ここから本文です

スウィートbonbon(壽光寺の内緒話)

書庫今月のお寺

すべて表示

イメージ 1
(8月は逝った人をどうしても想ってしまうのです。そしてその言ノ葉を引き受けたいと…)


 河野裕子・短歌集 (住職選)

 

死ぬこと思わざる日は無くなりぬ 

死ぬ日のために体力温存


これからの日々をなつかしく生きゆかむ
去年せしやうにコスモスを蒔く


生きてゆく とことんまでを生き抜いて

それから先は君に任せる


一日に何度も笑ふ笑ひ声と

笑ひ顔を君に残すため


みほとけよ祈らせたまえあまりにも 

短きこの世をすぎゆくわれに


 八月十二日は、河野裕子さんの七度目の命日。一九六九年、京都女子大三回生(二十三歳)のとき、『夕闇の桜花の記憶と ( かさ )なりて はじ(初)めて聴(聞)きし君が(の)胸の音』-( )内が初期発表形、で角川短歌賞を受賞。以後、その身体性を通した短歌で大注目の歌人となった。生物学者で歌人の永田和宏さんと大恋愛の末、ご結婚。お二人とも宮中歌会の選者となるなど、日本を代表する歌人であられたが、二〇〇〇年九月、乳がんが見つかり手術。二〇〇八年に転移再発。以後、抗がん剤治療に苦しみながら、歌を作り続ける。


「手をのべしあなたとあなたに触れたきに 息が足りないこの世の息が」の絶唱が名高いが御子息の永田淳さんは、

「さみしくてあたたかかりきこの世にて 会い得しことを幸せと思ふ」

がいいとおっしゃる。

 私もまた同感である。めぐりめぐりめぐりあうを、如来さまは「宿縁」とお聞かせになるゆえに。

 旧暦の七月、八月は「おぼん」である。もともと仏教の行事ではなく、死者の記憶をリライトし礼を表す日本の「精霊会」がその起源。家筋を尊び儒教の「孝行」という考えがまざった、中国文化の仏教を輸入したためこれが先祖祭になってしまった。

 お念佛の教えは、これらの狭雑物を排して、仏法にたちかえりまっすぐに「いのち」を問われる。死に迫られ死に追い詰められてのジダバタを、率直に歌う河野さんのコトバの中に、「あなただの命をいっしょに生きてはたらいているよ」という阿弥陀さまのみ声が聞こえるのです。これらの歌に南無阿弥陀仏がいらっしゃる、真実の「私」に導かれて「今を生かされる生命の讃歌」がいま ( むね )にあふれ ( くち )におでましになられます。


書庫その他の最新記事

すべて表示

  • (著書から多くを学んだ前門様のお師匠、 中村元先生) さて、「北伝仏教」から、仏像と荘厳を伴って「経典」を受け入れた倭国・大和朝廷である。 従って、天竺・震旦間での文化と言語体系の差異には、当然ながら鈍感であった。 さらには、仏教の発祥地である北部インドや、仏教教団がどういう歴史を辿ったかについても、遅れて知ること ...すべて表示すべて表示

  • (玄奘三蔵→道昭→行基という師弟関係) では古代の日本ではどうだろう。 北伝仏教は朝鮮半島の高句麗・新羅・百済と伝播して、6世紀に日本へ伝来する。 既におわかりのように、これは仏像を礼拝する仏教である。大蔵経が一時に輸入されたわけではない。以前指摘したように、古神道は「崇める」行為そのものが帰依の実態であるから、トツクニの異形の神 ...すべて表示すべて表示

  • ( 北魏・386‐534 は、中国仏教のエポックであった。日本の仏像に北魏形式が多いことは知られる) 大乗仏教は、戒律を形成して小集団を維持し、そこで独自の仏教解釈を主張し合って大衆への教化をおきざりにしいている仏教教団への批判として形成された。 釈尊の入滅から500年たった頃のことであった。実在の釈迦を帰依の対象とする有 ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事