京都文京区千石2-1-2 大和ビル2F

●株式会社ひつじ書房 1990年創立

この記事に

開く コメント(78)

出版の未来というタイトルでブログに書こうと思った理由は、出版ということについて、思い込みで書かれているページがあって、そこでされている主張は、私の視点からすると根拠がないように思われるのだけれども、今の世の中の雰囲気としてそういう考えはあるよなあと漠然とそう受け入れられているようなもので、特に主張があるようでもないので反論も受けず、結果として曖昧な同意があるようおもむきになっている。

何か主張があるわけではないのに、あるいはないがゆえに、曖昧な同意のおもむき。それが何か時代的なコンセンサスのように思われていく……。

もとにある前提が、非常に曖昧なものにすぎない。その前提とはこういうものだろうか。



1)紙の出版と電子出版を対比して、将来は電子出版にあるという意見
2)出版という活動自体を、滅び行くものであるという前提のもとに述べられている意見



おいおい述べていくが、紙の出版と電子的な出版は単純に対立的に捉えられるものではなくて、さまざまに複雑に絡み合っている。どっちかではなくて、どちらもというのが自然ではないだろうか。紙の出版は、消えていくものというのも前提としている意見も多いけれども、しかし、そうか。紙に限る必要はなく、電子的な出版の仕方を未来のものと固定する必要もない。くりかえすが、対立的に捉えることは了見が狭い。


3)出版が担う情報というものは、編集・出版という仕組みがない方が共有されるに違いない。
4)紙という縛りがない方が、情報は共有される



ここでは紙は、出版を実際に行ってきたこれまでのあり方の象徴となっていると感じるのは、私が出版というものにこだわり続けているからなのだろうか。


出版というものが、どうなっていくかということを見つめていくことを私自身が、出版社を20年近くやりながら、考え続けてきたことを踏まえて、出版の未来は、実際にどうなのかということをここでは述べていきたいと思うのであります。

この記事に

開く コメント(41)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事