ここから本文です
あるく
*** 山の恵みの備忘録

書庫全体表示

      今日(4/24)は安達太良山へ。
 
      山へ向かうキモチが沸沸としません。
      でも、行かないよりは行った方が断然良いと、
      そう思って近場のお山へ。
      滲む汗は放射線の消化酵素?
      お山の爽快は、
      放射線によって毀たれた細胞の残骸を蔽って、
      新しい細胞の誕生を促し、起こします。
      兎にも角にも、登る、登れる環境が
      ほんの僅かでも備えられているのなら、
      登らなきゃ、そんそん、・・・・・。
 
      汗して稜線に起てば、
      勁風がお山の精霊を、
      この肢体一杯に分かつのです。
 
      感謝。
      
      
       初めて? 有雪時にこのゲレンデを登るのは今回が初めてです。
       腐った雪が小気味良く?ステップをフォロ〜してくれます。      
 
イメージ 1
 
 
 
 
            樺の元気なエ〜ルに疲れもとんで。 
 
イメージ 2
 
 
 
 
   和尚さんも今日は貌を出してくれました。
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
   来る途中は厚い雲に蔽われ心配しましたが、山頂もお目見えです。
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
        『 なにもかもみんなたよりなく
 
         なにもかもみんなあてにならない
 
         これらるてんのせかいのなかで 
 
         そのたよりない性質が
 
         こんなきれいな露になったり
 
         ・・・・・・・・・・            』
                (宮沢賢治、「過去情炎」から)
 
イメージ 35
 
 
 
 
 
 
     上天気の到来です、篭山も嬉しそう。
 
イメージ 36
 
 
 
 
 
   一汗かけば、鉄山から響(こえ)が。
 
イメージ 37
 
 
 
 
 
   山頂は直ぐ其処!
 
イメージ 38
 
 
 
 
   安達太良の山頂。青空と雲を従えて。
 
イメージ 39
 
 
 
 
 
  前ガ岳を小姓に和尚山。
 
イメージ 40
 
 
 
 
 
            烈風の歓迎に遊んでいたら、くろがね小屋経由で
            お一人到着。お互い、震災、原発を歎き・・・。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
       お陰で、私も登頂証拠写真をば。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
   山頂から、矢筈ガ森、鉄山を。
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
   安達太良山頂を後にし、牛の背から振り返って。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
  船明神の奥に磐梯山。
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
   再び、山頂。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
  矢筈ガ森の岩稜。
 
イメージ 9
 
 
 
 
        残雪を微妙な色合いで「汚し」て。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
   矢筈から、胎内岩方面。
 
イメージ 11
 
 
 
 
   同じく、船明神、障子岩を。
 
イメージ 12
 
 
 
 
   沼の平。
 
イメージ 14
 
 
 
 
    障子岩。
 
イメージ 15
 
 
 
 
    鉄山。
 
イメージ 16
 
 
 
 
   奥に、安達太良の山頂。
 
イメージ 17
 
 
 
 
 
    烈風の稜線を退散し、矢筈の傍に沿って降ります。
 
イメージ 18
 
 
 
 
   雪上の島のような。
 
イメージ 19
 
 
 
 
     上陸?今日は止めておきます。(笑)
 
イメージ 20
 
 
 
 
   振り返り、振り返りつつ、一路くろがね小屋へ。
 
イメージ 21
 
 
 
 
    山頂が気持ちよさそうに空に沐浴して。
 
イメージ 22
 
 
 
 
   お山も今日は無心?
 
イメージ 23
 
 
 
 
    鉄山が迫ります。
 
イメージ 25
 
 
 
 
    馬の背の稜線を見上げて。
 
イメージ 26
 
 
 
 
       烈風にラ〜メンどころではありませんでした。
       くろがね小屋に休ませてもらいましょう。
 
イメージ 27
 
 
 
 
            何とサプライズ〜。小屋にシミケンさんが!
            あら〜、久し振り〜!!!
            飯豊連峰梶川尾根の合同保全作業をご一緒して
            以来です。彼はこの山の常連さんでありました。
 
イメージ 28
 
 
 
 
           山談義に華を咲かせ、ふと、ところでリョウさん
           最近会えてないなぁ、どうしてる?とウワサを
           始めれば、・・・何とご本人が!?登場〜。
           (いやはや、ビックリでした!)
 
イメージ 29
 
 
 
 
    GWにパ〜ティを組むお二人をツ〜ショットで。
 
イメージ 30
 
 
 
 
 
   温かい小屋にゆっくり休ませて頂きました。
   お二人と別れて帰路に就き、鉄山を見上げます。
 
イメージ 31
 
 
 
 
 
    暖かな陽射しを享けて、くろがね小屋。   
 
イメージ 32
 
 
 
 
 
    途中に安達太良の山頂(左)と篭山。
 
イメージ 33
 
 
 
 
 
       下山を途中からご一緒した、いわき市に避難中の方。
       震災、原発、・・・苦悶の中の山路。お山はどんな響(こえ)を
       彼に語りかけてくれたでしょうか。
 
イメージ 34
 
 
 
 
 
 
                                             Fin

閉じるコメント(12)

  • 顔アイコン

    はじめまして、安達太良山頂上で御一緒させて頂いた者です。
    郡山在住のヌマッチと申します。(緑のビッグホーンです)
    震災後、山から遠ざかっており、それまで毎週末何処かの山へ行っていたのが、震災の片付けや仕事等(心情的にも)で山へ行く事が出来ませんでしたが、本日復帰いたしました。山へ来た事で少し私自身の日常を取り戻せたような気がします。福島県に在住の方は、色々な状況下におられると思います。私だけ山へ行っていいのか?とずっと考えておりましたが、本日山へ来て正直本当に嬉しかったです。本日も安達太良山では、私一人かなと思っていたところ、koizumiさんにもお会いでき、とても嬉しく思いました。また何処かでお会い出来る事を楽しみにしております。
    ※LTQさんに、色々お世話になった者です。震災時にも心配して頂きました。山仲間は意外と世界が狭いのでしょか?
    LTQさん、本日から山復帰しました。また宜しくお願いいたします。

    [ turugisawa ]

    2011/4/24(日) 午後 10:25

  • 顔アイコン

    ヌマッチさん、こちらこそ、山頂で証拠写真を撮って戴き有難うございました。
    お山に行かないと、「日常」が空々しくなってしまいますね。
    まず「山へ」、そして「山から」ですね。
    でも寒さにお強いんですね、あの結構冷たい烈風の稜線を歩いてこられたのに、薄手の出で立ち。私など、さっさと鉄山避難小屋は断念してしまいました〜。(笑
    そうでしたか、山の世界は狭いですね。LTQさん、クシャミでしょうか?
    フクシマ組は元気。新潟組を元気で圧倒しましょう!(笑

    またどこかのお山でお会いするのを楽しみにしてます。

    [ koizumi ]

    2011/4/25(月) 午後 0:34

  • 顔アイコン

    安達太良山、小生も先週日曜に登ってきました。くろがね小屋の北北西、鉄山岩壁が崩落していて驚きました。これも地震の影響でしょうか。昨日24日は宮城蔵王後烏帽子岳に登ってきました。寒風により頂上滞在数十秒で退散しましたが、嬉しい楽しい山行でした。
    小生のブログ、雨晴庵に記事と写真を載せておきましたので、閲覧して頂けましたなら幸いです。秀光 削除

    [ 秀光 ]

    2011/4/25(月) 午後 9:42

  • 顔アイコン

    秀光さん、有難うございます。
    早速、貴ブログを拝見させていただきました。
    震災を境に、生きる上でいろんな事が様々に変化/変容を来たしました。
    信心というものが、大きな問いの前に起たされているようにも思えます。
    親鸞を真宗の位相へと押し出したのも天変地異の現実の悲惨でした。

    お山で心を無にしてもらえる幸い、その愉快を大事にしたいですね。

    [ koizumi ]

    2011/4/26(火) 午後 6:00

  • 顔アイコン

    >登る、登れる環境が
    ほんの僅かでも備えられているのなら、
    登らなきゃ、そんそん、・・・・・。

    正しくその通りですよね!
    登れば何か得られるものがありますよね!
    私もGW前半は何とか休めそうです。
    思いっきりMしようと思っています!

    [ hutatuyanosiki ]

    2011/4/26(火) 午後 10:07

  • 顔アイコン

    おはようございますkoizumi さん、そうですよね♪この難局だからこそ福島組がパワー出して盛り上げて行きましょう!つまらない世を面白く、オレも安達太良山に登りに行きます、鉄山避難小屋に数日滞在し存分に楽しんで来ます、いつか山でお会いしましょう!楽しみです。 削除

    [ 鷲尾修介 ]

    2011/4/27(水) 午前 5:53

  • 顔アイコン

    asano さん、有難うございます。
    元気ハツラツ〜、良いですね!

    はぁ〜、GWですかぁ・・・(水をさすようで、ゴメンナサイ/笑)
    泊まりの決心がねぇ、つかないんですよねぇ。
    留守してる時に、大きな余震がきたら、原発が容易ならぬ事態になったら、・・・。
    タラレバに、慄いているこの頃、
    でも何とか一泊ででも行ければなぁと思っています。(笑
    二ツ箭山の入山禁止、asano さんのホ〜ムなのに、・・・ツラいですね。
    どうぞ、めげずに!

    [ koizumi ]

    2011/4/27(水) 午前 7:07

  • 顔アイコン

    鷲尾さん、お早うございます。
    そうですね、お山からパワ〜をど〜んともらいましょう。
    鉄山の小屋ですか、いいですね。
    朝、昼、晩、・・・周りをぼ〜っと眺めていれば、たくさんのお山から、いっぱい響(こえ)が聞こえてきそうですね!

    どうぞ、お気をつけて!

    [ koizumi ]

    2011/4/27(水) 午前 7:13

  • 顔アイコン

    こんばんは。
    1人でもガンガン雪山登られているのを、いつも羨ましくブログ拝見してます。

    ところでこの日はつぼ足で登られたのですか?
    自分アイゼンは4つ爪の軽アイゼンしか持ってないので躊躇してるのですが、
    この日くらいの感じなら行けそうかな?と思いました。

    地元の二ツ箭山が入山禁止になったそうなので、、、
    来月くらいに安達太良山・磐梯山へ行って見ようかと考えてます!

    [ igaguriatama ]

    2011/4/27(水) 午後 8:53

  • 顔アイコン

    igaguriatama さん、お早うございます。
    ガンガンというわけでもないのですが、・・・恐縮です。

    はい、ツボ足です。雪山装備としては、ピッケルだけ携行しました。
    多少?な斜面もこれで足場をカット出来ますので、安心です。
    この時季、安達太良や磐梯山でしたら、アイゼンはそれほど考えなくてもよいと思いますが、ただ4本爪当たりは軽いしザックに邪魔にならないですから、保険のつもりでどうぞ携行なさって下さい。
    結局は歩き方の問題になります。
    ぬかるみも結構出て来ますので、何でしたら、長靴の方がベタ〜チョイスかなとも思います。それに残雪の腐りは度を越すと結構足を疲弊させます。歩行の安定のためにはむしろワカンでしょうか。
    要はお山の胸を借りるつもりで?思う存分、ジタバタでしょうか。(笑
    経験を通して夫々の装備のベストチョイスは定まりますね。

    二ツ箭山、これからヤシオの季節なのに、残念ですね。
    ガソリン代を考えるとあんまりの遠出もため息ですが、登らないのはもっとツラいし〜、でも倹約の精神があれば、乗り切れますね!

    [ koizumi ]

    2011/4/28(木) 午前 6:35

  • 顔アイコン

    koizumiさん
    ありがとうございます。とても参考になります。
    来月軽アイゼンもって安達太良でジタバタしてこようと思います!

    ちなみに二ツ箭山。
    鎖場以外は安全。各自の判断でアカヤシオを楽しみましょう!
    という意見もあるようです。ちょっと迷いますね。

    [ igaguriatama ]

    2011/4/28(木) 午後 9:35

  • 顔アイコン

    igaguriatama さん
    どうぞ、お気をつけて。

    天気に恵まれますように。

    [ koizumi ]

    2011/4/29(金) 午前 6:28

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事