ここから本文です
歴史好き≪ナンチャッテ≫100kmウォーカーの憂鬱
終わりなき日常を気ままに生きる私が気ままにつぶやくブログです。

書庫全体表示

イメージ 1

海苔は古来は7世紀頃から食材であっとされるが戦後まで1300年間
もの間、貴重な高級食材でありつづけた。
江戸時代に入り各地で海苔の養殖が行なわれたが、タネ(胞子)代 が
高く、天候や海水温度にも左右され海苔漁民達は海苔養殖に先行投資
しても回収が伴わずに経済的に危険でリスキーな職業と見られていた。
いわゆる相場商品であり「運草」とも呼ばれていた。

終戦間もなく国交も回復してない1949年、英国に住むにキャサリン・メアリー・ドりュー・
ベイカーー女史(以後女史ドりューと呼称)と名乗る女性藻類科学者から戦前に親交のあった
九州大学の瀬川宗吉教授宛へ書簡が届いた。
瀬川博士は内容に驚きつつ熊本県水産試験場の研究員太田扶桑男氏に書簡を披露した。

書簡の内容は・・・海苔の胞子は春先から秋口まで貝殻の中に潜り込み、黒い糸のような状態(糸状体)で生長し、秋口に貝から飛び出し海中を浮遊することが発見された。この発見によって初めて海苔の一生が明らかになった・・・・その結果、現在のような 海苔の胞子を人工的に育てて養殖する方法・・・

太田氏はその時の衝撃を受けとめ不眠の努力で海苔の養殖実験にとりかかる。
干潟の実態に詳しく、従来の学説に違和感を覚えていた太田氏は、
直観的にドりュー説の正しさを認識していたのである。

それまで海苔の胞子は海の中に浮遊し、海岸の岩場に付着して夏を過ごし、
秋口に果胞子を出すと思われていた。
そこで竹ひびや海苔網を海の中に建て込み、それに自然に海苔芽が付着して
成長するのを待ち、手摘みをするのが一般的であった。(経験則による養殖?)

海苔の胞子が貝殻に潜って夏を過ごすことを発見したのが、イギリスの海藻学者である
ドゥルー女史である。
彼女は人工養殖の生みの親で、今日の日本の海苔養殖発展の大きな貢献者である。

海苔の果胞子を貝殻に潜らせて育て、果胞子が糸状に成長して再び果胞子を発芽させ、
そこで生まれた胞子を海苔網に付着させて育てる「人工採苗」という方法で増殖させる
方法(可能性)を見出した。

一九五五年(昭和30年)太田氏はいち早く人工タネ付け実験に成功し、
日本水産学会で発表する。
全国の海苔漁民に役立ててほしい、と太田氏は特許を取らなかった。
その思いは報われ、生産量はぐんぐん増えた。
これにより海苔の養殖事業は、革命的な大進歩を遂げ日本で海苔は一気に
庶民レベルまで家庭の食材として大普及した。
戦前はオニギリに海苔を巻いて食べる庶民は一部の江戸子を除いて
余りいなかったのである。

太田氏を中心とする熊本県の海苔養殖者達は「ドリューさんを日本に呼ぼう」と運動した。
しかし皮肉にも彼女はそのころ、戦時中の栄養失調と研究の激務がもとで世を去っていた。
(女史は1957年・昭和32年に56歳で逝去)
又太田氏にドリュー女史の手紙を翻訳し伝えた瀬川宗吉教授も世を去っていた。

残された我々の手で顕彰碑を、という太田氏のの呼び掛けに応えたのは、国や学会ではなく
全国の海苔漁民だった。
小額の寄付が無数に積み重なって、人工タネ付けの先進地である熊本の海に面した
宇土市住吉神社に石碑が完成したのは一九六三年(昭和39年)だった。

除幕式には、ドゥルー女史の夫であったベーカー博士が
「日本政府が建てたのなら来なかったが、日本の漁民が妻を慕ってくれたことがうれしいから、、」
と任地のインドから駆け付け、石碑をまるで亡き妻を労わるように撫でながらスピーチした。
「私は特にまごころと表現の美しさに深く打たれた。
 妻の功績を認めた彼らの誠意は、日本から遠く離れた私たちもいつまでも忘れはしないでしょう」

イメージ 2


毎年4月14日になると住吉神社に全国の海苔養殖に携わる人々が集まり顕彰式典が
とりおこなわれる。
ドリュー女史は彼らの感謝の心を、天国から優しい表情で俯瞰しているのではないだろうか。

「ドリュー女史顕彰碑」の所在地は、熊本県宇土市住吉町の住吉神社境内の裏手、
住吉灯台の下にあり、国道3号線の宇土市から三角・天草方面に向う、国道57号線
の右手海が見えてくる場所にある。

イメージ 3


昭和天皇も天草行幸の途中に住吉町を通りかかった時
「ドゥルー女史顕彰碑があるそうだが?」
と言われ、関係者や地元の案内者が驚いたという話しがある。
さすがに学者でもある昭和天皇のお心配りである。

何故か熊本県と昭和天皇といえば以下のような真贋は定かでない話が一人歩きする。
「陛下、あちらの山が阿蘇山でございます」
「あっそう・・・」
という話が有名だが、学者昭和天皇が公務中にも関わらず
住吉神社のドリュー女史の功績に感動され女史の碑を訪れた事こそ
後世に伝えて行きたいものである。





参考

海苔ジャーナル
http://www.j-nori.com/main.html


******************************
ドリュー女史と熊本苔漁民の話を記事にしようと思いついて3年になりますが、
文才が無く感動的な文が苦手な私は躊躇してしまい記事にするのが
大変遅くなってしまいました。

この記事に

  • 顔アイコン

    てふてふうらからおもてへひらひら〈山頭火〉、レポートを紛失した時、これを思い出して、笑い転げたとたん、すみません、と言う諧謔の声ととに秘書が持ってきました。てふてふひらひらいらかをこえた、も覚えているヒトつです。しかしカメラを持って蝶を狙うと、その飛び方は超音速ジェットに真似できないスーパー飛行体であるのが解り、ドキッとしました。笑ってジンとさせる、大好きな山頭火が出てくるとは、おもしろい。世捨て人とは理解が浅はか、だてに放浪者若山牧水や世捨て人山頭火、素浪人草野心平になれると思えば、それほど酷いカンチガイはない、魂アニマが西洋哲学の芯となって浮上します……丈司ユマ

    [ georgeyuma ]

    2008/6/23(月) 午後 10:18

    返信する
  • 顔アイコン

    takaさんおはようございます。
    私も3年前に知りました。
    私も40年位前小学生の頃海苔が普及して巻き寿司等が運動会や
    食卓で増えたのを思い出します。
    当時はバナナが高級な果物でした。

    naomoe3

    2008/6/24(火) 午前 7:07

    返信する
  • 顔アイコン

    丈司ユマさんおはようございます。
    山頭火お好きですか。
    九州、山口の至るところ山頭火の残した碑があります。
    世捨て人だからこそ、見えてくる世界もあろうかと思います。
    自分に甘くせつなく、廻りの援助で生きられてので幸せ者だっか
    ように思えます。 誰でも就職や結婚を機に勘違いに気づくものかと
    、、、。(苦笑

    naomoe3

    2008/6/24(火) 午前 7:18

    返信する
  • 顔アイコン

    こどもの頃から緊張の中へ飛びこんだその‘欲と思い’は、緊張緩和の対策に目覚めさせます。飯が食えないその深刻さは、なぜ、と心身も回りや隣や、となりの隣も本から会話、映画や美術スポーツまで、問いつめます。放浪詩人から‘痛快さと愚直さ’を教わり、食欲不全のこどもごころを笑わせ、立ち直らせてもらいました。もじの鎮痛剤とその劇薬効果は、怖いもの知らずにまでさせたのですから、歩き方は推して知るべし。てふてふの奇跡を忘れていました。飛行跡を予測させないスーパー飛行です。大学の力学レベルで設計すれば、高速の上下左右自在なジグザグ運動は、飛行体を破壊するでしょう。書きたかったのはこれ……丈司ユマ

    [ georgeyuma ]

    2008/6/25(水) 午前 0:28

    返信する
  • 顔アイコン

    子供の頃は蝶や昆虫採集で殺生をしておりました。
    筑豊に住んでましたので多くの蝶を見たり捕獲しましたが
    中でもカラスアゲハの羽は綺麗で神秘に輝いていましたした。
    山頭火は形式にとらわれないふだん着言葉がいいです、横着なようで
    尾崎放哉の墓前を二度訪れている事に驚きました。
    尾崎放哉の孤高な諧謔ぶりは引き込まれますが忘れたくもなります。

    naomoe3

    2008/6/26(木) 午前 8:54

    返信する
  • 顔アイコン

    頑固は大事ですけれども、見てくれ見てくれ の一点張りではそれは頑固でなく、ウヌボレです。見てくれ見てくれ と誘う前に見どころを語るだけの‘犠牲の精神’が必要です。いいとこ取りは、頑固さの中身を彷彿とさせ、頑固の気質の良さが、ブログを圧します。カラスアゲハとは、懐かしい。いまみる大きな黒揚羽は、昔見た緑光りや青光りがなく、同じには見えません。
    ‘ふだん着言葉’とは洒落ています。諧謔の声を意識するようになって、ふだん着言葉のもつストレート(率直)で本質(機能)を切り取る気品に、気づかされました。ふだん着言葉でなければ、こころの奥を表現できません。学者さんの使う漢字言葉や翻訳言葉は、怠惰に汚れ、ウソまみれで疲れ果て、真実を切り取る力が、失せています。順三郎さんや健三郎さんが‘諧謔’を意識すれば、‘欲と思い’も性にかかわる‘詩’に傾斜するように、隠し事が多いと、諧謔で発散、頑固さを忘却する、そのように見てとれます。熟成が足らず、尾崎放哉さんまで手が回せません。理解のほどを、聴かせてください……丈司ユマ

    [ georgeyuma ]

    2008/7/2(水) 午前 5:18

    返信する
  • 顔アイコン

    先月、実際に住吉神社のドリュー女史の石碑を見に行き
    写真(2.3枚目)を撮ってきました。
    私も尾崎放哉さんに詳しくはありませんがよく山頭火さんと対比されますしNHKの番組で橋爪功さんが放哉さん役で「海も暮れきる」を二度みて少し興味を持ちました。 凄いエリートなんですが酒で持ち崩し回復はなりませんでした。
    正直付き合いたいとは思いませんが何故か気になってしまう方です。

    naomoe3

    2008/7/3(木) 午前 10:02

    返信する
  • 顔アイコン

    ブログ訪問有難うございます。
    熊本には何度も行きましたが、知りませんでした。
    今度熊本に行く事があれば是非住吉町の住吉神社に行ってみようと思います。

    [ iwa*ima*u*a1949 ]

    2008/7/3(木) 午後 5:36

    返信する
  • 顔アイコン

    iwa*ima*u*a1949 さんおはようございます。
    住吉神社は国道57号を天草方面に走ると右手に海が
    見える場所にあります。
    昔はこの神社は島だったようです。

    naomoe3

    2008/7/4(金) 午前 8:39

    返信する
  • 顔アイコン

    触れられないので触れれば、長崎県vs佐賀県の大喧嘩は、諫早湾事件から新幹線事件へ展開、外から見ていると、そんなにマネーに飢えて、策もなければ献身も見掛け倒しと、江藤新平の砕かれた正義感を思い出します。マネーに飢えれば新設された‘環境アセス’なんて、‘こうむいん’やその傭兵といっしょに踏み破り、裁判所も‘こくみん’反逆を質す気力も見せません。ドリュー女史の記念碑の前に立ち、悲憤するヒトがいないのを彼女が見たら、何を想うでしょう。見せ掛けにはやる‘辻褄合わせ’の 日に及ぶもの凄さ、九州を置いてきぼりにするかも……丈司ユマ

    [ georgeyuma ]

    2008/7/5(土) 午後 0:38

    返信する
  • 顔アイコン

    九州は維新で夢破れ、明治の秀才化で夢破れ、大陸との一体化で夢破れ
    戦後のエネルギー政策で夢破れ、高度成長に乗り遅れ、バブル景気も無かったのに90年代不況を味わい本当に置いてきぼりです。
    地元経営者も19世紀薩摩思想で何とか危機を打開できると自分の知恵を磨くより部下への挺身誠意を要求します。
    諫早湾の水門は長崎と佐賀の危険な天秤と成り果てました。
    今、揉めてる水門横に観光道路を造ってますが。

    naomoe3

    2008/7/6(日) 午後 11:32

    返信する
  • 顔アイコン

    バカバカしさを世界に見せた洞爺湖集会でしたが、石油の高騰は多くの石炭を復活させる可能性を見せます。イランが射程2000舛離蹈吋奪箸魘かさず飛ばしました。イスラエル戦線の前哨戦は、ブッシュ大統領のハンパぶりを見て、バクラ・オバマさんの前を騒がしくします。ミニサイズを漁る狡賢く卑劣なニッポン‘こうむいん’は、デジタル・スクリーンから消されました。エンストを相手にすれば、背任容疑で対抗グループから責め立てられます。
    つまり…、筑豊の醒めやらぬ夢が眼の前にぶら下がって来ます。本音では、アラブが先物市場から引き揚げ、金融グループを軒並みに破産させ、石油を元の値に戻し、食糧も元値に戻させ、バクラ・オバマさんを迎える準備を進めるでしょう。MBAの勝ち組意識は、グローバリゼーションに触れたヒトなら、ウンザリさせたはずです。投機のトロイの木馬は先物市場ですから、彼らがアラブ人の手で一網打尽に壊滅されます。デシャブになりますか?……丈司ユマ

    [ georgeyuma ]

    2008/7/10(木) 午前 1:37

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは^^
    naomoe3さんのところへは結構来ているのですが、いつもロム専で失礼しています。今回この記事を読ませていただいて、とても感動しました。良い話が詰め込まれた記事ですね。現代を生きる私にとって、「のり」は当たり前というか、ずっと昔からあった庶民の食べ物という認識しかなく、その歴史に興味さえなかったのですが、それに対して気恥ずかしささえ感じるお話です。「のりの一般化」に何の見返りも求めず貢献なさったドリュー女史や、太田氏の努力、漁民の感謝の心、昭和天皇の心遣い、そんな歴史を知ることで、これから「のり」がより美味しくいただけます。

    転載させていただきますm(_ _)m

    桜乃宮アリス

    2009/12/7(月) 午後 1:43

    返信する
  • 顔アイコン

    言い忘れました(汗ッ

    傑作です☆

    桜乃宮アリス

    2009/12/7(月) 午後 1:44

    返信する
  • 顔アイコン

    日本人のトンマぶりに呆れ果て、ソッポを向いた素振りを書きましたが、感動を抜け抜けいう、その阿保らしさが、腹を立てさせます。
    九大や熊大、水俣病を巡るチンドンや騒ぎは、米兵の生体解剖事件と同じ轍。そのジャジャ馬ぶりは、農村や農業・林業をメチャクチャにした松岡を自殺させただけ、今なお改善されそうにありません。
    長崎新幹線にかこつけ、シャッキン・マネー欲しさにユダれを流し、在来線の分離をくっつけ直す、裏切りの詭弁ば二ハンの凋落を裏から見るようです。筑豊の大賑わいが、嘘で締めくくられました。殺し屋の将軍が故郷にデカイ墓場を建てたことで、戦中回顧を戦争賛歌へぶり返す、未熟な底心の怖ろしさ。
    もったいぶった権威主義が、事業仕分けでボロボロになり、得意にしたペラペラ・ヘラヘラが議員票を大量に失って、片隅にうずくまり、そのム能のム徒の惨状を、反アジアの非と合わせて際立たせ、披露された友好アジアが世界を悦ばせます。
    …山県有朋1899年のコームいん集団…に、取り込まれた民主党が、→

    [ georgeyuma ]

    2009/12/7(月) 午後 10:33

    返信する
  • 顔アイコン

    →抱かされた膨出シャッキン予算に歯が立たず、萎ぼませず、役立たずに陥れば、文明開化に遙々馳せ参じた多数の欧米のボランティア学者や技師や研究者のお陰だった、それに向かって、ソマツを侘びながら、ありがとうの礼を、返さなければなりません。海苔を生産しないイギリスで、なぜ、ドリューさんが海苔繁殖のメカニズムを解明したのか。ニッポンの学者が笑われ、その恩に徒を返すように、お愛想を言うお粗末な仕打ちが、日本人の知の欠陥。有明の生態系を、害した諫早湾の仕切り・干拓工事費は幾らだったでしょう。八雲の小説もイザベラバードの日本紀行も、地理から地質学など、日本の知の発展や日本紹介に貢献したのに、日本のジャジャ馬たちは、仕事に貢献しなかった上に、彼らや彼女らを悼むこすらしません。
    日本の失敗は、…ノボセやウヌ惚れ…が原因。責任の鈍感は、世界の恥じ。浮いたお世辞より、反省の弁のたれ流しに沸いたらたらどうでしょう。
    Yahoo!メッセージ・サービスの届けに従い、久しぶりに寄ってみました。一気書きを、悪しからず。

    [ georgeyuma ]

    2009/12/7(月) 午後 10:51

    返信する
  • 顔アイコン

    →嘘に始めウソで幕引きする日本の権威が、‘蓮坊’さんの仕分けで、ボロボロの嘘書きの、その内情を露呈しました。九州の半端が、早く消え失せますように。コームいんのジャジャ馬が、為政の枠内から、追放されなければ、無駄な予算が減りません。公務員改革、要領に走って落着の唯々諾々に頓挫する、菅・岡田・仙谷の手で、怪しくなりはじめました。
    ベルリンの壁が消えた後、平和だったのに、米軍機が日本上空を占領するほど、跳び回ったのは、なせ、普天間基地の移転に嫌がらせの圧力を掛け、友好アジアが漂って中国に近寄ったら、どうします、そんなことも言えないような、情けない北沢ダイジンに、どんな事業仕分けができるでしょうか。
    お寄りの折りは、お気に召すまま、コメントは、まったく自由です……丈司ユマ

    [ georgeyuma ]

    2009/12/7(月) 午後 11:04

    返信する
  • 顔アイコン

    桜宮さん 忘れられた古い記事までお読みいただき
    ありがとうございます。
    おにぎりやザルソバラーメンには欠かせませんよね。
    昭和天皇は菌類、海産動物を研究されてたので女史に興味を
    持たれてたのでしょうね。

    naomoe3

    2009/12/10(木) 午後 9:39

    返信する
  • 顔アイコン

    ユマさん

    1年前のコメントには気づきませんで失礼しました。
    日本の象牙の塔の学者さんらが野口英世の凱旋を無視したと
    同様にドリューさんを評価顕彰すれば自分らの権威失墜でもありスルーと無視を決め込んだのをドリュー婦人の旦那さんも気づいての式典での「意味深発言」であったのかもしれません。

    レンホウさんが仕分けで張りきる裏側では財務省は「仕切」
    で張りきってますね。
    民主は「官僚支配を脱却する」と言いながら公務員改革に最も
    反対側の財務省に仕切らせますから当分財務官僚の天下り先は
    確保できているののでしょう。
    民主党に大きく期待した国民は多くは無いと思いますが
    自民に一度は下野させようと国民の多くが得心したのが
    前回の選挙だったんじゃないでしょうか。

    naomoe3

    2009/12/10(木) 午後 9:59

    返信する
  • 顔アイコン

    殺し屋の将軍とは長勇中将でしょうか。
    栗林中将の気力には及びませんが軍人ですから敵国人を殺すのが使命だったのでは?
    後に遺族がたてた大きな墓であろうと外野の住人がとやかくいわずとも、、、と思うのですが。
    なにかと米軍基地の危険性が高い沖縄県民をなだめるために日本政府は、公共事業を中心に多大のカネを沖縄にタレ流しましたが、基地問題は解決したでしょうか。
    沖縄の人々は復帰時より今、幸福になってるのでしょうか。
    (沖縄や佐世保の米兵や家族は思いやり予算が明らかに以前より裕福に見えますが。。。)
    脱亜欧入で始まった維新も戦前昭和軍人らは夜郎自大なシナ精神をまねドイツ的先制奇襲攻撃を陸海軍と金科玉条とし、現在の民主も小沢大量土下座訪中団で「江沢閣下にカシラ〜中」
    日本人は攘夷時代から近代に向けてそれ程は前進・進歩はしてないのかもしれません。

    naomoe3

    2009/12/10(木) 午後 10:11

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事