ここから本文です
弁護士自治を考える会
共に考えましょう弁護士自治・法曹倫理

書庫全体表示

NPO代表、無資格で債務整理=14億円脱税容疑で告発―東京国税局
時事通信 214()1231分配信
 弁護士資格がないのに過払い金返還請求手続きなど多重債務者の債務整理をし、得た利益を申告せず所得税約14000万円を脱税したとして、NPO法人の小林哲也・元代表(48=東京都港区=が、所得税法違反容疑で東京国税局から東京地検に告発されていたことが14日、分かった。既に修正申告を済ませたとみられる。
 関係者によると、国税局は小林元代表が少なくとも弁護士7人に報酬を支払って名義を借り、債務整理をしていたと判断。東京地検特捜部は、無資格者の弁護士業務を禁じた弁護士法違反(非弁提携など)の疑いでも元代表や弁護士らを調べる。
 7人のうち、取材に応じた弁護士4は「自分で債務整理を行っていた」などと話し、いずれも名義貸しを否定した。小林元代表も取材に「債務整理はしていない。弁護士事務所の広告に関するコンサルタント料について、申告していなかった」と主張した。 
弁護士と闘う!です。
やっと。NPOの代表が国税に告発されました。この人物が弁護士に仕事を 出したり、弁護士から名義を借りてNPOが債務整理や過払いをやってた人物です。弁護士業界では有名な人物です。
これから報道全社一斉に出してくるでしょう TVは関東方面だけかも)
このNPOは全国から債務整理や過払いの客を集めます。行政書士が集めることもあります。地方でまとめて集め東京の法律事務所に送ります。ほんとうに送る場合と自分たちが事務をやってしまう場合もあります。
弁護士はバブル期の借金や見栄っ張りの生活、仕事が減ったなどの理由からNPOの配下になります。NPOとなっていますが実態はかなり怪しい団体です。チラシで債務整理や過払いの客を集めたり金融会社を辞めた人間が持ち出した顧客の名簿などから債務整理の客を集め弁護士のところに渡すのですが、依頼者のところには過払いでも金は戻らず、弁護士のところにもまともな報酬を払わずに暴利をむさぼっていたということです。
このNPOはなかなか尻尾を出しませんでした。千葉でやんちゃしてたという噂もあります。2年半くらい前からマスコミ各社は追っていました。極秘にNPOと弁護士のほうを探っていたようです。弁護士の方も事務所の名前を変えたり住所を変えたりしていました。2年ほど前にもある事務所に国税の査察が入りました。そこから今日まで国税とマスコミがNPOとの関係を密かに追っていたのです。私も2年くらい前からじっとこの日を待っていました。しかし弁護士業界というのは情けない業界になってしまったわ。
取材に応じた4人の弁護士。誰でしょうか
各社の報道ではたぶん実名は出ません。
サンケイもずっと追っていましたので詳細な記事になっています
東京新聞
東京新聞
十年近くかかって司法試験に合格。弁護士七年目で独立し、六本木に事務所を構えたが、遊興費につぎ込んで「左前になっちゃった」(母親)。カードの返済が滞り、税金も滞納。体調を崩して入院費もかさみ、母親の年金をつぎ込んだが首が回らなくなっていた
オイオイ!東京新聞 そんなこと書いたらすぐ分かるでしょ!!
もうこれはあの先生しかおりません。
>弁護士と一緒に小林元代表と会った母親は「NPOなので信頼した。当初、小林さんから百五十万円ほど借金もした」と振り返る。「再び立ち上がる」の意味を込め、新たに立ち上げた事務所で小林元代表を事務員として受け入れ、報酬から借金分を返済していたという。
お母さん!アカンアカン!!
『再び立ち上がる』という名前にしたってもうバレバレですってよ
リ・ライズですかな〜〜(現在は別の名前)
今日は心から笑わしていただいております
ちなみにテレビ朝日の取材を振り切って鉄道の駅に逃げ込んだのも
この先生。鉄ちゃんでおなじみです。逃げるときも鉄道です。
だんだんと弁護士が特定されてきました。
弁護士業界はみんな知ってます
あの先生とあの先生です。ええっまさか。またですか〜
>弁護士法違反(非弁提携など)の疑いでも元代表や弁護士らを調べる。
 そんなことになれば○回目の懲戒処分になるのでは!!!
 本日、大雪で雪かきしないといけませんので詳細は後日 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事