◆京都生まれの気ままな遁世僧、「今様つれづれ草」。◆

心に移りゆくよしなしごと、仏教・親鸞・我が故郷京都…、拙き日暮らしに写真を添えて綴る“公開備忘録”

全体表示

[ リスト ]

「天才バカボン」。

オフ会解散後、M師と飲んでいて面白い話を聞いた。

赤塚不二夫原作の『天才バカボン』の語源についてである。
もっとも、少なくとも仏教を学んだり興味のある人間であるならば、
「バカボン」という言葉そのものにピンと来る筈である。

しかし、それが単なる偶然ではなかった。
そして、「トリビアの泉」でも採用された、全く「ガセビア」ではないというのである・・・・・。
情報に疎い私は、そんなのがオンエアされたとは、ついぞ知らなかった・・・・・。

「バカボン」とは・・・「薄伽梵(バギャボン)」から来ているというのである。
「薄伽梵」は“バガボン”とも発音する。
即ち、サンスクリット語の“Bhagavad(ヴァガバッド)”を経典の漢訳に際し、
発音を漢字に音写したものである。
その意味は「覚れる者」という意味で、“Buddha(ブッダ)”と同義語である。

“Bhagavad”は「世尊」とも訳されている。
「世の中で尊敬されるべき方」という程の意味である。
一般に「釈尊」と呼ぶのは略称であり、正式には「釈迦牟尼世尊」という。
尊称の最後の「世尊」は“Bhagavad”を漢訳したものなのだ。

ところが・・・・・
「トリビア・・・」で取り上げられたのはここまでらしい。
M師によると、まだ続きがあるというのである。

バカボンにはチョー天才児「はじめちゃん」という弟がいる。
「はじめちゃん」・・・・
決して奇天烈な名前などではない。
別に何処にでもありそうな名前である。

しかし・・・・・
これもインド学仏教学を学んだ経験があれば、ピンと来る名前なのである。
即ち、東大インド哲学科の碩学で、近年亡くなった中村元(なかむらはじめ)博士の名である。
中村博士は、内外に知られたインド哲学者である。
多くの著作があり、また多くのサンスクリット語・パーリ語経典を翻訳されている。

バカボンの弟・はじめちゃんは中村博士から採った名前というのだ。
赤塚不二夫は仏教にも造詣が深かったのだろうか・・・・。
それにしても、私は子どもの頃『天才バカボン』のアニメを見ては、
テレビの前で泣いて笑い転げたものである・・・・。

要するに・・・・
兄バカボンの良き理解者が弟のはじめちゃんであり、
バカボンもまた弟を慈しんでいる。

以て、バカボンは天才なのである。
天才は奇想天外であり、一種の人智を超越したものがある。
まさに「薄伽梵」なのである。
その「薄伽梵」を理解し得るのは、これまた、まさしく「はじめちゃん」なのである。

「はじめちゃん」の出生もまた、天才的要素に満ち満ちている。
生まれて程なく言葉を話し、程なく立って歩くのである。
まるで釈尊ではないか・・・・。


ところで・・・・少し真面目な話も加えておきたい・・・。

釈尊はルンビニーで生まれるや、七歩進んで右手を天に指し左手を地に指して、
天上天下唯我独尊・・・・と言った。

この話は万人の知るところである。
天界においてもこの娑婆においても、唯一私は尊い存在である・・・・
大体、そういった意味合いの言葉であるが、
この言葉だけ聞いていると、まるで小林よしのりの『ゴーマニズム宣言』である。

この言葉にはしっかり続きがある。
続きの言葉こそ、仏教の在り方を示しているのである。

三界皆苦我当安之・・・・・

三界とは迷いの世界と理解して差し支えない。
仏教では我々の生きている段階の世界を三界という。
つまり、欲界・色界・無色界の三段階に分けて考える。
我々は今、欲界に生きている。
よく共同墓地などへ行くと、無縁仏の墓石が山積みにされて、
その真ん中に「三界萬霊」と刻まれた五輪塔や石碑を見ることがあるが、
言うなれば、「我々が生きているレベルの世界全ての霊魂」という意味である。

我々が生きている世界は苦に満ちているので、私がこれを安らけくしよう・・・
という意味なのである。


天上天下唯我独尊
三界皆苦我当安之


このように、一対になって初めて意味をなす述語であるが、
何故か「天上天下唯我独尊」の方だけが、一人歩きしてしまっているのである・・・・。

七歩進んだというのも意味がある。
それは六道輪廻を、生まれながらにして超越しているという意味だ。
我々凡夫は六歩で終わるが、釈尊は既に一歩リードして六道の外におわすということの象徴である。

考えてみれば、生まれたての赤ん坊がいきなり歩いて、
そんな難しい言葉を発する筈がない。
現代人にしてみればナンセンス過ぎる話である。
宗教にありがちな奇跡の捏造と言ってしまえばそれまでである。

しかし・・・・、
この釈尊の誕生譚こそは、仏教の存在意義を顕かにするものなのである。
言わずもがな、2500年前に釈尊が娑婆に生まれなければ、
仏教は存在し得なかったであろうし、「真理」は永遠に「発見」されることはなかったであろう。

仏教誕生の瞬間が、既に釈尊誕生の話に託されてあるのだと思う。
宗教は本質を知れば、付属する伝説も理解できるのである。

ただ、盲信はやめた方がいい・・・ヘェヘェヘェー(御粗末)。
























■この記事を以て、200本目の記事となりました。いつも有難う御座いますm(_ _)m

この記事に

閉じる コメント(78)

顔アイコン

女庭師さん、こんにちは。『ヴァガバッド・ギーター』ですか!!。確か、完訳は講談社から出ている長尾雅人博士の本ですが、それを読まれたのでしょうか。あれはバラモン教の聖典ですよね。ヴァガバッドという言葉は、同じ意味ですけど、一般名詞ですね・・・(^^)

2007/2/5(月) 午後 2:38 Rev.Ren'oh 返信する

顔アイコン

こんばんは。いちばん身近に感じる『天才バカボン』を読んでみたら、こんなに奥ふか〜い事実が!これを書いた赤塚はやはり天才か・・・。西から昇るお日様に、なかなか「これでいいのだ!」とはいえませんからね。

2007/2/25(日) 午後 11:39 nih*nn*k*nsei20** 返信する

顔アイコン

はるどんさん、こんにちは。バカボン親子の生き方は、ある意味に於いて、覚りの境地を確立しています(爆)。うん、これでいいのだ・・・ガハー

2007/2/26(月) 午後 3:08 Rev.Ren'oh 返信する

顔アイコン

|:3ミ … バカボンパパ(横)
また、かきます

2007/7/3(火) 午後 2:33 [ - ] 返信する

顔アイコン

akkie2jpさん、こんにちは。初めまして、コメント有難うございます♪♪。

2007/7/4(水) 午後 1:01 Rev.Ren'oh 返信する

顔アイコン

すごく興味深いお話ですね!バカボンの由来...ときた時に「バギャボン」は思い浮かびましたが、はじめちゃんの由来が中村元さんだったとは!そして釈迦の歩いた7歩の意味...などなど。今日はすごく勉強になりました。よいお話をトラバして下さって、ありがとうございます♪

2007/12/19(水) 午後 11:49 れんげ 返信する

顔アイコン

れんげさん、こんばんは。いえいえどういたしまして・・・(^^)ゞ。中村元を知らないと、我々はモグリでした(笑)。それにもましてバカボンの隠された事実は私も驚きでしたね〜♪♪

2007/12/20(木) 午後 10:30 Rev.Ren'oh 返信する

顔アイコン

はじめまして。なんとなく散策していたらここにたどり着きました。私はバカボン世代ではありませんが、バカボンという言葉といい、チューラパンタカがモデルとしか思えないレレレのおじさんといい、赤塚不二夫先生って実は仏教に造詣が深い方なのか?と思っていたところに、はじめちゃんの由来まで!すごいです!驚きです! 削除

2008/1/5(土) 午後 11:50 [ とおりすがり ] 返信する

顔アイコン

とおりすがりさん、こんばんは。初めまして・・・拙ブログにコメント有難う御座います(^_^)/
チューラパンタカ=レレレのおじさん・・・なるほど、全くその通りですね♪♪。今気付きましたよ。
意外に奥が深すぎるマンガですねェ…う〜ん…。

2008/1/7(月) 午後 11:27 Rev.Ren'oh 返信する

顔アイコン

で、今回びっくり2つ目です。このとおりすがりさんのご指摘のチューラパンタカです。震えてしまいました・・・うわぁぁ。よく気がついておられますよね。
(ん?↑Mint発見) 削除

2008/1/22(火) 午前 10:18 [ Kinu ] 返信する

顔アイコン

Kinuさん、どうもです♪♪。「天才バカボン」は究極の仏教漫画です(爆)

2008/1/23(水) 午前 0:47 Rev.Ren'oh 返信する

顔アイコン

初めまして!!勉強になりました。『天才バカボン』のバカボンのセリフの中に「なるほど!」と思ったことが何回かありました。あなどれない漫画です。

2008/5/23(金) 午後 11:51 [ tkb**g_net ] 返信する

顔アイコン

tkblog_netさん、初めまして・・・。コメントどうも有難うございます♪♪。恐縮です・・・(^^)ゞ
そう・・・あなどれない漫画のです(笑)。だから「これでいいのだ!」

2008/5/24(土) 午前 1:20 Rev.Ren'oh 返信する

顔アイコン

寂光沙門さん、トラバ有難う御座います(^_^)/

2008/6/29(日) 午後 4:39 Rev.Ren'oh 返信する

顔アイコン

【Ren'ohより】新たにリンクを貼り付けました。引き続き、御笑覧下さいませm(_ _)m

2008/8/5(火) 午前 2:17 Rev.Ren'oh 返信する

顔アイコン

常楽さん、初めまして…、コメント有難うございます(^_^)/

2009/1/14(水) 午後 11:08 Rev.Ren'oh 返信する

バカボンのママが一番偉いと思う

2009/7/12(日) 午前 1:01 kunirinrin 返信する

顔アイコン

kunirinrinさん、初めまして…コメント有難うございます♪。そういう見解もあるんですねェ〜(^^)

2009/7/12(日) 午後 10:50 Rev.Ren'oh 返信する

顔アイコン

バカボン に はじめちゃん・・・そうなんですか!
してみると、「これでいいのだ」というあのフレーズにも何か重みを感じます。
早く知っていれば、違う味わいもあっただろうと残念です。

2009/9/6(日) 午後 1:11 [ walker ] 返信する

顔アイコン

walkerさん、どうもです…♪♪。古記事にコメント頂き、有難うございます…。私も随分後で知った事実ですが、それにしても奥が深いギャグマンガだと思いますよ(^^)

2009/9/6(日) 午後 7:07 Rev.Ren'oh 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事