ここから本文です

スウィートbonbon(壽光寺の内緒話)

書庫今月のお寺

すべて表示

イメージ 1
「仏と人」同人・無名会 梯和上の後ろが父(17回忌)。直海先生の御姿も。

「レモン哀歌」 高村光太郎

 

そんなにもあなたはレモンを待つてゐた

かなしく白くあかるい死の床で
私の手からとつた一つのレモンを
あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
トパアズいろの香気が立つ
その数滴の天のものなるレモンの ( しる )
ぱつとあなたの意識を正常にした
あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ
わたしの手を握るあなたの力の健康さよ
あなたの咽喉に嵐はあるが
かういふ命の瀬戸ぎはに
智恵子はもとの智恵子となり
生涯の愛を一瞬にかたむけた
それからひと時
昔山巓でしたやうな深呼吸を一つして
あなたの機関ははそれなり止まつた
写真の前に挿した桜の花かげに
すずしく光るレモンを今日も置かう


 五月に懐かしい方々がお浄土へまいられた。年齢的には十分と世間はいうのかもしれない。しかし、命に「十分でした」というのはない、というのが凡夫の心。それぞれにお父さんでありおじいちゃんであったわけで。別れは悲しい。それでいい。かっこよく去ることなど考えなくていい。「きれいな臨終などを計画するな」、ともいいたい。死はいつも唐突であり、無残なことである。サッカーのレッドカードの退場を想う。選手たちの多くは退場を命じられて、或いは審判に或いは相手選手に、悪態をつきながらフィールドを去るのである。当人は不本意で悔しく心残りで行く(逝く)のだ。その姿を通して、残されたものは、「引き継ぐべき何か」に思いをはせるのではなかろうか。

 ご当流ではそれは唯一つ。南無阿弥陀仏のお六字さま。どう生きてどう死のうと、「全部引き受けてあるよ」という如来の願いに遇い、御恩を思う人生です。


書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 寺内町散策

    2015/11/11(水) 午後 1:45

     真宗史を地域史としてきちんととらえること。神田千里さんや蒲池勢至さんらの仕事などを学びながら、寺内町研究第一人者の、仁木宏先生から毎年、新年会で講義を受けてきた。今年から、実際に行ってみよう!ということでフィールドワーク。お近くで参加したいなあという方は、ご一報ください。

  • 先日、大学院生さんが当寺に来られて、「節談説教」をお聴聞してくだされた。 何度もお断りしておくが「節談説教」は関山和夫師が人口に膾炙させた用語で、真宗や説教者自身がそう認識していたり、そう命名したものではない。 伝道のスタイルとして一旦見捨てられた「説教」を、小沢昭一師が「大道芸」として収集され、また話芸の観点から芸能史の観点で ...すべて表示すべて表示

  • 学ぶ会のレジュメ 7月

    2015/7/23(木) 午後 8:35

    「節談説教』の勉強会をしています。どんなんかなあとお思いの人のために、ときどきレジメをアップしたいと思います。 ちなみに、「僧侶の勉強会とは一見思えない」ものだそうです。 二枚目は口になじませて、節掛けのおけいこをするための、改作フレーズ集です。昔の説教本にはこういうステキなフレーズの原型が沢山、眠っています。

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事