ここから本文です
あるく
*** 山の恵みの備忘録

書庫全体表示

  今日(4/24)は安達太良山へ。
 
  山へ向かうキモチが沸沸としません。
  でも、行かないよりは行った方が断然良いと、
  そう思って近場のお山へ。
  滲む汗は放射線の消化酵素?
  お山の爽快は、
  放射線によって毀たれた細胞の残骸を蔽って、
  新しい細胞の誕生を促し、起こします。
  兎にも角にも、登る、登れる環境が
  ほんの僅かでも備えられているのなら、
  登らなきゃ、そんそん、・・・・・。
 
  汗して稜線に起てば、
  勁風がお山の精霊を、
  この肢体一杯に分かつのです。
 
  感謝。
      
      
  初めて? 
  有雪時にこのゲレンデを登るのは今回が初めてです。
  腐った雪が小気味良く?
  ステップをフォロ〜してくれます。      
 
イメージ 1
 
 
 
 
  樺の元気なエ〜ルに疲れもとんで。 
 
イメージ 2
 
 
 
 
  和尚さんも今日は貌を出してくれました。
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
  来る途中は厚い雲に蔽われ心配しましたが、
  山頂もお目見えです。
 
イメージ 24
 
 
 
 
  『なにもかもみんなたよりなく
   なにもかもみんなあてにならない
   これらるてんのせかいのなかで 
   そのたよりない性質が
  こんなきれいな露になったり
  ・・・・・・・
  (宮沢賢治、「過去情炎」から)


 

イメージ 35
 
 
 
 
 
 
  上天気の到来です、篭山も嬉しそう。
 
イメージ 36
 
 
 
 
 
  一汗かけば、鉄山から響(こえ)が。
 
イメージ 37
 
 
 
 
 
  山頂は直ぐ其処!
 
イメージ 38
 
 
 
 
  安達太良の山頂。青空と雲を従えて。
 
イメージ 39
 
 
 
 
 
  前ガ岳を小姓に和尚山。
 
イメージ 40
 
 
 
 
 
  烈風の歓迎に遊んでいたら、
  くろがね小屋経由でお一人到着。
  お互い、震災、原発を歎き・・・。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
  お陰で、私も登頂証拠写真をば。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
  山頂から、矢筈ガ森、鉄山を。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
  安達太良山頂を後にし、牛の背から振り返って。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
  船明神の奥に磐梯山。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
  再び、山頂。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
  矢筈ガ森の岩稜。
 
イメージ 9
 
 
 
 
  残雪を微妙な色合いで「汚し」て。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
  矢筈から、胎内岩方面。
 
イメージ 11
 
 
 
 
  同じく、船明神、障子岩を。
 
イメージ 12
 
 
 
 
  沼の平。
 
イメージ 14
 
 
 
 
  障子岩。
 
イメージ 15
 
 
 
 
  鉄山。
 
イメージ 16
 
 
 
 
  奥に、安達太良の山頂。
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
  烈風の稜線を退散し、矢筈の傍に沿って降ります。
 
イメージ 18
 
 
 
 
  雪上の島のような。
 
イメージ 19
 
 
 
 
  上陸?今日は止めておきます。(笑)
 
イメージ 20
 
 
 
 
  振り返り、振り返りつつ、一路くろがね小屋へ。
 
イメージ 21
 
 
 
 
  山頂が気持ちよさそうに空に沐浴して。
 
イメージ 22
 
 
 
 
  お山も今日は無心?
 
イメージ 23
 
 
 
 
  鉄山が迫ります。
 
イメージ 25
 
 
 
 
  馬の背の稜線を見上げて。
 
イメージ 26
 
 
 
 
  烈風にラ〜メンどころではありませんでした。
  くろがね小屋に休ませてもらいましょう。
 
イメージ 27
 
 
 
 
  何とサプライズ、小屋にシミケンさんが!
  あら〜、久し振り〜!!!
  飯豊連峰梶川尾根の合同保全作業を
  ご一緒して以来です。
  彼はこの山の常連さんでありました。
 
イメージ 28
 
 
 
 
  山談義に華を咲かせ、ふと、
  ところでリョウさん最近会えてないなぁ、
  どうしてる?とウワサを始めれば、・・・
  何とご本人が!?登場〜。
  (いやはや、ビックリでした!)
 
イメージ 29
 
 
 
 
  GWにパ〜ティを組むお二人をツ〜ショットで。
 
イメージ 30
 
 
 
 
 
  温かい小屋にゆっくり休ませて頂きました。
  お二人と別れて帰路に就き、鉄山を見上げます。
 
イメージ 31
 
 
 
 
 
  暖かな陽射しを享けて、くろがね小屋。   
 
イメージ 32
 
 
 
 
 
  途中に安達太良の山頂(左)と篭山。
 
イメージ 33
 
 
 
 
 
  下山を途中からご一緒した、いわき市に避難中の方。
  震災、原発、・・・苦悶の中の山路。
  お山はどんな響(こえ)を
  彼に語りかけてくれたでしょうか。
 
イメージ 34
 
 
 
 
 
 
                                                      
   Fin



この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事