ここから本文です

スウィートbonbon(壽光寺の内緒話)

書庫今月のお寺

すべて表示

イメージ 1

絶望  谷川俊太郎

 絶望していると君は言う

 だが君は生きている
 絶望が終点ではないと
 君のいのちは知っているから

 絶望とは
 裸の生の現実に傷つくこと
 世界が錯綜する欲望の縄の目に
 囚われていると納得すること

 絶望からしか
 本当の現実は見えない
 本当の希望は生まれない
 君はいま出発点に立っている

 思いではどうにもならない現実。十一月十三日、十月報恩講のご講師であった兵庫県たつの市のGuitar法話の小泉信了師が、急逝されました。布教先のことでした。
 節談説教研究会で、最初に住職の説教を誉めてくださった方でした。巻き戻せるならと願っても、戻らない時の矢が恨めしい。善導大師は「自身は現にこれ罪悪生死の凡夫、曠劫よりこのかたつねに没しつねに流転して、出離の縁あることなしと信ず」と、自身を通して私たちを御戒めになります。
 生老病死の前で無力な自己を知らされることは、あまりにも苦しく、詩人はこれを「絶望」と呼びます。しかし、それを知るものこそを、正客とされるのが大悲の親さま、阿弥陀如来です。
 小泉師と私との共通の法話、因縁話に、野口雨情の「七つの子」製作秘話があります。詩人になりたいとニート暮らしをする雨情を、資産家の親が心配して娶せ子どもが生まれる。それでも雨情は詩作を諦めきれず実家を離れとある温泉で暮らしつつ文学にふけり、結局そこの女性といい仲になってしまいます。
 子を残して妻は去る。自身の業に苦悶する雨情が、七歳の子に当てて書いたのがこの歌だと言われます。烏は7匹分の卵は産まない。また、7年も巣に子どもがいるわけがない。
 「可愛可愛と 烏は啼くの」とは、子を想う心と自己の欲望に引き裂かれる雨情の絶唱でありましょう。そのように「絶望」する私であるからこそ、南無阿弥陀仏、「だからあなたが大事でならん。離さない」と、常にこの胸に歌われる如来さまの声であります。

12月の行事
☆お朝事 3日 10日 17日 24日
 (31日は除夜でおやすみ)
☆常例 12日(月)午後2時〜門信徒総追悼法要  観経六首引き 花岡静人師(奈良・勝光寺)
☆除夜会 31日(土)午後11時半〜 壽光寺鐘楼
☆元旦会 1月1日 除夜会終了後すぐ 
 正信偈行譜 干支説教(住職)

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 世相をとらえたり、遊びの世界を描いたりするのも、J-popの歴史に底流としてある、エンターテインメント性の発露。 戦後でいえば、「買物ブギ」「ズンドコ節」等。小林旭御大には、すごい冗談ミュージックがいっぱいある。私的には「自動車ショー歌」絶賛ですが。 それを受け継いだのがかの大滝詠一師匠。まあ、「ナイアガラ」シリーズには ...すべて表示すべて表示

  • 巡査部長は「(抗議する人が)体に泥をつけているのを見たことがあり、とっさに口をついて出た」と証言したと、大阪府警監察室。                朝日新聞デジタル 10月21日(金)17時57分配信  20代だから、そういうことだろう。そうすると前記事で述べた、下位概念であったという証言であ ...すべて表示すべて表示

  • 1903年 第五回内国勧業博覧会 絵はがきから 沖縄等七「土人」、と展示された「アイヌ」の人々 沖縄での機動隊員発言から  時間的空間的利害的に先鋭化した場面に於いての表現考察 ある若い女は、わたしに言った。 「わたくし、ある毛皮屋にひどい目にあわされましたのよ、預けておいた毛皮に焼きこがしを拵えられて。 ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事