マンガ好きの戯れ言

「実私」もクライマックスかな?

全体表示

[ リスト ]

新連載は「ROBOTICS;NOTES REVIAL LEGACY」(原作/5pb. 漫画/シヒラ竜也)。
「ジョジョリオン ジョジョの奇妙な冒険 Part8」、「BASTARD!! -暗黒の破壊神-」が休載。

ROBOTICS;NOTES REVIVAL LEGACY(原作/5pb 漫画/シヒラ竜也)【新連載】

姉との唯一の繋がりであるロボット研究部を残すには大会で優勝するしかない。
しかし今のままでは決勝の相手には勝てない。

偶然の出会いは必然だったという事ですかね。
どう見ても奇人の神代フラウさんが突然手を貸してくれる事になったのは、
自分もロボ研に関係があるからなのでしょうか。

とにかくメンバーは揃った。
これなら優勝も夢じゃない?

って、最初からクライマックスのような展開なんですけどー

神代さんのキャラはあまり好きではないけど、
一生懸命な瀬乃宮あき穂さんが良い感じなので、作品の印象としてはプラマイゼロという事です。

ぎんぎつね(落合さより)

義友は気が利くし、頭は良いし、かなり優秀な人ですよね。
そんな義友が神主にならなかった理由は何だろう?

神を信じられなくなったのかな。
信じたところで人の死は回避できないのなら、信じても仕方がないじゃないかとか。
何があったか分からないけど、かなり深い理由がありそうですよね。

・・・まことの母親が原因なのかな。

ちょっと重い話になりそうな所を、まことがうまく軽減してくれたと思います。
まことにはいつまでも真っ直ぐでいて欲しいね。

STEINS;GATE 哀心迷図のバベル(原作/5pb.×ニトロプラス 漫画/成家慎一郎)

紅莉栖はもうすぐ自分が死ぬというのに、父親の事が気になるようだ。
いや、もうすぐ死ぬから少しでも知っておきたいのかもしれない。

カセットテープに録音された会話の内容は一体、どんなものなのでしょうね。
フェイリスさんが口外厳禁と言っていましたが、それは突拍子もない話だからなのか、
それともとても危険な話なのか・・・

紅莉栖とフェイリスさんの絡みはなかなか良かったけど、
ここにまゆしぃがいないのがちょっと残念だ。
皆で揉みあって欲しかったなぁ。(おいおい)

ユンボル -JUMBOR-(武井宏之 脚本/御上裕真)

気が付いたらオーガに囲まれていたよ。
なるほど、ゴーストタウンになっていた理由はこいつらか。

姫が大ピンチに陥りましたが、バルの覚悟を聞いて助けてくれる人物が登場。
その名もオーガハンターのバーン・ハッパー。
元仲間か。

ハッパーはバルを親方と呼んでいますね。
ニッパとバルの会話を聞いていたのかな?

長歌行(夏達)

まさか、燕王李芸将軍がこの場で亡くなるとは。
長歌はやっと見つけた味方だっただけに、悔しいでしょうね。

しかし燕王李芸将軍から授かった燕雲十八騎はかなり強力。
彼らを自由に使えるのは大きいですね。

準将軍は長歌の頭の回転の早さや、
先を見越した発言からかなりの信頼を置いているし、
長歌は着々と反撃の基盤を整えていますよね。

こういう展開は読んでいて面白いです。

はやて×ブレード(林家志弦)

次々と行く手を遮ってくる黒組。
また間に合わないのでは?と思わせられました。

でも今回は違った。
黒組の思い通りになってばかりではストレスが溜まりますよね。
相手がデータに基づいて動くなら、こちらは呪術だ!
犬神さんって、本当に使い勝手が良いなぁ。

はやてと綾那の邪魔はさせないと、
はやての友人達が次々と参戦してきたのだ。

これは何とも心躍る展開ではありませんか!
次回ははやての仲間達と黒組の戦いかな。
何気に参戦しているはやての母親(&柳生)の戦いが楽しみです。

しかし、これではやてと綾那は染谷・上条組まで一直線!と思っていたのに、
とんだ邪魔が入ってしまったよ。
模擬試合の時の恨みがあるのだろうけど、ここで立ちはだかるとは・・・
空気読まない人だなぁ。

PEACEMAKER(皆川亮二)

どうやら包囲している者はかなり厄介な相手のようだ。
もしかしたらゴードンも危ないかもしれない。

既に建物内に侵入されていて、
ホープ達も自分の身は自分で守るしかない状態。
ここでもニコラは不殺を通すのかな?

・・・・通すのだろうなぁ。

Tail star(okama)

おお、彼女が各地に散らばっているという尾王の1人なのか。
今は正体を知られないように、黒の女王に付いているようですが。
色々とツライ目に遭っているだろうなぁ。

サナギは今のままではマユを守る盾にもなれない。
もっと強くならなくてはいけないのだ。

帝国民になるのは屈辱かもしれないが、今は耐えなくてはいけない時。
今の時点ではこれ以上語る事も無いような気がしますね。
次回は何年後か経った状態になっているのかな?

つきロボ(中平正彦)

別れは突然やってくる。
まあ、地球に帰るのは確定していた事ですから、
仕方がないのですけどね。

しかしつきひに落ち込んでいる暇はなかった。
悩みを抱えるマラソンランナーとの出会いが待っていたのだ。
まずはどんな悩みを抱えているのか知らないといけないですね。

年下のつきひを頼るのですから、精神的な事なのかな。

アド・アストラ -スキピオとハンニバル-(カガノミハチ)

ローマ軍は火牛により大混乱。
この機に乗じてハンニバル軍が攻めてきたらピンチと思ったようですが、
特にそんな様子はない。

それもそのはず、この機に乗じて平野から脱出するのが目的だったのだ。

本来ならまだ包囲網は抜けられないはずなのだが、
ミヌキウスの勝手な指示のせいで包囲が解けていた。
明らかにミヌキウスの失策なのだが、
彼はファビウスの失策を責め、自分の行動を正当化。

こんな事をしていれば、逃げられて当然だね。

とにかくハンニバル軍を取り逃がした事は事実。
ファビウスは前線から退き、今後の指揮はミヌキウスが執るようだ。

うっかり罠に嵌まってくれそうなミヌキウスの方がやりやすい気がしますね。
スキピオがいるので侮れませんが、まだ彼の発言権はそんなに強くないでしょう。
今のうちにローマ軍を徹底的に叩いておくべき?

NEEDLESS(今井神)

離瑠強えー
サイコキネシス使いかぁ。

唯一対抗できるのはクルスの盾くらい。
それも別方向からの攻撃には弱いという欠点を見抜かれてしまったし、
これは勝ち目がないのでは・・・

ブレイドが惜しいところまで迫ったのだけどなぁ。
サイコキネシスで遠ざけられてしまった。

しかしこれがブレイドの狙いだったとは!
たいしたものです。

果たして中から何が出てくるでしょうか。
離瑠の本体だったりして?

℃りけい。(原案・脚本/青木潤太朗 漫画/わだべん)

ピタゴラスイッチ的な装置って魅力的ですよね。
化学部の部員も巻き込んで大掛かりな装置に・・・

大掛かりな装置はピタゴラスイッチ的とは言わない!

でも、遣り過ぎちゃうところも良い所。
可憐な女生徒達が大騒ぎしている所は微笑ましくてナイスです。
今回も楽しませていただきました。

次号予告

表紙&巻頭カラーは「ジョジョリオン」
そしてジョジョ25周年記念豪華小冊子付き。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

夏達先生は皆川亮二先生に武井宏之先生らウルジャンの
漫画家さんと共にジョジョのコラボアートに参加していた
そうですね?

でも、僕の場合夏達先生の腕を買うとしたらやはり講談社の
アフタヌーンの編集取締係に買わせるべきだろうと
何気に
思ったりします…。

夏達先生にジョジョは失礼ですけどイマイチですし、元々
少女漫画かである上、少女漫画ライクである[ああっ女神さまっ]の
藤島康介先生とコラボして、お互い
[誰も知らない 〜子不語〜]に[ああっ女神さまっ]を
取替えっこして内表紙のみアートワークを描きおろし
させる企画なんてしたら耳寄りな一大事だっただけに
残念でなりません…。

2012/9/17(月) 午後 2:02 [ ビビンバ丼太郎 ] 返信する

顔アイコン

アンパンスグル乃助さん
コメントありがとうございます。

少女漫画家の夏達先生なら藤島康介先生とのコラボは面白そうですね。講談社とのツテがあれば、ですけど。

まあ、こういうコラボなら面白いのでは?という意見を出し合うのも良いものですねぇ。

2012/9/17(月) 午後 11:54 [ nama‐k1 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事