関東の山と沢

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
【金時神社から金時山往復のGPS軌跡】

夏山に向けたトレーニングとして、箱根の金時山へ出掛けてみた。
山行記録は、MR735
GPSは、GARMIN GPSMAP 64sである。
マップは「地理院地図レベル16」、ソフトはカシミール3D。

イメージ 2【登山コース案内図】

前日、宮ノ下温泉の宿に泊まり、朝食ビュッフェで腹一杯食べる。
ガラスの森美術館にカミさんを置いて、金時神社の駐車場へ向かう。

イメージ 3
【金時神社登山口】

何とか無料駐車場に車を押し込み、支度して歩き出す。
気温はさほど高くはないが、昨日の雨で湿度は高い。
山道に入り、薄暗い樹林帯を黙々と登る。

金時山は、足柄峠南の林道終点から、二度往復したことがある。
所要時間は、往復3時間弱だった記憶がある。

イメージ 4
【金時宿り石】

一旦、林道を横切り、なおも単調な道を登って行くと、金時宿り石と呼ばれる大岩の前に出る。
大岩の左側を巻くように進み、その先で道は大きく右へと曲がる。

イメージ 5
【公時神社分岐】

しばらくトラバース気味に右手へと進み、やがて尾根状を登るようになる。
公時神社分岐で矢倉沢峠からの道と合流し、尾根道を左へと向かう。

イメージ 6
【金時山山頂】

登山口から1時間強で、賑やかな金時山頂に至る。
曇天で展望は得られないし、人が多い。
行動食と飲料を口にしたら、早々に引き返そう。
下りは50分で、登山口に戻る。

ガラスの森美術館でカミさんを拾い、昼飯を食べに行く。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
【小足沢大滝氷瀑】

大滝正面斜面の少し高い位置から。
大滝は、立派に凍っている。
この沢の水量で、ここまで凍結していれば、苦労して来た甲斐があるというものだ。

イメージ 2
【小足沢大滝氷瀑】

同じく、人物も入れて。

イメージ 3
【小足沢大滝氷瀑】

一段下って。

イメージ 4
【小足沢大滝氷瀑】

徐々に接近。

イメージ 5
【小足沢大滝氷瀑】

出来るだけ接近して、見上げる。

小一時間の滞在後、ザイル頼りに、一人ずつ登り返す。
かなり体力を使う、厳しい登りだった。

下降点から、以前登った右岸尾根岩稜の懸垂下降を試みるも、藪岩稜の条件が悪く、断念する。
結局、右岸尾根を登り返し、1185Mから松木川へと往路を引き返す。
松木川の渡渉に時折苦労しながら、二段堰堤を巻いて、アイゼンを外す。

暗くなった左岸林道を、ヘッドライトを灯してひたすら歩く。
疲れ果てて駐車場に戻ったのは、午後7時半であった。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1
【小足沢出合上流の松木川左岸から小足沢右岸尾根斜面を登る】

二段堰堤を越えると、すぐに三沢出合である。
さらに少し進むと、小足沢出合に至る。
予想通り、出合の小滝大釜は取付けそうもないので、深入りせずにさらに上流へ向かう。
この先の松木川は、渡渉に少々苦労する。

左岸斜面の傾斜が緩んだ辺りから、樹林帯に取付く。
そこそこの傾斜があり、またガレているので、登り辛い。
高度を上げて行くと、次第に雪が深くなる。
斜面に取付いて1時間ほどで、小足沢右岸尾根1185Mに至る。
ここでアイゼンを装着する。

イメージ 2
【大滝下降点から俯瞰】

慎重に右岸尾根を辿り、大滝下降点まで下る。
早速、立木にザイルを固定して、先ずはルート工作だ。
ザイルを多目に用意していたが、結局ザイル2本で、滝前まで下降出来てしまった。

イメージ 3
【小足沢右岸尾根】

イメージ 4
【大滝下降点付近】

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
【松木川左岸林道を歩く】

足尾の銅親水公園駐車場に集合し、午前7時に歩き始める。
林道は凍結しており、風に飛ばされた雪粒が、顔面を襲う。

イメージ 2
【松木川左岸林道を歩く】

周囲の山肌に陽が当たり始め、青空が広がる。
オオナギ沢付近から、林道が荒れ始める。

イメージ 3
【松木川右岸の岩稜】

所々、吹き溜まり状のラッセルを強いられる。
対岸の岩稜を横目で見ながら、1時間15分で丹平治沢に至る。

イメージ 4
【左岸の氷柱】

小休止後、さらに林道跡を辿り、ウメコバ沢出合手前で川原に降りる。
凍結した川原を進み、ウメコバ沢を見送り、堰堤手前で渡渉して右岸へ。
二段堰堤下段は右岸から落口へと登り、左岸へ渡って上段を巻く。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
【再び展望小尾根から雲龍滝】
 
元来た獣道を戻り、例のガレ小沢を少し登り返して展望小尾根に乗る。
雲龍瀑は、既に日陰となっていた。
 
イメージ 2
【右岸獣道を戻る】
 
岩根沿いの獣道は、やはり結構不安定だ。
 
イメージ 3
【右岸踏跡を偵察】
 
 林道跡に戻り、林道終点を偵察すると、シッカリとした踏跡があった。
帰りの林道歩きも、2時間かかった。
途中、何でも無い所で足首を捻挫してしまう。
その後3週間ほど、山歩きが不可能となった。

この記事に

開く コメント(0)

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事