模型

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

こんばんは

この辺りも、昨日今日と寒波の影響で雪のチラつく日でしたが
日本海側は、もっと大変みたいですがお気を付けてください。

本日は投票日、8時以降の番組は選挙関連でどれを選択するか、もしくは見ないかの選択でしょうか?
我が家は、池上さんが映っていました。本当に将来安心して暮らせる様にしてくださいよ!
余り書きたくない事ですが、税金を無駄使いして役職を辞任した方が、地元の力(親の七光り?)で
当選していましたが、少々納得出来ない光景ですよね(ー_ー)!!


話は変わりますが、あの話題の映画を観に行って来ました。

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」
完全新作映画楽しみに行って参りました。内容はネタバレになりますので此処には書きませんが
面白く、アッと言う間に終わってました。後2,3回は観たい位です。
嫁曰く、ブルーレイゲット決定だそうです。
イメージ 1
イメージ 2



















後、劇場特別販売のクリアメカコレセット大量確保
これで、空母3隻電飾準備万端です(笑)(予備パーツもあります!)
でも、一言「バーガーカッコ良すぎ!惚れてまうやろ〜!」(笑)

後、プラモでは無いですが息子の「最近、家の餃子食ってない」に一言で
餃子を作る事に・・・・・・!
イメージ 3

久しぶりに、125個包んだら手が
餃子になりました。

←50個包んだ所で、皿にまだ山積みの
皮が待機中!(-_-メ)
これを、焼くとアッという間に息子の
胃袋へ消えて行きます。





最近、夜が弱くなり中々作業が進まない状況です。
イメージ 4

某キットの改造写真
何かはご想像にお任せ(*^^)v

他には、F-14のコクピットや
グリモア、R・ギャギャの工作や、
アンモナイツ・ホワイトナイツの塗装の準備
など細かな事をしているが
写真を撮り忘れる事が・・・・・・(^_^;)

遺憾ですね!

近々大量に完成品をアップする予定です。
後、MG誌で「グリモアミーティング」開催予定ですが、メーカー、問屋にも在庫が無い様で
困っていると聞きましたが、テッサンは2個確保済(*^^)v








一言
近々に、新しい事を始めようと策略中!

追伸
此処まで書いて寝落ち(-_-)/~~~ピシー!ピシー!  次の日更新になったとさ
チン〜♪

この記事に

開く コメント(4)

最近の事 Part12


気付けば、12月に入っていました。m(_ _)m
又又、ご無沙汰の更新です。
「CAR&HOBBY IKUTA」のお客さんにも更新を聞かれました。

先週土曜日には此方で初雪が降り、タイヤ交換で朝からバタバタしたテッサンでした。
こんな事で、バタバタしていたら、東北、北海道の方には笑われるでしょうが
冬場に、2.3回降るかどうかのこの地方では雪が降ってから、慌てて交換する人が多く
ディーラーやガソリンスタンドなどはパニックに近い状況でタイヤ交換も一苦労です。
我「コペン」、16インチのスノータイヤが高くて、去年まで使用していた14インチで我慢です。

なんちゃってJMC
「なんちゃってJMC」は、何とか無事〆切に間に合い提出出来ました。
無事に、お仕置きも回避できました。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
毎回〆切物は、夏休みの宿題と同じになってしまってあの頃から全く成長出来ていない様です。(-_-メ)
近々「なんちゃってJMC」のサイトで公開されると思います。

収穫
東京ホビーショーの新製品が届き始め模型店が賑やかになってきました。
最近収穫した物を。

ハセガワ様 ロボットバトルV ホワイトナイツ

イメージ 1
Ma.k.以外の横山興作品「ロボットバトルV」
アンモナイツの宇宙用スーツバージョン

前回紹介したモデリングブックにも掲載されていますが
独特のデザインで好みが判れそうですが、
テッサンは、ホワイトナイツの方が好みです。
イメージ 2











実際、なんちゃってJMC終了後、アンモナイツと一緒に製作中です。
近日公開予定です。

バンダイ ナスカ級中型空母「キスカ」
イメージ 3
先週の土曜日から公開
「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」に登場する
ガトランティス軍の中型空母
バンダイの新製品ラッシュはどこまで続くか?

今回の上映が良くて「さらば」がリメークされて
大型空母やミサイル艦、駆逐艦などが
出る事を期待したい。

その前に、1/000デウスーラ―Ⅱ世を
出して頂か無いと(*^^)v



後、Ma.k.「オスカル」、ファルコ、F−14、ガタッカを作らねば!
今年中に何処まで完成するかヽ(^。^)ノ










一言
MG誌で「グリモア・ミーティング」が開催。
電飾グリモアにもう一機追加してビネットで参加予定。
何処までも、自分の首を絞め続けるテッサンです。


この記事に

開く コメント(2)

こんにちは

毎度ご無沙汰しています。
〆切に追われてアワアワしているテッサンです。

〆切と言えば、安倍首相が消費税UPするか判断すると言っていた11月でしたが
ご存知の様に、1年半延期になりました。少々ビックリです。
我々庶民には有り難い事ですが、財政難の日本の将来は大丈夫か少々心配になります。
個人的には、選挙は余分な気がしますし消費税UP前にやる事があると思うテッサンです。

ビックリしたと言えば、今月に入ってから
徳大寺有恒さん、納谷六郎さん、高倉健さんといろんな意味で渋い方たちがお亡くなりになりました。
細かな事は書きませんが、ご冥福をお祈りします。

最近の収穫

「横山宏 Ma.k.モデリングブック2」
イメージ 1
皆さんは、購入されましたか?

前作から8年も経ちましたが待望の第2弾です。
前回同様、模型の楽しみ方を自ら製作して
語る内容には、感銘を受ける事間違いなしです。

第1弾のお蔭で、筆塗りでもOKなど
カチコチに凝り固まった考えを解して貰ったものです。

今回は、オリジナルモデルや蔵出し作品の掲載や、
製作のヒントなど読めば読むほど味が染み出る
スルメ本です。

これを、読むと「アンモナイツ」や「オスカル」を
作りたくなって危ない本です。
ムズムズしますが先ずは〆切物を作ります。



「1/144 グリモア」
イメージ 2

ファルコの製作中でしたが、

ザクまでにはいかないまでも
量産機と言う事、電飾も出来そう事
併せて、カワイイフォルムに一目ぼれで
製作を開始

この後に、オスカル、ライトニングガンダム、
と、真綿で首を絞める事になるとは・・・・・!
(-_-メ)

イメージ 3
イメージ 4



















先ずは、ピンクに発光している部分のくり抜きLEDを仕込みました。
イメージ 5
イメージ 6











前は3528chipLDEのピンクを、後は1608緑色チップを仕込みました。

イメージ 7
襟の発光部分
先ずは、エポキシパテで襟から首までをカバーする様に
して裏をくり抜いて遮光しました。
スリットに、アクリル板を埋め込み整形
マスキングして塗装します。
マスキングは、毎度のバンダイマスキングを使用
(入っているホイルシールを利用しただけですが)
イメージ 8












後、腰の部分は前回掲載しましたが、スリットをくり抜きアクリル板を埋め込みました。
襟、腰の部分に3528chipLDEのピンクを取り付け裏からエポキシパテを埋め込んで遮光しています。

イメージ 9

本当は、PICを仕込んで蛍発光をさせる予定でしたが
思いの外電力が必要で、PICから直接電力では
発光出来ず、スイッティング回路を考えました。

しかし、グリモアのランドセルに入れる為に
実装用チップを各種用意しましたが
ハッキリ言って、老眼のテッサンにはしんどいです。
今回は、諦めて発光だけにしました。


イメージ 10
イメージ 11


















           ↑                            ↑
以後、PIC対応出来る様に配線を残して     腰のバーニア
CRDを仕込み配線しました。            前のパーツを、後ろに移植しました。 
半固定抵抗は、頭のピンクLEDの調光用    これで、マスキングしなくてもOKになります。

後、各所にあるノズル部分は挽物に変更しました。
金属の輝きは格別ですね。
これで、グリモアの完成です。
イメージ 12
イメージ 13イメージ 14


















イメージ 15


















イメージ 16
イメージ 17












ノーマルのグリモアでしたか、水中用、キャノンタイプ、スナイパータイプなど
色々考えれそうで、中々カッコいいデザインです。






一言
さーあ、VF-1に専念したいと思います。ファルコも暫しお預けです。
次回更新は、来月になると思います。
宜しくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)

こんにちは

先週の連休初日に、38度以上の熱を出してダウンしていたテッサンです。
別に西アフリカに渡航した覚えも無いし、代々木公園に言った覚えも無いと
言っていたら、嫁に「隔離って事で?」と言われ作業部屋に缶詰(-_-メ)
しかし、ボーとして全く作業が進まない一週間でした。
その後、息子→嫁と続けて風邪をひいて、我が家は風邪ウイルスの封じ込めに失敗
行き付けの内科医に笑われたテッサン一家でした。(ー_ー)!!
そう言えば、インフルエンザの予防接種の予定が狂いました。


最近の事

イメージ 1
Mr.ウェーブが、
予定通り「オスカル」を発売して頂けました。

モデルカステンの「オスカル」は1個しか持っていないので
製作出来ずにいましたがこれで、心置きなく製作出来ます。

嬉しさ余り、〆切ラッシュの中,商品にニッパを
入れてしまいました(*^^)v
何色に塗ろうか、妄想中です。

今回も、お布施で5個買い!
本当は、これの倍は欲しいが資金が・・・・・(-_-;)






/144 グリモア
何故か一番製作が進行している「グリモア」?
各パーツのペーパ掛けも終わり安定のクロサフも終了。

イメージ 2

各個所に付く制御用ノズルを全て挽物に変える為開口。




左手にある「ワイヤー・フック」が一体設計の為、飛び出す感じがしないので
挽物とプラ棒で再構築しました。










イメージ 3

胸の光る部分は開口後アクリル板を
削ってはめ込み整形して面一に加工しました。

この部分は、下からLEDで照らす予定なのでカバーをエポキシ・パテで整形して
蓋をしました。これで光が漏れません。

同じように、腰の発行部分もアクリル板を埋め込み処理しています。



イメージ 4
今回はエルパラ販売の「3528 ChipLEDさくら」色を
使ってみたいと思います。
パステル系のLEDを使用した事が無いのでどんな感じになるか楽しみです。

併せて、PICも準備しています。
今回は収納箇所が限られるので実装用PICを使って
制御する予定。

上記内容で写真を撮り忘れている所もありますが
先々週から今週までしていた作業内容で
昨晩塗装も完了しました。

サンド色はサンディーイエローで
本体の良く判らないグレーは
説明書を参考に色々混ぜて、らしい色を
作りました。

後は、電飾を仕込むだけになりました。



1/72 ファルコ
モーターですが、色々探しました。
色々回してみましたが、やはりサイズの大きな物ほどトルクもあり
童友社のプロペラ回転ユニットを使用する事にしました。
イメージ 5
イメージ 6


















イメージ 7

しかし、堂友社のモーターサイズが直径6mm、
ファルコのナセル径が6mmとピッタリ同じ
パーツの内壁を削ってギリギリ収めました。

お蔭で、センター出しが容易になりました。

電飾関係は配線を進めていますが、
何処に外部電力用コネクターを設営するか思案中





裏でVF−1、ギラン・ドウも製作中
ガタッカ・F−14もお待ちかねで、オスカルも
って、豪い事になっています(゜.゜)










一言
訪問者が、1万人を超えました。 本当にありがとうございます。
中々更新しませんが、宜しくお願い致します。m(_ _)m

この記事に

開く コメント(0)

1/72 ファルコ−2

こんばんは
今週末のブログUPに間に合わなかったテッサンです。
色々あり過ぎて・・・・・m(_ _)m

今年も、後2か月チョッとで終わりですね?
当然〆切もありますが、仕事なども年末に向けてバタバタしそうで
今から、進行状況が心配になって来ました。
そんな中・・・・・・・(^_^;)
又、手を出してしまいました。

イメージ 1イメージ 2


















「Gのレコンギスタ」  MSグリモア

この何とも言えないデザインに萌えってしまい購入!
早速、夜にはニッパで切り出しました。
発光する部分をカットして電飾の準備をしました。
又、腰のスカートに付く丸いバーニアですが前方は別パーツですが
後部は一体成型なので、前方用パーツに取り替えるつもりです。
パーツは、バンダイのアフターに注文しました。
ファルコの合間に、ボチボチ進めて行くので完成は不明です。


「1/72  ファルコ」
飛行機の製作はコクピットからが定説で、
イメージ 3
イメージ 4











スロットルにレバーが無いので、抵抗などを使った後に出る金属線をL字に曲げて
取り付けました。(アクセントに赤く塗ってみました)

イメージ 5
イメージ 6











イメージ 7
イメージ 8











下の階に電灯を設営。(オリジナル設定です)
このままだと、薄暗くて大変でしょうし、階段を上る際に危なそうだったので設営しました。
特に、入って直ぐの電灯は外から見えるのでカバーを付け
LEDは電球色なる物で、雰囲気を出してみました。

この部分ですが、PICから電力供給しますが、このままだと常に点いている事になるので
搭乗用ドアに連動して点灯する様にします。

イメージ 9
イメージ 10










 
入口用ステーにプラ板でアームを取り付け      毎度おなじみのマイクロスイッチを
ずれない様にレールを横に作りました。          コクピット床下に配置

イメージ 11

少々判り難いですが、入口ステーが
前に移動して扉が開くと、合わせて延長アームが
スイッチをONする様にしました。

これで、室内灯は扉に連動して点灯する事に成功
(*^^)v





イメージ 12
プロペラをモーターに取り付けて
何回も実験していますが
思い通りの回転が実行出来ません。

最初に半回転位をカク、カクと2・3回してから
順番に回転が増して行く様にしたいのですが・・・!

タミヤのミニモーターでは出来るのですが
携帯用バイブモーターでは、トルクが無いのか
思う様に回りません。

かと言って、ギアーを組んでと言っても場所が・・・・・!
仕方ないですが、パーツーを割ってモーターを色々試してからチェンジするつもりです。
これ際出来れば、塗装に入れます。

と、言う前に誤って削った箇所や入口周りの曖昧なリベットを貼り直しを忘れていました。
先ずは、そこからでしょうか(^_^;)








一言
コクピットと言えば、F−14とVF−1のコクピットも目の前にあるが同時進行で
色を塗り間違えそうになりました。チ〜〜ン♪

この記事に

開く コメント(2)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事