ここから本文です

スウィートbonbon(壽光寺の内緒話)

書庫今月のお寺

すべて表示

イメージ 1

 後鳥羽院


おしなべて 空しき空の うすみどり
迷へばふかき よものむら雲

 

人もをし 人も恨めし あぢきなく 

世を思ふゆゑに もの思ふ身 




 明けまして南無阿弥陀仏。坊守も今年は還暦。お寺をつかって、地域の有志の方々と、「社団法人まーる」を立ち上げ、「子どもの居場所」つくりに、取り組んでおります。年を重ねて世を憂うことが増え、ならばできることを実行しようという思いは、今も昔も変わらない。
 後鳥羽院は「承元の法難」で、親鸞さまや法然さまらを流罪とした上皇。関東に幕府ができそれと対峙することになった時代の巡り合わせに、即位に三種の神器が欠けていた弱みと、政治の実権が関東へ移っていくという辛さの中、自己主張として北条義時を討とうとして失敗(承久の変)。今度は自身が隠岐に流罪となって生涯をそこで終えられた方でした。京を去る時出家され、以後深く仏法に帰依された晩年であられた。サトリのみどりのすきとおった空を妄念の雲が覆う。人を懐かしみ恨みつつ、そういう我が身を「味気なく」思う。
 そういう心から院が書かれた『無常講式』「古よりいまだ萬歳の人身あることいふことを聞かず、一生過ぎやすし。今に在りて誰か百年の形體を保たん」や「實に、我はさき人やさき、今日も知らず明日とも知らず。おくれ先だつ人、本の滴、末の露よりも繁し。」から、蓮如上人の「白骨の御文章」が生まれてくるわけです。怨みを以って怨みを生まない仏法不思議のおはたらきと、ご縁を想うことです。本年もお聴聞を!



○一月の法座 一日()  零時〜 元旦会  
 七日(土) 午前十時〜 初朝事 正信偈・新年祝・ご法話一席
 十二日()  午後二時〜 初お座(御正忌報恩講) 小林顕英師
 十五日() 本山団体参拝
 二十九日(日)午後十一時半〜 新年会 門信徒会  有料 
        午後二時〜新年節談説教会 研究会員数名・登壇

○お朝事 毎土曜午前七時半〜 十四日・二十一日・二十八日

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 仏陀は「ブッダ」の音訳。 ブッダは覚者。真実に目覚めた人。真実と自己同一化するから、真実の世界へ向かって死んでいくから、生生滅滅を怖れない。「生死出ずる」とか「死を越えていく」とか「四諦」といわれる認識から、正しい生き方を獲得する。 古来インドの思想からこれを見れば「梵我一致=ブラーフマンとアートマンの一致」となるが、釈尊は「 ...すべて表示すべて表示

  • 世相をとらえたり、遊びの世界を描いたりするのも、J-popの歴史に底流としてある、エンターテインメント性の発露。 戦後でいえば、「買物ブギ」「ズンドコ節」等。小林旭御大には、すごい冗談ミュージックがいっぱいある。私的には「自動車ショー歌」絶賛ですが。 それを受け継いだのがかの大滝詠一師匠。まあ、「ナイアガラ」シリーズには ...すべて表示すべて表示

  • 巡査部長は「(抗議する人が)体に泥をつけているのを見たことがあり、とっさに口をついて出た」と証言したと、大阪府警監察室。                朝日新聞デジタル 10月21日(金)17時57分配信  20代だから、そういうことだろう。そうすると前記事で述べた、下位概念であったという証言であ ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事