ここから本文です

スウィートbonbon(壽光寺の内緒話)

書庫今月のお寺

すべて表示


記憶と記録  谷川俊太郎


イメージ 1
空襲後の北御堂

水に流してしまった過去を

あっちでは

ごつい石に刻んでいる

記憶は浮気者

記録は律義者

 

だがいずれ過去は負ける

現在に負ける

未来に負ける

忘れまいとしても

身内から遠ざかり

他人行儀に

後ろ姿しか見せてくれない


 二月は寒い。一年で日照時間が一番短いのは冬至で、そのあたりが一番寒くなるはずだがそうではない。実は夏に大地や海水に、貯えられていた熱が放熱されていくには、時間がかかる。現在の日照量だけでなく、過去に蓄積されたものが現在に影響するのである。

 私たちもまた、過去に囚われる。隣国から何回も恨み言を言われると、「大概にしてくれよ」と愚痴がこぼれ、「いい加減、過去は水に流せ」と文句を言いたくなる。

 それでもなお、過去に重ねられた歴史(共業)からは、逃れられないと仏教は教える。むしろそれを引き受けて生きろという。南無阿弥陀仏を「利剣の名号」と仰った先師がある。忘れたり無視するのでなく、宿業を認めた上でそれを断ち切るおはたらきの如来に帰依するとき、罪業深重であるが故に、開かれていくご本願の世界、共同して作られていく平等の世界があたたかく嬉しいのである。


○涅槃会 お釈迦様の御命日 十二日(日)午後二時〜 

       特別講演 楠淳證 龍谷大学教授

○聞法の会 二十五日(土)午後二時〜 

       節談説教「新説親鸞聖人伝⑯・三部経読誦」 住職 

〇お朝事 土曜日午前七時半〜 四日・十一日・十八日・二十五日


書庫その他の最新記事

すべて表示

  • さて 、2017年。 この20年の予想は正しく、「お寺がつぶれる」時代となった。 御弔いと追善追悼をいう、「死者をどう扱うかという文化」において、戦争による歴史上未曾有の大量死という事態は、実は裏面の戦後史であり、裏面の政治史であった。 新憲法下の「宗教的中立」という金科玉条は、「国家神道」を解体す ...すべて表示すべて表示

  • 「救済」への不審感

    2017/2/19(日) 午後 10:51

    「竹取物語絵本」から「火鼠の皮衣」 若い頃から、先輩諸氏の真宗解説を読ませていただく度に、ノドに小骨が刺さるような感をもったのが、「弥陀の救済(きゅうさい)」という表現である。 直観的に「キリスト教っぽい」ということと、語感自体に明治維新以降の「文明開化」の風潮の中で、漢語や漢語からの造語で使われるようになった、翻訳語の匂いがし ...すべて表示すべて表示

  • 組織モデル 参加レベ ルによるドーナツ型組織を目指す。出入りが緩やかであるほうがいい。 続いて2008年の通信から 5.宗教心を取り戻す。念佛の相続を!    もともと真宗のお寺は「念佛の道場」です。住職一家の自庵(家)であるという面よりも、同じ信心を喜ぶ同行の「集会所=道場」でありました。  ですから、メン ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事