Market Hunt System〜家族に内緒のFX日記

LLC.インプルーブのMarket Hunt Systemを実践中!
実際にやってみるとわかるのですが、とにかくラクです。
作業的にも精神的にもです。
最初は地味な感じだけど、
少しづつ増えてきて、
だんだんと増えるスピードが加速してきています。
この感じが複利の魅力なのですね。初めてわかったような気持ちです。

それでいて、あまりマイナスがないし、
大きく負けることがまずないので、
ゆったりした気持ちで運用できるところが最大の魅力です。

本来、投資ってお金に働いてもらうものです。
ヒマさえあればパソコンにへばりついて、
相場を見ているのを投資と思っていた過去の自分が少し情けない。

でもこのままいけば、1年後はほんとに6倍になりますね。
ようやくFXで投資していると家族に言えそうというのが率直な感想です。
嬉しくて、ついつい実践日記なんぞをまとめてみたりしています。


まずは、 ここから







.

この記事に

Market Hunt Systemについて

再現性を最重要視した基本設計となっており、長期的に信頼できるシステムであると自負しているからこそ、LLC.インプルーブ自身の資産運用に採用。

一日に一回、Market Hunt Systemのサインを確認して、FX会社に注文を出す。3分程度の時間だけパソコンを起動するだけ。

10万円以上からの運用開始が望ましいが、5万円からでも運用可能。

主要クロス円通貨7種(「ドル円」、「ユーロ円」、「ポンド円」、「オージー円」、「スイス円」、「カナダ円」、「ニュージー円」)の取引が可能であれば、口座開設するFX会社を問わない。ただし、小資金から運用を開始する場合には、1000通貨単位で取引可能なFX会社であることが必要。

月平均20回ほどのトレード回数。

通貨や売買方向、取引量に至るまで、全てシステムが指示を出すので、一切の裁量は必要ない。ただし、自動売買ソフトと違いFX会社への発注はユーザー自身で行う。MetaTrader4などで行う自動売買は、約定拒否に非対応であったり、予期せぬネット回線のトラブルなどに見舞われるリスクがあるが、そのような心配とは無縁となる。

Market Hunt Systemは、MicroSoft OfficeのExcelで動作する。マニュアルには、システムの設定から操作方法まで、全て図解入りで解説あり、極々初歩的なPCスキルで使用可能。

システムロジックは難解だが、相場分析や複雑な計算は全てシステムが行う。そして、売買通貨とその取引量まで、システムが指示を出すので、それに従って成り行き注文を出すだけ。FX初心者でも容易に運用できる。

プロの投資集団が自身の利益追求のために完成させたFXトレードシステム。









.

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事