☆いろんな気持ち☆

ご訪問ありがとうございます。

全体表示

[ リスト ]

注射について。

排卵誘発剤の注射っていろんな種類がありますよね。
かれこれ5年目の治療暦になると、たくさんの種類の注射を体験したものです。
どれが自分に合ってるのか?どうすれば卵の質がUPするのか?
未だに未知の領域のような気がします・・・。
 
 
今、まさに誘発中の私。
顕微授精を行った過去の病院2件で、なかなか陽性が出ずに
今回、転院後の初ICSI。
院長先生にお任せの誘発剤。(ロング法は夫婦の意見も考慮してもらいました)
 
 
〜過去の誘発記録〜
 
1回目(S病院)
   hMGフジ300×2Day
   hMGフジ150×5Day
 
2回目(S病院)
   hMGテイゾー300×2Day
   hMGテイゾー150×5Day
 
3回目(Nクリニック)
   フォリスチム225+hMGテイゾー150×2Day
   ゴナピュール300×4Day
   ゴナピュール150×1Day
 
4回目(Nクリニック)
   フォリスチム225+hMGテイゾー150×2Day
   ゴナピュール300×2Day
   フォリルモンP300×5Day
 
すべてショート法
 
 
 
排卵誘発剤(注射)にはFSH製剤と呼ばれるものとhMG製剤と呼ばれるものがあります。
 
FSH製剤(ほぼFSHのみを含む)
   フォリスチム、フェルティノーム、フォリルモンP,ゴナピュールなど
   中でもフォリスチムは今までの人の尿由来だったFSH製剤と違って
   遺伝子組み換えのFSHを使用しており、純度が高く品質が安定している
   と言われています。(卵の質を良くする為に使うともよく聞きます)
 
hMG製剤(FSH+LHを含む)
   hMGテイゾー、hMG日研、hMGコーワ、hMGフジなど
   メーカーによってFSH:LH比が違うので、ドクターの判断によって
   使い分けされています。
 
参考にどうぞ(不妊治療に使用する薬)⇒ http://chuchu.lolipop.jp/p/okusuri.htm
ホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)⇒ http://www.e-pharma.jp/dirbook/contents/data/yak/24drg.html
 
 
私は専門家ではございませんので、経験を元に書いてますが
注射の後にしこりが残るのはhMG製剤ですね。
それも単位が多くなればなるほど、度合いがUPします。
よく揉んだらいいと言いますが・・・
よく揉んでもしこりは残りますね(私の場合)。
揉みが足りないと翌々日まで余裕でしこりが残り痛いものです。
今朝は、腕にhMGフジを打って貰ったので15分は念入りに揉んでみましたが
すでに、コリコリで腕を上げると痛みがあります・・・(泣)
 
 
注射の液が入る、あのヂクーーーーっとした痛みも
注射の種類によっては多少の違いがあるけど
さすがに300にもなると、どれも痛いです・・・。
フェルティノーム、ゴナピュール、フォリルモンPが
少し楽で・・・テイゾーさんはかなり苦手です。
 
 
今回、まだ途中なので何とも言えませんが
フォリルモンP300×3Day
hMGフジ300×3Day
と言う組み合わせは、どういう意味があるんだろう?って思います。
だからと言ってなかなか院長先生には聞けないものですが^^;
以前の誘発はすべてお伝えしてるので
充分考慮の上の判断だと信じています。
途中経過(卵の育ち具合)で変更にもなりますしね。
 
 
今回、初めてのロング法で・・・
少しでも妊娠に近づけたらよいな。。。と切に思うこの頃です。

この記事に

開く コメント(10) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事