ありがとう・さよなら

イメージ 1

 5年間。ほぼ毎日綴ってきたこのブログでしたが、
今日でいったん更新は停止します。

 いろんな方々のブログに書き込むのが楽しくてたまらなかった当時、
「どうせなら自分のブログを」と勧められて、開設。
書くことがあるのかと心配していたら、それは杞憂に終わりました。

 小学生だった末娘と一緒にミュージカルを楽しみながら、
中学〜高校生に成長して気づけば自由時間が増えたこと。
 自由時間には美術館めぐりに勤しんだこと。

 大好きな福井さんの劇団四季退団から現在までのいろいろなことなど、
思い出は尽きません。

カテゴリー別記事数
ミュージカル401・美術365・映画106・読書99・博物館85
その他71・写真63・お菓子53・舞台(ミュージカル以外)40
無題299で、合計1785本

 忘れがたい思い出は、ここにこのまま大切に置いておきます。
開設からの3年3ヶ月は、ここだけの記憶の宝物だから。

 これからのことは、もう一つの「金太郎通信」に、これからも綴っていきます。
お暇がありましたら、そちらでこれからもよろしくお願いします。

 最後の写真はやっぱりこのピンクの薔薇。永遠に散らないで、
心の中に咲いていて欲しいと思います。

 今までここを訪れて頂いた方、コメントを書いてくださった方に、
心から感謝致します。

 本当に、ありがとうございました。

その他の最新記事

すべて表示

天守物語(シネマ歌舞伎)

2014/7/14(月) 午後 10:03

 月に一度のお楽しみ「シネマ歌舞伎」。天守物語は、 前回に見逃して悔しい思いをした作品。  原作・泉鏡花、坂東玉三郎×市川海老蔵。それだけで、独特の世界が広がる期待。  耳を澄ますと、平易な言葉で語られているのに驚き ...すべて表示すべて表示

☆2014年7月12日(土)ソワレ  初日に観て以来の2回目は、予想以上に楽しく観ることが出来ました。  スピーディーな展開、にぎやかな群舞、アンサンブルさんを含めパワフルな歌声に、 観ていて元気が出る作品でした。 ...すべて表示すべて表示

詩のこころを読む

2014/7/12(土) 午後 11:24

 世田谷文学館での展示を観て以来、興味が広がる詩人茨木のり子。 彼女の著作を借りてきました。  岩波ジュニア新書=詩の入門書のような、青少年向けのこの本は初版が1979年。 私が学生の頃。もしかしたら読んでいたかもしれない ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事