ここから本文です

スウィートbonbon(壽光寺の内緒話)

書庫今月のお寺

すべて表示

イメージ 1


次に観戦したのが、CSで「春の一大事2012 〜横浜アリーナまさかの2DAYS」であった。

これで完全に心を鷲掴みにされた。

1日目の舞台から2日目は中央円形舞台へ。かつて体育館を劇場にという斬新さでコロッセウムの歴史を継承して、「観るもの」と「観られるもの」がすり替わっていく構造をとりこんだのが、テント芝居であり、児童演劇では劇団「風の子」が体育館演劇を確立した。

それをプロが1万人の観衆の元で実現し、5人は見事なパフォーマンスを展開。しかしこれ採算とれてるのか?こんな面白いことやりたかったなあ、が率直な感想。

紫のダンスパフォーマンス! 明らかに過剰である。 緑の歌唱力。
ニュアンスあるピンク。 そして、明らかに人目を引くリーダーの赤。
一人、スマートではかなげである意味存在感は薄いが、一番モデルっぽい黄。

で、歌もプロンプついてないし、この振付、2日分全部覚えて踊れるって!!!
ソロ曲もあるし、やっぱり演劇要素(といってもコント系でお笑いとも親和性が高い)を個々がもっているし。やっぱり女優のプロダクションだからか?

なにより、連続してガチでヤル体力と迫力。この懸命さにうたれないものがあるだろうか?

10代の、音楽的パフォーマンスとしては未熟である、しかも小娘たち。
でも、なぜか泣ける。
「あんたたちスゲぇなあ」とテレビに向かってつぶやいていた。

冷静に分析すれば、衣装も演出もどこかフェイク。「アイドルですよ〜」が、ギミックとなっている。

ライブの展開は明らかにプロレス仕様。ライブを試合と呼び、メンバーを選手と呼ぶ。「pride」の「overture」のもじりがオープニングミュージック。5人にキャラ付があり、明らかにアイドル業自体を「演劇空間」化している。

演出家・佐々木敦規はプロレスフリークらしかった。マネージャーの川上あきらもオマージュがあるとか。

舞台裏を隠さず、芸能活動そのものをスタッフを含めて曝していくという手法で、アングルをつける。1970〜2000のプロレス文化をいい意味で継承している。10代の女子だから、それが隠し味であってセメントにならない。

なのにライブパフォーマンスはシュートなのである。

「ももいろクローバーZ」という芸能ドキュメントへの参加。ファンや支持者がその舞台で役割を果たす。姫を支える武士。「モノノフ」という統一されたロールプレイングをするドキュメンタリーを生きることで、リア充とオタクの境界線を生きる。こういうエンターテインメントは、歴史上なかった。

「ももクロ」は新しい。これ確信犯だ。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 私が取り組んでいる「説教」は、いわゆる法話と違って元々、「随行修行」といって師匠のかばん持ちをしながら師匠の説教を学ぶというスタイルで伝承されてきた。 15 , 6 歳ぐらいの小僧が 30 〜 60 代の師匠につく。 「無理偏にげんこつ」というよう、自分が納得することより師匠の言うことを実践していく。そういう体験を重ねて、師匠の語 ...すべて表示すべて表示

  • そこで、過去を追いかけて、2010年12月の『ももいろクリスマス日本青年館「DAPPI」DVDを購入。改めて、青・早見あかりに魅せられる。このライブ(まだ音源はカラオケでかぶせもある)での、存在感と統率力は圧巻であると同時に、既に身体性がアイドルの枠からはみ出していることも確認できた。  (これが、年明け2011年の、あかりん脱退に ...すべて表示すべて表示

  • アイドルというか芸能人をスキ!という感情でいたのは、16〜18歳で。どちらかというと洋楽のコピーバンドをしていた時期だから、女性性ではなく歌手(作詞作曲編曲プロデュースをふくんで)としてだった気がする。 昨年の還暦同窓会で話題になったが、大阪・近鉄デパートの屋上で、同級生と「南沙織」を追っかけていったのが唯一。ファンレターを書くこと ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事