韓流サッカーをエンジョイ

2003年、韓国発の韓流サッカーをひろめよう

全体表示

[ リスト ]

真のお父様、清心国際病院特別室への決定(2)

<1からの続き>
 
愛する食口の皆様!
創造原理によれば肉身を持って生まれた人間は誰彼を問わず例外なしに地上生活を終え て、永生の世界である霊界に移るようになっているではありませんか? 真のお父様の教 えを通じて、私たちはこれをあまりにもよく知っています。かといって病中にある人々を 放置するとか、なおざりにすることはできないのがまた人間としての道理でもあります。 同時代の同じ環境の中でさまざまな因縁を結びながら地上生活を営む私たちとしては、周 囲の父母や家族、親戚たちが病気になり病と闘うようになれば、最善をつくして面倒を見 なければならないことが人間としての義務であり道理でもあります。
ましてや一日一日真のお父様の闘病を見守りながら看病していらっしゃる真のお母様と 真の子女様の心情はどうでしょうか? 肉身を持った人間が歩いて行く3段階の人生の原 理を分からない筈はありません。お母様に侍り私たちはまさに天の前にしがみつきながら 「奇蹟」を切に求めています。真のお父様は人類歴史上ただ一度だけ来られるメシヤであ り、永遠に真の父母として記録され、仕えられなければならないただ一人の救世主であら れます。真の父母様の他には誰も再び「人類の真の父母」にはなれません。このように貴 くて貴い真のお父様の重患者室の闘病について、70億人類は夜を明かしながら祈祷して快 癒を祈らなければならないでしょう。もっと可哀相な衆生のために、私たちと共にたった 一日でも良いから長く生きてから行ってほしいと、天の前に訴えなければならないでしょ う。
愛する食口の皆様!
しかし天の摂理は、人間の思いのとおりにはならないようです。
今まで真のお父様の病状が好転しているようにお話ししてきましたが、数日前からは元 通りになることができない状態に入ったというのが医師たちの報告です。切なくて悔しい 心で病院を見守る真のお母様をはじめとする私たちは、ソウル聖母病院と同時にソウル大 学校病院の門をたたいてみたりもしました。
ところが意外にも青天の霹靂のような警告を受けてしまいました。ソウル聖母病院とソ ウル大学病院の呼吸器系統の韓国最高の医師たちの結論が、現代医術の見地ではこれ以上 真のお父様の肺機能の回復を約束することができないというものでした。真のお父様の肺 機能が回復する確率がほとんど皆無であるという、とてつもない現実の前に私は泣きわめ きました。8月28日のことでした。一人部屋に入られて限りなく慟哭されるお母様の姿に おえつ 触れた私は、胸がつぶれるほどに嗚咽しました。しかしこの冷酷な現実をとり戻すにはあ まりにも遅すぎました。私たちは次の段階の摂理に足を移さなければならないためでしょう。
真のお母様の指示に従い、8月28日の午後に私たちは対策会議を持ちました。参席者は キム・ヨンフィ、パク・ポーヒ、イ・ジェソク、ソク・チュンホ、訓母様、キム・ヒョー ヨル、そして真のご家庭の代表として文國進様と文亨進様、この8名が真のお母様に侍り 深刻な会議をしました。全員が、今私たちが当面している深刻な現実に対して、どのよう にすれば真のお父様をより少しだけでも地上で長く侍ることができて、より少しでも楽に 生きられて行かれるようにできるかどうか、深刻に考えて議論しました。真のお母様の意 志はいつよりも強いものでした。「何の事があっても、真のお父様のご聖体を保護しなけ ればならない!」というみ言でした。
実は総合病院の重患者室というのは、医学的には厳格に保護されて徹底的に管理されて いる所であることには間違いないのですが、霊的な雰囲気や環境としては限りなく劣悪で 不潔な所でもあります。ある日には一日に何人ずつも死んで行くこともあり、また面会の 時間になって訪問者たちが群がって来ると電車のホームのような雰囲気にもなります。重い病気の患者ですから、免疫力がほとんど0まで落ちている真のお父様のご聖体にどのよ うな病菌が侵入してくるかも分からない状況になるのです。そして「絶対安静」を要する 真のお父様の状態については切なくてしょうがありません。真のお母様や真の子女様の病 室訪問も、1日に1,2回、また1回ごとに2人ずつ、それも20分ずつに制限されてしま い、父様を何日もの間お目にかかることができなくなった真の子女様も出てくるようにな りました。
このような切ない事情の下で、真のお母様と対策会議に参加した全員の決定は、真のお 父様を聖母病院重患者室から、清平に用意した清心国際病院の特別室(真の父母様専用)に 移動して侍りながら、治療を受けるようにして差し上げる事になったのです。もちろんソ ウル聖母病院の重患者室で受けたすべての医療機器と治療をそのまま移して、真のお父様 の治療を続けるでしょう。お父様がソウル聖母病院を出発して清心国際病院に移動する過 程には、お父様の主治医であるチョン博士と、聖母病院重患者室の呼吸器患者総括医師で あるキム博士が責任を負って遂行するようになります。2人の医師ともにエムブランスに 乗り、直接お父様を清心国際病院までお送りします。その後にもこの医師たちは随時出入 りしながら、お父様の治療に万全を期するでしょう。より一層24時間を専門に担当して見 守りながら治療を監督する、呼吸器系統の専門医師1人を日本から招いて来ました。聖母 病院重患者室で真のお父様を専門に担当し看病した、熟練された看護婦たちも一緒にお父 様に侍り、清心病院に移動してずっとその所で看護をするようになるでしょう。他の患者 たちが全然いない広い空間に真のお父様のためだけの重患者室の準備を完璧に取り揃え て、24時間真のお母様と真のご家庭の看護を受けられ、多くの食口の祈祷と讃頌の中でお 父様の病状に天の奇蹟が現われることを望みます。
実は、真のお父様は総合病院の重患者室にいらっしゃっても今は各種機械の助けを借り て生命を維持しておられる状態です。肺炎で重患者室に入院されてから15日目を過ぎて、 それらによる合併症の症状が現われています。すでに腎臓の機能が止まっており、肝臓の 機能も急速度に落ちています。更に真のお父様の血液は、人工機械によって生産された酸 素供給がなくては生命を維持することができない段階にまでなってきました。このような 状況にあってソウル聖母病院側は「これ以上現代医学の技術では真のお父様の病状を好転 させる術がない。」と言う通報をして来ました。したがって真のお母様と真の子女様そし て対策会議に参加したすべての方々は、万人の聖地となる清平団地内の、真の父母様が立 てられた清心国際病院で専門的な治療を受けられることが、より大きい摂理的な意義があ るという結論を下しました。そう遠くない時期に真のお父様はソウル聖母病院担当医師た ちの看護を受けながら、真の父母様の天正宮がある清心団地に移られるようになるでしょう。
愛する食口の皆さん!
私たち全員は中断ない祈祷と精誠で、天の前に奇蹟を切に求めなければならないでしょ う。真のお父様が基元節までは健康を完全に回復されて、歴史的で摂理的な基元節の行事 をご覧になり、主管されるように切実な心で祈りましょう。皆さんの祈祷と精誠が天に到 達すれば、必ずや奇蹟が起きることを私は信じます。
世界副会長 兼 韓国協会長 石竣滸 拝
※ 参照として、この全体の内容は主治医を通じて同意を受けて発送するものです。
世界統一教宣教本部
 
 
 
 
訪問ありがとうございます。
¤ˤۤó\֥���¼¡¦Åý¡ë춵²ñ¤Ø
 
 
統一教会員の合同ニュースブログ

閉じる コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

ブログバナー

 今日全体
訪問者96116260
ブログリンク014
コメント0222
トラックバック043

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事