ここから本文です
鳴海要記念陶房館ギャラリーブログ
休館日:毎週火曜日(火曜祝日の場合はその翌日)(年末年始休館:12/29〜1/3) 開館時間:午前9時〜午後4時

書庫被災地にリストウォーマを届けよう

記事検索
検索

全1ページ

[1]

イメージ 1
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

被災地へ送るためのリストウォーマーを編みませんか?

イメージ 1



主催  ニット作家 石場貴子

鳴海要記念陶房館にて、いつもワークショップを開催して頂いているニット作家の石場貴子さんより、

被災地の方達のために何か出来ることはないかということで今回の企画を頂きました。



納期・送り先は今のところ未定ですが、半年後の秋へ向けて 

いずれ作品を持ち寄って頂くことを目的に、被災された方々へお役立て頂けるような作品を作りためて頂ける方、

ご自宅で制作していただける方へお願いします




身体は“くび”と名の付く箇所を温めると冷えを感じにくいということから

ネック、リスト、レッグ・ウォーマー等 (もしくはモチーフでもかまいません。)


今回は最もシンプルな形であるリストウォーマーを中心に募集したいと思います。





リストウォーマー   手首に通すと、とても暖かいです!

イメージ 2


下は一例です。

デザインは自由です。どんな編み方でもかまいません。

サイズは自分に合った物を作るのがいいと思います。
イメージ 4




指を通さず手首までわたせば、作業時も邪魔にならずに便利です。
イメージ 3



お問い合わせは 鳴海要記念陶房館 (0172)−82−2902 まで



大変なご事態にお取り込み中の皆様には、ご無理などされませんようお願い申し上げします。





ニット作家 石場貴子さんより ―――


前略 参加のご回答を賜りましたワークショップの急遽中止では、なにかとお手を煩わせて恐縮に存じます。略儀ながら書中をもってお詫び申し上げます。

被災地からの逼迫した声には、胸が張り裂けそうな思いでおります。
たいへんな事態になにかお役に立てないものかともどかしい日々ですが、今は
どなたかの御身体を温めることを前提に、ニット制作を再開いたしました。
ひとりでは力不足を感じておりましたところ、弘前市 鳴海要記念陶房館のスタッフ
宮地さんもリスト・ウォーマーを編んで下さいました。この秋ごろにでも、被災された方々に届けられたら…という思いです。
ですが今はまだ、送り先も未定です。
これから情報に接し、どのような方法が適当か検討していくつもりでおります。

このような状況ではございますが、もしも作品制作にご協力していただけましたら、完成品を
鳴海要記念陶房館さん、もしくはわたくしまでお送り下さいませんか。
リストウォーマーの他、帽子、靴下…お得意なニット小物をお好きなデザインで。
ただし材料費、送料は各自ご負担となりますこと伏してお願い申し上げます。

当面、状況が落ち着くまで参集の機会はもたず、これをワークショップの代わりにしたいと
思います。もしもわからない点などありましたら、遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

                              平成23年3月25日


【お問い合わせ・作品預け先】

■ 鳴海要記念陶房館 〒036-1313 弘前市賀田大浦 1-2 0172-82-2902 火曜日休館
計画停電などの場合は、臨時休館となっております。





皆様に編んで頂いたリストウォーマーぞくぞくと集まっています。ありがとうございます。

イメージ 5


イメージ 6



この記事に

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事